スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

フィギュアスケートから学ぶ

もちろん平日なので私は仕事してました。でもお昼休み前後はやっぱりフィギュアに気持ちが引き寄せられましたね。男子のときはメダル獲得がちょうど昼休み中に観られてグッドタイミングだったのですが、今日は残念ながら安藤美姫選手以降、みんな13時より後...残念ながらLiveで観ることはできませんでした。

でも結果はいろいろニュースが飛び交うのでわかるものです。キム・ヨナさんが完璧な演技だったこと、真央ちゃんはトリプル・アクセルを2回跳んだのに後半小さなミスがあったことなどなど...

そして家に帰ってから録画した演技を改めて観て、やっぱり感動しました。

自分の感動の一番のポイントは、素晴らしい演技の数々にではなく、彼女たちの精神力になんです。国を背負っているかのような重圧の中で普段練習してきたもの、ときにはそれ以上のものを出す力。これは仕事をする上でもすごく大事なことだと思っていて、その力をオリンピックという本番で出し切れる彼女らに学ばなければ、と思うことしきりです。

私自身も仕事の上ではプロでなくてはならないと思っていますし、プロである以上、常にここぞというときに求められる最高のパフォーマンスを発揮することができなければならない、という気持ちもあります。そういう自分のイメージ作りのためにも、こういったときに揺るがない彼女らの力を目の当たりにするだけでも、自分が力をもらえるような気がします。

今日は本当によいお手本を見せてもらえました。まだ20歳に達しない彼女らに私も負けてはいられません。いざというとき、キム・ヨナさんや真央ちゃんに負けられないぞ、という気持ちで臨もう、と気持ちを新たにすることができました。
2010年02月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。