スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ちょっとハードなProcol Harum 「Broken Barricades」

Broken BarricadesBroken Barricades
Procol Harum

Victor 2009-08-11
売り上げランキング : 179139
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次々にProcol Harumのご紹介です。

今回は「Broken Barricades」。Robin Trower在籍最後のアルバムとして、彼のペンになる曲が3曲(ボーナス・トラックを含めると5曲)収録されているのが特徴でしょうか。
メンバーもベーシストのChris Coppingが一部オルガンを手がけてはいますが、ピアノ、ギター、ベース、ドラムスのシンプルな構成で、サウンド的にも彼らの作品の中で一番シンプルで地味なのではないでしょうか。

私自身、それほど熱心にこのアルバムを聴いたことはなかったのですが、今回の40周年記念盤では、音もクリアになり、また、改めてGaryやRobinの男臭いロック魂に魅せられ、よく聴いています。

今回はブックレットが充実していることを以前も書きました。まだそれぞれのアルバムのブックレットを読むまでには至っていないのですが、最初にご紹介した4枚組BOX、「All This and More...」のブックレットは、読めば読むほど、そうだったのか・・・という情報で溢れていて楽しいです。

例えば永遠の大ヒット「青い影」は、もう一曲の「Salada Days」という曲(アルバム「Procol Harum」に収録)とどちらをシングルにするか迷っていた、とか、Procol Harumというバンド名は、猫の名前からとった、ということは知っていたのですが、その猫は、Procol Harumの前身であるThe Paramountsが演奏していたお店のDJをやっていたGuy Stevensという人の奥さんが飼っていたバーミーズという種類(シャム猫とペルシャ猫の雑種という説があるそうです)で、しかもその名前も、ラテン語の「Procul Harun」のミススペルだったとか・・・

こうして認識を新たにしつつ、これまで聴き親しんできた音を聴くとまたそれはそれで新鮮であったりします。

1 Simple Sister (05:52)
2 Broken Barricades (03:13)
3 Memorial Drive (03:47)
4 Luskus Delph (03:47)
5 Power Failure (04:33)
6 Song for a Dreamer (05:39)
7 Playmate of the Mouth (05:06)
8 Poor Mohammed (03:07)
9 Broken Barricades (long fade/raw track/bonus track)
10 Simple Sister (raw track/bonus track)
11 Poor Mohammed (backing track/bonus track)
12 Song For A Dreamer (King Jimi) (backing track/bonus track)
2009年10月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。