スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

喜多方、裏磐梯へ行ってきました(写真は近日中)

こんばんは。土日なかなかハードな行程で喜多方、裏磐梯を回って来ました。土曜日は雨を覚悟していましたが、なんとか喜多方到着後お昼を食べる頃から雨も止み、市内を撮影して歩いた時分には傘なしでOK。

因みにお昼は喜多方ラーメン発祥の店と称する「源来軒」でネギラーメンを。太め縮れ麺に醤油味のあっさりした外見ですが、出汁具合がほどよく、やはりひと味違ううま味を出しており大いに満足しました。

さて、喜多方の町は高いビルがなく、基本2階建てのため空の広さが印象的です。あちこちに点在する蔵は、さすがに蔵の町。ひとつひとつが趣があって良い感じなのですが、被写体としては難しく、多少なりとも見られる写真はごくわずか・・・これも技術とセンスのなさでしょう・・・

三津谷の煉瓦蔵まで見学して、その後は一路ホテルへ。裏磐梯猫魔ホテルというホテルに宿泊したのですが、こちらは温泉がいいですね。露天風呂から眺める檜原湖とその向こうの山々、夕陽に染まる秋の雲、一服の絵のような景色の中にしばし至福を見いだすひとときでした。

その後は写真部その他の面々で夕食、二次会でカラオケ、部屋会と流れ、「猫魔の雫」なるなかなか美味しいお酒と共に翌朝の撮影も考えずひたすら酔いしれた夜でした。

そして翌朝はご想像にお任せしますが、遅い朝食をとって10:30にはチェックアウト。ホテルから徒歩で行ける五色沼自然探勝路へ。五色沼の自然のなす不思議を眺めながらの撮影行はほぼ3時間にわたりました。この間に大分回復し、お昼は再びラーメン。

14:10には再び来るまで出発し、磐梯山ゴールドラインを通り、途中紅葉まっただ中の磐梯山山頂を何度か止めては眺めした後、帰途に着いたのでした。最後に磐梯山を眺めるために止めたのが14:50。帰りの新幹線の時間も決まっていたので、この後は目標であった16:00郡山着を目指してひたすら車を走らせたのですが、なんと途中給油もしてレンタカー屋の前に車を止めたのが、電波時計の16:00:45!すごい正確さ!まるで電車のようと一人自身の出発の判断に自己感服したのでした。

というわけで、本日は行程のご報告です。写真は現在整理中。今しばらくお待ちを!
2009年10月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | Camera & Photos
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。