スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

第2回 PocketGuitar

PocketGuitarは今日手に入れたのですが、はまりにはまります!同じような方がいるらしく、PocketGuitarは、今日現在iTunes Storeの有料トップアプリケーションのトップです。

私もちょっとはギターやベースを弾いたりするのですが、そのときの感覚をとっても上手く表現しています。iPhoneとしてはこれ以上上手にギターやベースを表現できるかというと、なかなか難しいのではないでしょうか。わずか115円でギターを手にしたような、それでいて遊び感覚満点で楽しいです。

音色は6色、アコギ、エレキ、ミュート、クラシック、そしてエレキベース、ウクレレ。これらになかなか真に迫ったディストーション、ディレイ、コーラスの三つのエフェクターを二つまで同時にかけられます。画面に表示するフレット数や弦と弦の間の幅も変えられます。タップ奏法にも対応していたり、慣れが必要ですがセーハもできます。これは弾きこなしても味があるでしょうし、飲み会でiPhoneを取り出したときに見せる”技”としても最高レベルのものだと思います。ベースの設定でThe Beatlesの「ALL MY LOVING」やPink Floydの「MONEY」は十分弾けますよ。

なにより良くできているのは音を出してiPhoneを振るとヴィブラートがかかることと、ぐいっと180度くらいiPhoneを傾ければ1音チョーキングになるところ。このあたりのiPhoneの機能を活用してかゆいところへ手が届いているのが極めたくなる所以ですね。

このソフトの作者の方はブログを書いていらして、そこにYouTubeのこのソフトを使っている方の映像があるのですが、これがまたうますぎです。iPhoneだけであれだけの演奏ができるのだとすれば、もっとiPhoneを長細くすれば、シンセギターのできあがりですね。

珍しくトラックバックを送ってしまいます。楽しいソフトをありがとうございます!

2008年09月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。