スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

向谷実さん、初リーダーライヴ!

昨日は目黒のBlues Alley Japanであった向谷実さんの初リーダーライブ「鉄道と音楽がいっぱい~出発進行」に行ってきました。
このお店は佐々木史郎くんのライブ以来2回目、先日はちょっとステージ脇っていう感じの席でしたが、今日は正面真ん中。まっすぐゆったり向谷さんや他のバンドメンバーのみなさんの演奏する姿を見ることができました。

演奏は一言で言って熱かったです!カシオペア時代の曲にソロの曲を織り交ぜながら、キーボードが勢いで動いてしまうくらいのノリノリ度。各人がソロを含め、とてもテクニシャンで聞かせ所、決め所を心得ておられるなぁ、とひたすら感嘆の2ステージでした。

バンド名はメロディーズ。向谷実さん(Key)、矢堀孝一さん(G)、鹿島“カッシー”達彦さん(B)、平川象士さん(Ds)、そして宮崎隆睦さん(Sax)の5人に加え、ゲストミュージシャンとして壷井彰久さん(e-Vl)。そうです、壷井さんといえば、わが藤野由佳さんのユニットオオフジツボのツボです。その壷井さんが向谷さんと同じステージに!

向谷さんとはかれこれ10年以上にわたりお付き合いをさせていただいているのですが、私の音楽歴に途中から加わった藤野由佳さんを通じて登場された壷井さんがこうしてつながってきていることに、何か運命的なものを感じます。

そしてこの日、中心である向谷さんはもちろんのことですが、カラーを前面に出して活躍されていたのが壷井さんだったという印象です。素晴らしい演奏でした。見た目はとてもクールですらっとして格好いい!全体は見えませんでしたが、ヴァイオリンを弾く壷井さんの足下には相当数のエフェクターが並んでいたのだそうです。特にワウワウペダルのようなものを踏みながら演奏される姿は印象的でした。

ライブのMCはさすが司会谷実の異名をとる向谷さん、会場は爆笑の渦、そして今はまっているTwitterに関する話題を織り交ぜ、時折PCの画面に表示されたTLを見ながら広瀬香美さんとはひと味違うTwitter Liveを展開されたのでした。

そして矢堀さんの超絶早弾き、カッシーさんの自在な6弦ベース、平川さんのタイトなドラム、宮崎さんのほとばしるサックス、見所満載でこの日のライブは終了。私はサイン色紙を持って歩いて1枚に全員のサインをいただき、この日の特別な思い出を閉じ込めて帰途に着いたのでした。

向谷さん、バンドのみなさん、本当にお疲れ様でした。素晴らしい演奏をありがとうございました。

また4月2日(金)にもゲストを壷井さんから鈴木睦美さんというヴァイオリニストにバトンタッチしてライブあります。要チェックです!私もまた行っているかも。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。