スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

iPad、すごく楽しい!

ついにiPad到着です。発売日宅配で配達されていたものの、夜遅くまで帰ることができず、土曜日の朝手にしました。

iPad、すごく楽しいです。でも自分的には本体の楽しさ以上に、Apple Wirelessキーボードに感激。思った以上の反応と、本体の変換効率で、普通にPCのエディタ並みに使えます。

もちろん長い文節やちょっとした連結した熟語は変換不可ですが、もともとワープロ検定を受けていたぐらいなので、あまり長い文節を変換することなく、こまめに変換する癖がついているので、まったく苦になりません。おしゃれな外見、キーピッチはちょうどよく、打鍵感も心地よい、かなりすぐれもののキーボードです。残念なのは専用のカバーがないこと。絶対これは持ち歩いて昼休みとか使いそうです。

で、本体に話を戻しましょう。

当初からApple純正カバーも注文していたので、開封したと同時に液晶保護シートを貼り、純正カバーへ装着。このカバー、なかなか良く出来てます。もちろん高級感が期待できるほどの値段ではないのですが、必要十分な機能を備えています。

その機能とは、iPadの姿勢を見やすく保つ、ということ。PCのモニタのように立てて使うことも、ソフトキーボードが使いやすいように寝かして使うことも、どちらも想定して作られていて、非常に便利に思いました。

って、また本体の話ではないですね。

ま、本体はやはりアプリによって生きるもの。iWorksのシリーズ3ソフトはマストとして入手しました。確かに簡易版的ですが、Keynoteはちゃんと使えます。その他Pages、Numbers共これからいろいろ使い倒してみたいです。

良いのは、壁紙が変えられること。アイコンの後ろに何を見せるか、すごく考えてしまいます。

そういうことひとつとっても楽しみに変えてくれる、さすがApple、発売日一カ月で100万台売れたのもうなずけます。

話題の電子書籍は、まだまだ品薄、というより品がない、という状況なので、これからですね。見守っていきたいと思います。もちろんPDFファイルならそこそこ見栄え良く読めるので、すでにそこでは大きな進歩があるのですが。

持ち歩くには大きい、という面もありながら、画面が大きいからこそ、という利点を上手く使ったいい仕上がりです。ほんとに一日中やっていたいと思わせる製品です。このままではほかのことができなくなって困ります・・・

取り急ぎ第一報ということで。
2010年05月31日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
No title
>ciapoohさん

まだまだ日本の電子書籍化は進んでいません。せいぜい青空文庫の著作権が消滅したものぐらいです。でも、これからきっと雑誌も書籍も次々に電子化されるのでしょうね。そのためには、通勤電車の中で片手で持って読める端末が必要です。
Worzel URL 2010年06月05日 21:51:18 編集
電子書籍のお話、今後の発展が気になります
印刷物は趣が有りますが、やはり本は場所を取りますかし
コンパクトになってくれると助かります。

優れものが多く一般に出回る日も、そう遠くなさそうですね。
ciapooh URL 2010年06月01日 08:50:48 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。