スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

NanotronとDream Sequencer 2

nanotron

無料のVSTプラグインのご紹介。どちらもSonar 8で無事機能しました。
やはりビンテージなキーボードであれば、オーバーハイムの次は何と言ってもメロトロンでしょう。
で、メロトロンをシミュレートしたVSTはないものかと検索してみると、あるものですね~。

Dream Voltex Studio

こちらで見つけたその名もNanotron。見かけは上記のようにシンプルな構えで、オーバーハイムのわけのわからない(自分が不勉強なだけ)ボタンとつまみの嵐に比べれば、非常に分かり易いインターフェイスです。音色は3色。Aはコーラス、Bがストリングス、Cがフルート。早速試してみると、まずフルートは、あのThe Beatles、"Strawberry Fields Forever"のイントロの音です。そして、Bのストリングスでは、もちろんGenesisの"Watcher Of The Skies"のイントロを模してみたくなります。どちらもなかなかのものです。
Attackは、音の立ち上がり、Releaseは音の余韻、そしてTONEでウォームからトレブルを強調した音へ。非常にシンプルで、すぐ理解できました。大変使えそうなVSTプラグインです。

そして、こちら、Dream Sequencer 2も同じサイトで発見。70年代のTangerine Dreamに代表されるベース・シークエンスを生み出すプラグインということで、その名だけで早速導入。
これがまた格好いい!MIDIキーボードの鍵盤を押すとベース音のシークエンスが始まり、それが左から右へと走るのですが、途中画面でいうとつまみの下で光っている上段の方が音の変化、下段はスキップで、これまたシンプルですが、Stereo感いっぱいに広がる音が、すっかり気分をTangerine Dreamにさせてくれます。
Dreamsequencer2

DAWやDTMの全くの素人でも、これだけ手軽に様々な音が手に入る世界に発展していたなんて、知るのがちょっと遅すぎた感もありますが、これからどんどんご紹介していきますね。ご覧のように、こんなマニアックな画像がパソコンの画面に立ち現れて、様々な音を奏でるわけですから、これはこういうのが好きな人にはたまらないですよ。どれもデザインがいかしていて夢があります。夢があれば、素敵な音楽も生まれるというものではないでしょうか(そんな簡単なわけはないです・・・)。
2009年03月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | DAW/SONAR 8
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。