スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Richard Wright氏死去…

Pink Floydのあのキーボーディスト、Richard Wright氏が9月15日、癌で亡くなりました。享年65歳でした。

私自身、一時期はPink Floydにはまりまくった日々があり、「Meddle」から「The Wall」、そして「A Momentary Lapse of Reason」。ちょうど来日した時と重なり、武道館と代々木体育館の2回のライブに行きました。今でもあの壮麗なライブは、自分にとっての5本の指に入る感動だったと思っています。
そのときの、ステージで背中を少し丸めながら多数のキーボードを操り、時にやや自信なさげにリード・ヴォーカルをとる姿が目に焼きついています。

もはやPink Floydも、全盛の4人で再結成することは叶わなくなってしまいました。

ファンはそれぞれ、自分自身の「あの」ときの、「あの」メンバーに夢を抱いているのではないでしょうか。その意味で私にとって彼の死は、二度と再結成できなくなったThe Beatles、Barclay James Harvest、Procol Harum、Styx、Bostonに次ぐ、夢の終わりです。

ご冥福をお祈りいたします。
コメント
No title
>頑テクの父さん

やはりそうでしたか。本当に残念です。今「Meddle」を聞いています。「Echoes」は最高です。
箱根アフロディーテにもいらっしゃっているとはすごいですね。伝説の、霧で幻想的なステージの様子や印象を今度聞かせてください。
Worzel URL 2008年09月16日 23:44:13 編集
哀悼
僕は箱根アフロディーテを含めて3回観に行きました。
何もかも、手本でした。

心より哀悼の意を表します。
頑テクノ父 URL 2008年09月16日 22:57:03 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。