スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Alan Parsonsのライブ「EYE2EYE LIVE IN MADRID」

Eye to Eye-Live in MadridEye to Eye-Live in Madrid
Alan Parsons

アート・ユニオン 2010-03-19
売り上げランキング : 26062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Alan Parsonsの新作といえば新作、実際には2004年のスペイン、マドリッドでのライブを収録したアルバムが登場しました。この時期発売した目的は、やはり以下の一文によるものでしょうか。

IN MEMORIAM : ERIC WOOLFSON (1945-2009)

そしてこの一言が示すとおり、代表曲目白押しのところ、やはりEricの存在がいかに大きかったかを感じさせます。

それにしても、選曲を見たとき、1stの「怪奇と幻想の物語」からThe Raven、(The System of) Dr. Tarr and Professor Fetherと2曲、2nd「I Robot」からI Robot、Breakdown、I Wouldn't Want To Be Like You、Don't Let It ShowとA面のSome Other Timeを除く全曲が収録されるという初期大盤振る舞いには予兆を感じましたが、どれもすばらしい演奏で楽しめます。基本的には当時のオリジナルの再現に徹していて、I RobotなんてまるでCDをかけているかのよう(あのイントロの女性ヴォーカルもあのままです。これはきっとサンプリングでしょうけど)。

とはいえライブならではのグルーブ感もあり、Don't Answer Meなどは、エンディングが1聴するとわかるカブトムシたちの後期超有名曲のそれになっていたり、十分に楽しめます。

ちなみに今回もジャケット・デザインはかのStorm Thorgerson氏。そうです、Hipgnosisの一員だった人。もう一見して空気感があって、こういう個性というのもほんとうにすごいなぁ、と驚くばかりです。

ちなみに今日の夕方には昨晩amazonに注文したCDが2枚到着予定。またそちらも追々ご紹介していきますね。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。