スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

津田られる

生まれてはじめて津田られました。

って、何のことだかわかります?
津田るというのは、Twitterで会議などをその場にいる人がテキスト中継することを言うらしいのですが、それがそうなら今日初めて津田られました。なぜなら私が聴講していた津田大介氏の講演が津田られていて、そこで発言したからです。おぉ、こういうことなのか、とあとでTwitterのハッシュタグで検索して読んで知りました。

しかし、一介の企業の使用人の身としては、津田られているとするとやはり相当発言に気を遣うようになります。オープンなことはいいことだと思いますが、すべてがオープンでなければならないというわけでもないでしょうし、オープンでないところだからこそ言えることもたくさんあるわけで、そう思う自分は古いタイプになりつつあるのかなぁ、などとも感じられます。

ま、それはそれとして今日は津田さんお疲れ様でした。自分も音楽ユーザーとしてもちろん理解できるものもあり、一方で現実をしっかり見ていなければならない部分もありです。またよろしくお願いします。

2009年08月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。