スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

iPad一週間

発売日の翌日に手に入れてから一週間が経ちました。
この間、随分寝不足になりました。それぐらい面白くて仕方がなかった、というのが率直な感想です。
この2年間、iPhoneを使ってきて、きっとその延長線上だろうと思っていた私は間違っていました。似て非なるもの、それがiPadです。

ではiPhoneとの違いを挙げてみましょう。

まず画面の大きさの違い。

これが実は一番大きな違いと感じます。
特に音楽系のアプリケーション、例えばピアノ系や楽譜表示系のものは、画面が大きければ当然タッチするキーボードの大きさや表示できる五線譜の量が変わります。圧倒的に使い勝手が向上します。
その他、Webを見ていても、当然画面が広いので見易いことこのうえなしです。
将棋アプリをしていても、盤面が現実よりは小さいですが、それでもリアル感はかなり増しています。

次に入力インターフェイス。

今もiPadに向かってワイヤレス・キーボードで打ち込んでいますが、パソコンをなんら遜色はありません。とても洗練されたデザインのAppleのキーボードでPagesに向かって打ち込む...かつてMacユーザーからスタートした私としては、感慨深いものがあります。
そして、ソフト・キーボードも、エア・キーボード風に使って結構ブラインドタッチいけます。これを極めれば極めたで、おぉぉぉ、と周りをあっといわせることだってできそうです。
ということで、iPhoneと比べると、入力できる量とスピードにおいて圧倒的にiPadはiPhoneを凌駕しています。

そして付け加えるるなら写真の魅力でしょう。大画面なので当然写真も見栄えがいいです。最近はやりのフォト・フレームとしても使えますし、壁紙も変えられます。今の私の壁紙はMike OldfieldのTubular Bellsをアレンジしたもの。こういった機器に愛着を覚える一番のポイントはカスタマイズできることですよね。その思いを満たしてくれる要素がiPadでより増えました。

難点は持ち運び。さすがに700gとはいえ重いです。電子書籍が騒がれていますが、この重さでは立った通勤電車でつり革片手に読むというわけにはいきません。どうしても座ることが必要です。この点ではKindleの方がいいのでしょうね。でも、一旦座ってしまったら、もう読書だけでなく、Twitterをしたり仕事の資料を作ったり、便利このうえありません。

そうそう、iPadもインターネットに繋がっていてこそだと思います。ですので3GモデルかPocket WiFiは必需品ですね。あるのとないのとでは大違いです。特に私の場合、職場に無線LAN環境がないので、Pocket WiFiがものをいいます。仕事の資料を作るときには、どうしてもネットに接続しないと、というニーズがありますので。

パソコンは立ち上げまでに時間がどうしてもかかりますが、iPadは一瞬です。実際、パソコンでないとできないことはありますし、パソコンとiPadのどちらかひとつを選べ、と言われればパソコンを選ばざるを得ないのですが、それでも家でデスクトップぷが
あるのであれば、持ち運びのできるパソコンとして十分機能してくれると思います。

さぁ、みなさん、いかがでしょうか?iPad、そろそろ予約なしでも購入できるお店もあるそうですから、百聞は一見にしかず。ぜひ体験してみてください。
2010年06月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。