スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

夢はMartinのギター

私が一生のうちで何より欲しい、憧れのC.F.Martinのギター。
ここまでで勉強したり試奏したりした結果を、私自身も忘れないようまとめてみておきます。
これからMartinギターを選ぼう、という方の参考になればと思います。

なお、取り上げるのは、私が興味を持っているドレッド・ノートタイプ。

その中の現在のレギュラーモデルで、Martinを手にしたいと夢に見る人が一般に思うのは、D-45を筆頭にD-42D-41D-35D-28、D-18ではないでしょうか。
そして、レギュラーの中でも、戦前あたりのMartinを再現したと言われる、いわゆるヴィンテージタイプとして、HD-28VやD-28
Marquisというモデルもあります。
あとは、これらのバリエーションとして、Martin社にトップ板やピックガード等のスペックを指定してオーダーするカスタム・メイドが存在します。
だいたいこのあたりで選択することが多そうですね。ネットで検索してみても、大概この範囲が当たります。

はじめに申しあげますと、私の興味は基本的にD-28にあり、D-45は高嶺の花、D-18ならD-28という感じであったため、D-45とD-18は手に取ったことがありません。

さて、お店の人の説明を総合すると、まず近年のギターと近年作成のものも含め、サウンドの響きを決めている要素の一番手は、ブレイシングと呼ばれるものです。
表側の板、つまりトップ板の裏側に張られている力木のことで、トップ材(バック材にも貼られてます)の補強と音色のコントロールの両面を担っている大切なもの。それらが、Martinの場合、単にStandard ''X''なのか、 Standard ''X'' Scallopedなのか、Standard ''X'' Scallopedの位置を少し前にずらしたStandard ''X'' Scalloped, Forward Shiftedなのかに分かれています。古のモデルではStandard ''X''型に組んだ力木の上の部分をえぐるように削っていた(つまりScallopeしていた)わけですが、響きは美しかったものの、強度にやや難があり張力の強い太い弦が流行りだした頃から削るのをやめ、単にStandard ''X'と呼ばれる組み方に変わっていったそうです。

ですが、時代は変わり、改めてかつての響きを求める声により、Standard ''X'' Scallopedが復活。D-41D-45はこれにあたります。

さらに、当時を忠実に再現すると位置がちょっと違う、ということですこし前にずらしたのがStandard ''X'' Scalloped, Forward Shifted。D-42HD-28VとD-28 Marquisがこれにあたります。

これらを単純に響きの順で並べると、太くて力強いStandard ''X'' →Standard ''X'' Scalloped→Standard ''X'' Scalloped, Forward Shiftedきらびやかで明るいという印象になります。

もちろんサウンドはこれだけで決まるわけではありません。
トップやバック&サイドの材質によっても異なります。

現在のレギュラーモデルのトップ材のほとんどは、シトカ・スプルースという材質です。これらにはスタンダードからプレミアムまで、実際にカスタムオーダーしようとすると8段階もグレードがあるそうです。他にはより明るい響きを感じさせるイタリアン・アルパインや、シトカ・スプルースよりも良質で豊かな音をもたらすものとして、D-28 Marquisに使われるアディロンダック・スプルースなどなど。

またバック&サイド材はインディアン・ローズウッドが一般的で、先に挙げたレギュラーモデルはすべてこれです。かつてはブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)が使われていたところ、乱伐のせいで輸出禁止となり、それに代わる材料としてマダガスカル・ローズウッド等が使われていますが、なかなかそれを使ったモデルすら見つかりにくいです。今現在レギュラーモデルで作られているものも(少なくともDタイプでは)ありません。ですが、実際にマダガスカル・ローズウッド・ボディのギターを弾いてみると、クリアながらぐんと迫る低音など、鳴りの違いを感じました。

あとはネックの太さによっても音の感じは変わるようで、特にD-28 Marquisは一回り太いネックです。こちらは普通の感覚で弾くと、初めて弾いた時6弦を押さえたつもりが5弦を押さえていた、なんていうことも・・・これは私の技術の問題ですけどね。材質はマホガニーが多かったのですが、最近のレギュラー品はSelectedHardwoodに代わっているようです。

結局、世界中でアコースティック・ギター用の良質の木材がとれなくなってきている、ということなのだそうです。だから、トップ材にしても、きれいな木目の個体ですら少なくなってきている、とか、希少材を使っているギターはどんどん値段が上がっていく等、これから購入することを考えている人にとっては、早ければ早いほど良いものを安く手に入れられる環境にあるということがいえるのだそうです。ギターも地球環境とは無縁ではないですね。

さて、材質の次は装飾です。

ヘッドのロゴ、指板のポジションマーク、ブリッジの装飾、ボディのバインディング(縁取り)が選ぶときのメインでしょう。豪華なアヴァロン・パールがお好きならD-45、指板の大きなマークが特徴です。この指板に憧れるならD-41、そしてD-42の順に派手さが変化していきます。D-42はブリッジにも装飾を持つ唯一の機種です。このスノーフレークが実はたまらなく美しいです。個人的にはD-42が最も好きです。かつてDan
Fogelbergも愛用したという情報もあります(ただ、Martin社からでた彼のシグニチュア・モデルはD-41DFでしたけど)。

もともとD-41は、D-28にD-45の装飾を実現したものと言われており、逆にD-42はD-45の質で作られている、ということだそうで、音も確実にそれぞれのルーツを背負っているようです。D-28の音とD-42の音は大分違いますね。これは先ほどのブレイシングの差と、恐らく材質のグレードの差だと思いますが、D-28が地味ながら力強いとすれば、D-42は華やかで、キーンという感じの高音が特徴。鈴が鳴るようだと表現している方も多いです。これはお店で弾くとすぐわかりますので、実際にどちらが好みかを確かめてみることは大事ですね。Youtube等にも機種名を挙げて動画を載せている人がいますので、それらでさえわかる感じです。(なお、ギターは時間をかけて大事に弾きこんで熟成させていけば成長していく楽器なので、いわゆる本当のヴィンテージものは、D-28でもとても素晴らしい「鳴り」を聴かせてくれるものがたくさんあります。)

さて、ちょっと話がそれましたが、装飾に戻ると、D-35やD-28のフレット・ポジション・マークは懐かしい普通のドット、HD-28VやD-28
Marquisはダイヤモンズ・アンド・スクウェアーズ・インレイと呼ばれるマーク。こうなるとやはりドットがいいのが私です。

このほか、バインディングは、有名なヘリンボーンという魚の骨を図案化した模様が縁取るのがHD-28VやD-28 Marquis、アヴァロン・パールがD-45、D-42、D-41です。その他は普通の白い縁取りです。

そうそう、ヘッドのロゴを忘れてはいけませんね。夢は縦Martin。D-45、D-42、D-41の他、カスタムで頼めばD-28だって縦Martinになります。それと通常のロゴもオールド・デカール・ロゴという古いタイプと、現在のゴールドのもの等があります。これも拘りか好みでしょう。

まだまだ細かいスペックの違いはあるようですが、概ねこのような違いがそれぞれの機種にあって、あとはとにかく弾いてみるしかありません。
できれば同じお店でたくさん置いてあるところがいいですね。その点、Martin Guitarの日本総代理店であるクロサワ楽器の新大久保店1Fなどは駅からも近く品ぞろえ豊富でお勧めです。

ではでは。すごく長くなりましたが、今日のところはこの辺で。記述に間違いなどありましたらどうぞコメントにてご指摘ください。修正してまいります。

しかし欲しい~。今分割金利0%とかやってるんですよね~。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。