スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

演奏者名のクレジット

先日、ある作曲家の方と話をしていて、言われてなるほどと思ったこと。

音楽配信が徐々に脚光を浴びてきて、着うたフルやiTunesで音楽を購入して聴く人が増えてきてますよね。私もときどき買うことがあります。

そこで、指摘されたのが、演奏者名のクレジットがないよねってことです。

例えば大瀧詠一さんの名盤「EACH TIME」。曲毎ではありませんが、以下のような詳細な(一部省略)クレジットが(しかもユーモアたっぷりに)付されています(中にはこの「遠い音楽」でもお馴染みの方が!)

Musicians:
Drums:上原”EXOTICS”裕、林”DRAGON”立夫、青山”WEDDING MARCH”純
E.Bass:長岡 ”AKAGAI” 道夫
Guitars:鈴木”微熱少年” 茂、村松”GREEN WATER”邦男、徳武”NASHVILLE”弘文、吉川”長老”忠英、安田”ヤッさん”裕美、石川”元老”鷹彦、笛吹利明、三畑卓次、鳴海寛、加藤達雄
Keyboards:国吉”外泊禁止”良一、難波”エマーソン”弘之井上”SAAB”鑑、中西”拳症炎”康晴
Synth.Prog:松武”第3京浜”秀樹
L.Perc 鳴島”ナルちゃん”英治、浜口”エガワ”茂外也、斉藤”月見うどん”ノブ、川瀬”デモテープ”正人。阿達彰義、菅原由紀
Wood Bass:小泉信美雄
Harp:山川恵子、入江愛子、野畑潤子、張谷恭子
Accordion:岡田徹
Clarinet::Mr.北村英治
Oboe:大野守
Vibraphone:金山功
Sax:Jake H.Concepsion
Chorus:伊集加代子、和田夏代子、鈴木宏子
Cheer Boys:Percussion Group 72
Strings:加藤ジョー・グループ
Strings Arrange:井上鑑

駅売り愛読者一覧
佐藤”No.1バンド”輝雄、”課長職”竹内、”梅木マリ”光原、桜井”サクラ”聖子、五月”辰徳”夢子、土門”ミレーヌ”壌、小田”パソコン”創 (Radio Staff)、伊藤アキラ大森昭男、関口直人 (Cider Trio)、杉山”ゴルフ”垣太郎、Sun山田、本部長西村 (Video Staff)、アキレスケン中川、ギックリゴシ立原。Gals田中 (Book Staff)
etc.etc...

そうです、言われてみれば、このアルバム、誰が演奏してるんだろう、この曲のギター、格好いいけど誰が弾いているのかな、って思ってCDはこういうところを見ればわかったわけです。洋楽なら今度のRingoのアルバムではBeatlesの他の3人がそれぞれ曲を提供して演奏も参加してるとか、RenaissanceのAshes Are Burning、エンディングのギターはWishbone AshのAndy Powellだよとか…

音楽配信って、こういうことを知るための情報がほとんどありませんよね。中にはあるものもあるのかもしれませんが、少なくともこれまで私が購入したものにはありませんでした。これっていかがなものでしょう。音楽の未来を思ったとき、直感的に危機感を抱きました。最近は”機械”に演奏させることが多くて、名前をクレジットしなくていいものが増えているのかもしれませんが…やっぱり音楽、人が弾いてこそ、個性や味があっていいものなのではないかと思います。

これからも音楽を、作詞・作曲家や演奏する人が(レコード会社や放送の力を借りて)生み出した貴重な文化的財産として、ひとりひとりが大切にしていこうという認識をより強めていくためには、こうした情報も大事に扱って、若い人にしっかり伝えていく必要があるのではないでしょうか。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。