スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

宮崎あおいちゃんを生で初目撃!

たいへん輝いておりました~。初めて生で見るあおいちゃんは。

昨日2日、新宿厚生年金会館で「少年メリケンサック」の試写会があり、その舞台挨拶にクドカン他出演者の方と共にあおいちゃん登場。すらりとした端整な容姿に来場者の目は釘付けになっていました(少なくとも私は)。この日は東京メトロの主催で750組の一般応募者が招待されたわけですが、会場で紹介された応募総数はなんと25,000通。倍率33倍であったということです。我ながら運が良い!

一応映画好きを自認してきた私ですが、舞台挨拶なるものにお目にかかるのは、これまた生まれて初めてでした。それにしても舞台挨拶って結構長いんですね。ほぼ30分、挨拶に立たれたあおいちゃん他の皆さん立ちっぱなしで、こちらが座ったままなのが申し訳ないような気がしました。
登場の際は、通常はここがライブ会場としても使われているからか、幕が上がると照明とスモークが華やかな雰囲気を演出して、みんなは床から迫り出してくるという趣向。それから司会者の質問に一人ひとり答えていく形式でした。あおいちゃんは一貫してファンや映画を観に来てくださる方への感謝の気持ちの伝わる発言で、周りの共演者の方々への思いやりも忘れず、しっかりした態度で話されていました。印象的だったのは、どなたも口をそろえておっしゃっていた、撮影現場がとても楽しかった、ということ。映画はその雰囲気をきっとそのまま写し取っているのだろうな、ということが容易に想像されました。最後にカメラマンに向かっての写真タイムがあって舞台挨拶は幕となりました。

私は15列目ステージ向かってやや左手で双眼鏡片手に見ていましたが、きっと今一番輝いている女優の一人であるあおいちゃんの「今」を生で見られたことが、とてもいい思い出になりました。

クドカンさんも司会者の女性も、盛んにブログで書いてください(クドカンさんは新しく作ってでも書いて)、と言っておられたので、私も協力させていただきます。映画「少年メリケンサック」の感想は後日また。
コメント
No title
>ciapoohさん

そうですね。情報もたくさんですし、雑誌などにも相当登場している風。同世代だったら追っかけるのが大変だったかも。
幸い、今は大人の視線で声援を送れます。それにしても今月は2度も「会え」てしまう幸運は嬉しいです。演劇のチケットも結構入手は難しかったようですので。幸運を思い出として大事にしたいものです。
ウォーゼル URL 2009年02月04日 23:51:17 編集
ステキに恵まれましたね☆
なんと高倍率をかいくぐっての幸運でしょう ! 
同性から見ても、好感度満点の女性です。 
お話の中からは誠実さもにじみ出ているご様子、今の輝きに納得です。
さらにさらに、注目度・好感度うなぎ登りと言った感ありですね♪
ciapooh URL 2009年02月03日 22:49:12 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。