スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

素晴らしき山下達郎さんの世界

今週、山下達郎さんのコンサートに参戦することができました。MCで、ネタバレには十分ご配慮を、とおっしゃっていましたが、このことはツアーが始まった12月以来、しっかりファンの間では守られているようです。決して禁止ではない、ということですので、現時点で書いても差し支えないと思われる範囲で感想など・・・

ほんとうにはじけるような元気さと、じっくり聴かせる大人の音楽とをバランス良く伝えてくれる演奏でした。サウンドの充実度は半端ではなく、はじめから終わりまでぐっとくるグルーブ感が持続しているのも達郎さんだからこそ、ですね。

達郎さんのコンサートは生まれて初めての参戦でしたが、そこでとにかくJ-POPの中に燦然と輝くあの12月になると必ず耳にする名曲が(季節ははずれていても)聴けたことが、自分にとっては最大の収穫です。何百回聴いても新鮮な曲というのは、生涯そう数多く巡り会えるわけではありませんが、私にとってこの曲はまさにその一つです。イントロのギターの音が聞こえてきたとたん目頭が熱くなりました。ドラムスの深いバスタムがスネアだったのがライブの証拠、よりタイトで引き締まった姿だったのが印象的でした。

達郎さんを支えるみなさんも、もちろん超のつく素晴らしい演奏でした。特に難波弘之さんはZABADAKのときと違ってGrand PianoとFender Rhodesの二本立て。達郎サウンドをどっしりと支える役で、どの曲も難波さんなしでは成り立たないと思うくらい。なのに、落ち着き払った立ち居振る舞いには余裕すら感じました。ベースの伊藤さんと同様、やはり長年一緒に演奏されてきた空気感がありました。

さらに加えて、今回の演奏では、ドラムスの小笠原拓海さん(若干24歳!)がひときわ輝いていた気がします。引き締まったリズム感、ソロで披露される激しさやテクニックは並はずれていて、あっという間にファンになりました。伺うとドラムを始めたのは中学2,3年の頃だそうですから、まだたたき初めて10年経つかどうかというところなのに、スゴい・・・

3時間を超える間、休憩無しにたっ~~~ぷり音楽をくれた達郎さんに、そしてメンバーのみなさん、とりわけお世話になりっぱなしの難波さん、サインをくださった小笠原さんに大感謝です。ありがとうございました。

コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。