スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

初雪の恋”ヴァージン・スノー”

初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~  [DVD]初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~ [DVD]
宮崎あおい, イ・ジュンギ, 塩谷瞬, 森田彩華, ハン・サンヒ

角川エンタテインメント 2007-11-22
売り上げランキング : 5112
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日放送され録画していた、宮崎あおいちゃん主演で昨年公開されたばかりの「初雪の恋」を見ました。

なんと言いましょうか、ほんとあおいちゃんは可愛いなぁと思いながら見るには最高の映画です。出番も多く、見方によっては長大なプロモーション・ビデオであるかのように思えます。
しかも台詞が、方や日本人がしゃべる片言の韓国語と、方や韓国人がしゃべる片言の日本語中心で、あまり重きがおかれている感じがしません。その分出演者の表情や風景描写で登場人物の心情を補完しようとしているからか、むしろサイレント映画風な趣すら感じます。それゆえ、あおいちゃんの露出度も高まっているともいえます。

ストーリーの流れは、韓国的な(?)必然的偶然(例えばここで立ち止まるのか!と思うような)の積み重ねで、やや異国的。全てを語らずに場面が次々に移ろっていく手法は、後半部分に進んでいくにしたがって、全体のつじつまがあい、なるほどそういうことだったか、と、決して推理物ではありませんが、そんな頭の使い方を見るものに求めます。

そして、全体としてみればこういう映画は久しぶりに見たなぁ、とちょっと恥ずかしくなってしまうような純愛物で、あおいちゃんの演じる七重のひたむきさが必ず最後印象に残ると思います。

これであおいちゃん主演映画としては「秘密」、「少年メリケンサック」に続き、3本目。どれが好きかと問われたら、私はやはりこの映画を挙げると思います。

序に申し上げるなら、今BS-iで日曜午前10時から、携帯刑事銭形愛の再放送をしておりまして、こちらはさらに若い頃のあおいちゃんですが、「初雪の恋」に負けず劣らず素晴らしいです。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。