スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

川上未映子さん著「ヘヴン」を読んで

ヘヴンヘヴン

講談社 2009-09-02
売り上げランキング : 884
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

う~ん、よい本でした。夜中までかかって一気に読んでしまいました。

何が良かったかというと、ストーリーもさることながら、日本語の使い方が私の好みであったこと。文体は流麗で、ときどきはっとさせられる表現があって、単なる娯楽小説ではない、むしろ中高の試験問題でも取り上げてもいいような言葉と言葉の結びつきがしっかりしている気がしました。最近文体で感動したのは、谷崎潤一郎氏の細雪(旧仮名遣い)でしたが、この作品は、現代における日本語の流れをしっかり記録しているような印象さえ持ちました。

話は中学校のクラス内で起きているいじめ。いじめの対象となっている男女ひとりずつがいて、その二人が主人公です。その二人のいじめを通したふれあい、自分の境遇のとらえ方に対する見方の違いなどを軸に話が展開していきます。少ない登場人物ですが、とてもリアルに描かれていて、イメージが浮かび、その中へ入っていくことができます。そしてラストをあれこれ読み手に想像させておきながら、さらに意外な結末を持ってくるところが小説としても優れていると感じたところです。

作者でCDも出されているアーティストでもある川上未映子さんは「純粋悲性批判」なるブログも書かれていますので、お時間がありましたらご覧になるのも良いかもです。ご本人サイン会ツアー中です。
2009年09月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。