スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ノーベル文学賞

ノーベル文学賞を受賞したのは、ドイツの女性作家ヘルタ・ミュラーさんでしたね。村上春樹氏は残念。

ヘルタ・ミュラーという名前は全くこれまで聞いたことがなく、amazonで見てもどうも絶版になっているようで入手できる本はありませんでした。

そこで戸田市立図書館のWEB SITEへ。蔵書検索、取り置き依頼ができるので、もしやと見てみると、ありましたありました。一冊、「狙われたキツネ」。最初の長編で代表作の一つです。

ノーベル文学賞受賞のニュースをベッドでiPhoneで読んだらすぐiPhoneのSafariで予約したので、無事今日ゲット。きっと今頃私の後には列が並んでいることでしょう。むふふふ。

アディーナとクララという二人の女性が冒頭登場します。二人が置かれている状況は2~3ページ読んだだけでは到底想像もできません。建物の屋上にほぼ全裸の状態で日光浴をしているようです。アディーナは学校の先生なのかもしれません。

2週間したら返さないと督促されてしまうので、今日から読みます。
2009年10月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。