スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Graham Nash's Reflections #1 On A Carousel

とうとう発売になったGraham Nash氏の40年の音楽歴を振り返る「Reflections」。もう、これは一曲一曲、自分の復習もかねて書きますよ。

まずはアルバム冒頭を飾る「On A Carousel」。The Hollies時代のシングル曲です。発売日がなんと1967年2月10日。2日は彼の25歳の誕生日で、このアルバムの発売がその42年後。彼の誕生年は1942年。このあたり、いろいろ数字会わせしてそうですね。そして、この曲を含め、冒頭に収められたThe Hollies時代の3曲はすべてmono。音の分離が比較的くっきりしているこの曲のStereoバージョンを用いず、敢えてmonoバージョンを収録しているのは、4曲目のstereo感を強調したいがためではないか、と思いました。

で、以前友人がこの曲のことを「女カルーセル」と書いてよこしたことがあったのを、何故か鮮明に覚えていますが、カルーセルってなんだかご存じでした?麻紀さんのことじゃないですよ(調べたら、なんとカルーセル麻紀さんも1942年生まれでした)。メリー・ゴー・ラウンドのことです。歌詞の内容はそれほど深みのない単純なラブソングですが、ちょっとサイケで元気の良かった頃のGrahamの歌声が、彼の怖いもの知らずのハイトーン・ヴォーカリストとしての勢いを感じさせて嬉しくなります。

コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。