スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

プレゼントはメロトロン

私の大好きな楽器の一つ、メロトロン。The Beatlesから、The Moody BluesやBarclay James Harvestのアルバムでも大活躍した楽器です。あの音色なくして60年代後半から70年代にかけてのプログレ・ムーブメントは無かったのでは?と思うほどです。

その本がこの7月に発売されていたことは、Barclay James Harvest Home Pageで知っておりましたが、ついに今日は自分的にめでたい日でもありましたので、思い切って注文ボタンを押してしまいました。amazon.co.jpでも取扱いはありますが、9,000円超と超お高いところ、本家本元からだと計算間違いでなければ送料込みで4,500円くらいです。お得です!

以下に販売サイトの説明文を転載しますが、最後にあります、この本に登場するアーティストの豪華なこと。プログレ・ファンにはたまりませんよね!

Mellotron
The Machine and the Musicians that Revolutionised Rock
Nick Awde

Hardback ??19.95

Published by Desert Hearts, July 2008
592pp. with 300 b&w photos
ISBN 9781898948025


The definitive Mellotron book The Mellotron changed music forever when it appeared in the 60s. Long before the advent of synthesizers, this extraordinary keyboard revolutionised rock and pop music. For the first time, it brought a potentially unlimited range of sounds to a musician's fingertips. As the world's first sampler, its pre-recorded tapes included everything from a symphony orchestra and church choir to samba combo and rock'n'roll drum rhythms.

Those sounds created legendary moments such as the dreamy flutes intro to the Beatles' Strawberry Fields Forever and the soaring strings on the Moody Blues' Nights in White Satin. By the 70s the Mellotron had become an icon of progressive rock and its haunting tones found a climax in classics like Genesis's Watcher of the Skies and Led Zeppelin's Kashmir. Today it has experienced a renaissance after being championed by acts like Paul Weller and Radiohead.

Covering subjects as wide as the baby boomer generation, the Swinging 60s, Sgt. Pepper, Hendrix, Holst's The Planets and the advent of punk and disco, top musicians describe how they were inspired by the unpredictable keyboard affectionately dubbed 'The Beast', explaining too why the Mellotron and post-war society in the UK created a unique melting pot that made the world rock to a British beat.

Featured in this volume are musicians (not all of them keyboardists) who unlocked the Mellotron's potential, many confessing to a love-hate relationship with the keyboard due to its eccentric mechanism: Tony Banks (Genesis), Mike Pinder (Moody Blues), Ian McDonald (King Crimson, Foreigner), Woolly Wolstenholme (Barclay James Harvest), Greg Lake (King Crimson, Emerson Lake & Palmer), John Wetton (King Crimson, UK, Asia), Nick Magnus (Autumn, Steve Hackett Band), Martin Orford (IQ, Jadis), Roine Stolt (Flower Kings, Transatlantic, Tangent), Jakko Jakszyk (Level 42, 21st Century Schizoid Band, Tangent), John Hawken (Renaissance, Strawbs), Doug Rayburn (Pavlov's Dog), Tony Clarke (Moody Blues), David Cross (King Crimson), Dave Cousins (Strawbs), Blue Weaver (Strawbs, Bee Gees), Robert Kirby (Strawbs), Robert Webb (England), Dave Gregory (XTC), Andy McCluskey (Orchestral Manoeuvres in the Dark). Bill Bruford (Yes, King Crimson) provides a drummer's view of working with four classic Mellotron bands, and there are perspectives from Geoff Unwin, the first Mellotronics demonstrator, John Bradley & Martin Smith of Streetly Electronics, the original makers of the Mellotron, and Planet Mellotron's Andy Thompson.
コメント
No title
>頑テクノ父さん

さすが、早速目をつけてくださいましたね。592ページのボリュームに300もの白黒写真とありますので、盛りだくさんそうです。かなりの量のインタビューを収録しているようでもあります。楽しみに到着を待ちたいです。
Worzel URL 2008年10月13日 20:47:27 編集
Mellotron
この本はMellotronの歴史と解説本なのですか?
後でHP見てみます。
しかし、当時はクラッシックの団体からこの機器(楽器)使用に対して訴えられたりと色々な事がありましたが、現在もきちんと駆動するものを僕の周りに何人かが保持しています。
独特なワウフラッター(不安定ピッチ)とサウンドはミュージシャンにとって不偏な響きを感じていると思います。
究極のアナログサンプラーといえるでしょう。
頑テクノ父 URL 2008年10月13日 17:40:12 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。