スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

kindle for iPhone

とうとう日本でも出ましたね。kindle for iPhone。これ、アプリの名前です。

kindleというのはamazonが社運をかけて?投入した電子ブックリーダの愛称ですが、この機能をソフト化してiPhone向けに配信をはじめたのがこのkindle for iPhone。バージョン1.3で世界配信が始まったようです。

この電子ブックリーダ、ソフトの機能としては必要最低限しか備えていません。私にとって一番欲しい、単語から辞書へのジャンプ機能もありません(kindle本体は内蔵辞書やダウンロードした辞書へのジャンプが可能なようです)。この機能はeReaderとうフリーソフトでは実現されているので、ぜひとも実装をお願いしたいところです。実装してくれたら辞書も買います。

しかし、何よりこのkindle for iPhoneがすごいのは、読める本の量と新しさでしょう。eReaderには新しい本やいわゆるベストセラーの品揃えが少なく、せいぜい著作権の消滅した本を無料またはわずかな金額でダウンロードするぐらいだったのですが、こちらはばりばりの新刊本でもあります。私の好きなマイケル・クライトン氏だってありますし、慶応大学の金先生が薦められているGoogledという本もあります。12月発売のものすら品揃えされています。これには感動しました。私は散々迷った挙句、第1号には以下の本を選びました。本人に興味があり、且つ仕事にも役立ちそう、ということで。日本からでもいつものログインIDとPasswordですんなり1クリック購入できてしまいました。

The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any AudienceThe Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience

McGraw-Hill 2009-09-11
売り上げランキング : 177
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このほかにも、著作権が消滅した本の品揃えも半端ではありません。いや、本の品揃えというより、作家単位にまとめ売りみたいのがあるのですが、これがだいたい7ドルぐらいで、その作家の代表作がみなついてくる、みたいな・・・

例えばJules Verneでいえば、海底二万リーグ、80日間世界一周、地底探検など有名作を含む36作品、とかConan Doyleならすべてのシャーロック・ホームズの他の作品も含めて、とか、最近日本でよく本が出ているP.G.Wodehouseとかもあります。James Joyceなんてユリシーズや若き芸術家の肖像他ダブリン市民(短編集)、劇作なども含め、まとめて4ドルですよ。

あ~~~~、英語がもっと読めたらなぁ。便利な世界になったものです。
コメント

管理者だけに表示する
-
管理人の承認後に表示されます
2009年12月16日 19:03:09
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。