スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

もうこんな季節ですね

If on a Winter's NightIf on a Winter's Night
Sting

Decca/Deutsche Grammophon 2009-10-27
売り上げランキング : 580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Stingの新譜はクリスマス・ソングです。もうこんな季節になってきました。1曲目に収録されている「ガブリエルのメッセージ」は随分前のコンピレーション盤に収録されていて、素晴らしく静謐なStingの歌声が印象的だったと記憶しています。同じバージョンかどうかは情報がありません。

なお、国内盤は限定版DVD付で輸入盤より一足早く明日発売です。

1. Gabriel's Message
2. Soul Cake
3. There is No Rose of Such Virtue
4. The Snow it Melts the Soonest
5. Christmas at Sea
6. Lo How a Rose E'er Blooming
7. Cold Song
8. The Burning Babe
9. Now Winter Comes Slowly
10. The Hounds of Winter
11. Balulalow
12. Cherry Tree Carol
13. Lullaby for an Anxious Child
14. Hurdy Gurdy Man
15. You Only Cross My Mind in Winter

バックミュージシャンの顔ぶれ(というより演奏楽器)を見ると、かなりイギリスの伝統臭たっぷりのように感じられます。楽しみです。

Kathryn Tickell (fiddle and Northumbrian pipes)
Julian Sutton (melodian)
Mary MacMaster (metal string Scottish harp)

そして以下がゲストミュージシャンです。
Vincent Sal (cello)
Daniel Hope (violin)
Chris Botti (trumpet)
Ibrahim Maalouf (trumpet)
Stile Antico (vocal ensemble)
Cyro Baptista (percussion)
Bijan Chemirani (percussion)
the Webb Sisters (vocals)

実は最近話題の件が身近に発生、明日まで自宅待機を余儀なくされております。私は今のところ元気です。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。