スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

0.9mmが到達点

長いこと仕事ではボールペンがメインの筆記具でしたが、今の部署に異動してきた2年前からシャープペンがメインとなりました。

以前も今も、わりとできあがった文章を校正することが多く、それまでは赤や青、黒のボールペンで一気に書き直してそれで済んでいたのですが、今の部署ではそれができません。一回書き直しても、それではだめで、自分で書いたものをさらに何度も書き直さなければ、なかなか納得のいく文章にならないのです。文章に書かれている内容が全く違うのが原因です。

そこで(周りの人もそうですが)シャープペンをメインに使うようになりました。

私の場合、シャープペンで書くときでも、ボールペンのような書き味と黒々とした色で書きたいタイプです。ですので、少し前までは0.5mmの4Bの芯を使っていました。それが、書く量が増えると、やはり柔らかい分、やや弱いことが気になり出しました。すぐ折れてしまうのです。ボールペン愛用者は、万年筆愛用者に比べ筆圧が強くなりがちですが、私もその例に漏れず、かなり筆圧が強いらしく、よく折れるのが気になり出しました。

そこで、手持ちの家用0.7mmで2Bの芯、というシャープにしてみたのですが、こちらは思ったほどの濃さが出ずに今の仕事のニーズには合いませんでした。

で、到達したのが0.9mmのシャープペンです。こちらも容易に手に入るのは2Bまでのため、その状態で書いてみたところ、さすがに芯が太いだけあって、黒さははっきり(ボールペンの太字のような感じ)出ますし、やわらかさもほどよく折れない、という求めていた境地が得られたのです。

今は仕事用に2本の0.9mmのシャープペンを持ち歩き、1本は筆箱(STAEDLER製)、1本は胸ポケット(MontblancのLe Grand)に挿しています。いつでもどこでも気に入った筆記具で取り組んでこそ、よい仕事ができるような気分になれる私にとって、今や必需品です。
2009年04月29日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
No title
>ciapoohさん

いつもありがとうございます。
しっかりこだわっております。
このシャープペンを家に忘れようものなら、その日は全く仕事になりません。ですので、いつも無くさないよう大事に取扱っております。
worzel URL 2009年04月29日 22:31:19 編集
こだわりには、お変わりないようですね♪
 文具一つといえども、良い品との出会いは大切ですよね。
 物書き系さんのお仕事もされているとは、なるほど!納得でした。
ciapooh URL 2009年04月29日 22:01:44 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。