スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

コンテンツ学会シンポジウム

忙しかった一週間がやっと終わり、今日はコンテンツ学会シンポジウムに参加してきました。

会場は秋葉原コンベンションホール。心配された天気も、ヨドバシカメラの上空に青空が少し顔を覗かせ、学会の門出を祝うようでした。

二日ほど前に入場希望受付終了メールが送られてきたとおり、会場は満席の盛況ぶり。事務局長を務める慶應の金先生が参加者を出迎える中会場入り。ライターの津田大介さんや小寺信良さん、椎名和夫さんら日頃お世話になっている方々を速攻で発見し、挨拶の後終了まで、壇上で話される興味深い話を聞きながら、この学会の行く末などに思いを馳せておりました。スピーチが予定されていた麻生太郎総理大臣、民主党の原口一博議員が、政局の関係でいらっしゃれなくなったのにはがっかりでしたが、経産省、総務省、知財事務局、文化庁の冒頭挨拶は、それぞれの省庁の特色が滲み出た興味深いものでした。

著作権法学会は、アカデミックな香り漂う格調高い集まりという印象ですが、こちらは若手も多く、集まっている人も産官学クリエータ色とりどり、という感じで、時宜を得た立ち上げと思う反面、参加者の方向性が恐らく千々に乱れているとも想像され、今後の進む道がどのようになるのか予想ができない、という危険性/面白さを感じました。今日の時点での入会は見合わせましたが、しばらく動向を見守りたいと思います。





2008年10月11日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
No title
>ciapoohさん

先週はすっかりこちらへの投稿すらままならない状態でした。私がこちらで予告なく沈黙するのは=仕事が忙しく首が回らない、というシンプルな構造ですので、何卒見放されませんよう、気長にお付き合いくださいませ。
Worzel URL 2008年10月12日 21:21:32 編集
No title
お見えにならなかったとはいえ、お名前だけでも畏れ多い集まりといった印象です。
お仕事がご多忙の様子、さらに休日もお仕事がらみの感ありですね。
一般人には享受させて頂くばかりの物も、専門分野に携わる方にとっては
様々な問題が山積というところなのでしょうね。 お疲れさまでした。 
ciapooh URL 2008年10月12日 21:09:43 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。