スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ZABADAK 平行世界 LIVE 2009

素晴らしいライブでした~。さすがZABADAK。今回は、これまで私が聴いたライブの中で最もサウンド的に「聞かせる」ライブだったと思いました。その理由は、きっとNEW ALBUM「平行世界」の充実ぶりにあるのだと思います。各方面で好評とのことですから、やはりCDから伝わるパワーが、今回は一段と強いのかもしれません。

渋谷 duo Exchangeは私も初めての「はこ」でしたが、後に小峰さんが「ステージが低くてやり易かった」とおっしゃっていたように、聞く側も(2本の円柱が玉に瑕ながら)、ステージも間近に、ギターを弾きまくる吉良さんの汗が当たるぐらいの感覚でした。どんなに遠い席でも、きっと東京ドームの最前列より近いでしょうし。恐らく最初に吉良知彦さんが飛ばした白いピックは、正面(私たちの背後)の壁まで飛んでいったのではないか、というくらいです。(もう一度アンコールの終わりに、ちょっと手加減してもう一枚を投げられましたが、残念ながら私の方向へは飛んできませんでした。ZABADAKピックは販売していても、吉良さんの白いのは入っていないんですよね。)

セットリストはご覧のとおりです(自分がわからなかった曲名はブログ「川瀬のみやこ物語」の記事のお陰で補完できました。ありがとうございます。こちらのレポートではMCも含め、詳細にライブの様子がわかります。)

クロアゲハ(イントロダクション)*
樹海-umi-*
Freedom*
一番好きな時間*
はじめてうたったうた*
旅の途中*
平行世界*
夕焼け*
Pulse*
Wonderful Life
生まれては別れにむかうわたしたちのために
(吉良さん、小峰さん、楠さんコーナー)
星の約束
光の庭で
遠い音楽
(そして再びフルバンドで)
Poland
僕のビー玉
ラジオ・ステーション*
永遠の森

アンコール
駆け抜ける風のように
わにのゆめ
Easy Going

なんと、「平行世界」から全10曲(*つき)!演奏されなかったのは「雨の痕」だけです(クロアゲハは多分CDかMIDI音源を鳴らすプレイがそのまま流れていたのだと思いますが)。そして、バンドメンバーが登場してはじまった怒涛の「樹海-umi-」は、変拍子大好きな自分的にとっては既にハイライト。吉良さんの一本とは思えない分厚いギター、7/8拍子の曲でさらに輝きを増すキーボード、難波弘之さんのminiKORG(minimoogではなく)から流麗に繰り出される懐かしいシンセサウンドソロ、うねる吉田誠さんのエレキ・フレットレス・ベース、あくまでサウンド全体を支えて、変拍子でも一糸乱れぬ楠木均さんのドラム、ヨロジスト小峰公子さんの外見からは想像できない(失礼!)パワフルなヴォーカル、すべてがすさまじい音圧(この曲はこの音圧がとても心地いいです)で私たちに迫ってきました。

もう後は野となれ山となれ、次々と奏でられるZABADAKサウンドに身を任せ、私はアンコールの最後を締めくくる「Easy Going」まで、平行世界を漂っていたようです。

みなさん本当に素晴らしい且つ格好いい演奏を繰り広げられた中で、私は今回、特に吉田さんのベースの存在感が以前川崎のクラブチッタでお目にかかった際とは全然違うことに驚きました。相変わらずステージ上では静かな立ち居振る舞いなのですが、表情や指の動きがダイナミックで、ときには曲の前面にベースが出てきて自己主張されたり、まるで見違えるような演奏に思えたのです。「wonderful life」でさびの間中ベースがコードが変わっても同じ音をトレモロ風に弾き続けていたとき、カッコ良かったです(実はこれは吉良さんの指示だとか)!後ほどお話を伺って納得。もちろん長く一緒に演奏していることによってZABADAKのサウンドがわかったという部分もあるものの、それ以外にも、もともとZABADAKの音楽がどう弾いても壊れない力強いものであることが要因となっていることを教えていただきました。

なお、「Poland」では、今回もリコーダー持参の人は客席からステージ上でリコーダーを吹く小峰さんと共に演奏に加わる(ちゃんと来場者には譜面も手渡されます。もちろんJASRAC許諾済)、という趣向でしたが、残念ながら私は家でちょっと練習しただけでは吹けるようになれず、リコーダー持参を断念しました。次こそは、と思っていたところ、吉良さんが曲後のMCで、新しいリコーダーの曲を書こうか、とおっしゃっていましたので、次かまたその次のライブの際には、新たな合奏曲が出来上がって、また客席と一体となった演奏が繰り広げられるかもしれません。

会場も暑かったのですが、それよりもっと熱くなったメンバーの皆様ほかスタッフの方々みな、ライブ終了後、会場近くのお店でクールダウン。その際はじめてお目にかかったのが、小峰さんにご紹介いただいた、なんと初代ZABADAKメンバーでドラマー、現在岩手県の遠野にお住まいの松田克志さん!この日2階席で聴いていらっしゃったのだそうです(ライブ中から気付いていて、いつステージへ上がるのか、と期待されていた方もいらっしゃったようですが)。もちろん、ライブで演奏された「樹海-umi-」と「わにのゆめ」の作詞をされている方です。最近の東北ツアーでZABADAKの皆様と合流されたことはネットで読んで知っていましたが、まさかご本人にお目にかかれるとは・・・。とても物静かで素敵な方でした。というわけで、この日購入した楽譜集「ZABADAK21」には、松田さんのサインもいただくことができました。

終電は意識していたのですが、やはりなかなか立ち去り難く、しかも渋谷であることへの油断もあってか、結局タッチの差で終電を逃し、日曜日の夜だというのにちょっと離れた京浜東北線の駅からタクシーで帰宅した私でした。

メンバーのみなさま、本当にお疲れさまでした!素晴らしいライブをありがとうございました。

こちらは掲載のお許しをいただいた写真です!(自分もまた出てしまってます)。

吉良さんと松田さん
松田さんと吉良さん!

難波さんと私
難波さんとわたし!(あらあら)

山下達郎さんのツアーの合間を縫って、このZABADAKライブだけでなく、様々なライブをこなされている難波弘之さん。この日も4連チャンだそうで、本当にお疲れ様です。一時期体を壊されたときは心配しましたが、今日は(も)全くそんなことを感じさせないお元気さで、安心しました。
そんな難波さんが出された新譜は、上野洋子さんを3曲リードヴォーカルに迎えて、ご自身初とおっしゃる打ち込み中心のアルバムです。上野さんリードヴォーカルの曲は、ご自身で歌謡曲です、とおっしゃっておられましたが、私も聴いてみようと思います。

edeneden
eden

Sony Music Direct 2008-10-15
売り上げランキング : 11448
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。