スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ソラニン2

あっという間でした。

ソラニンの1巻、2巻共一気に読み終わってしまいました。

最初の感想は、やっぱり音楽っていいな、ということ。

音楽は人生も変えるし、人を強くもしてくれる。だから自分は今の仕事にやりがいを感じるのだ、と改めて思いました。

少ない登場人物ながら、一人ひとり個性的で、みないい人に思えます。それぞれが持つ「なんとなく」とか「見つからない」感(これまでの私とは無縁な感覚)は、先に読んだ長島有さんの本にも通じるかな、などと考えながら、の一気読みでした。

この作品の主人公芽井子ちゃんを宮崎あおいちゃんが演じるのは楽しみです。ロックバンドでヴォーカル&ギターをやらなくてはならないことは間違いないので、今からサントラにも期待・・・
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。