スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

週刊東洋経済の特集「鉄道革命」は面白かったです!

少し前の号ですが、4月19日号の週刊東洋経済で取り上げられた、「6カ国16都市徹底調査鉄道革命」の記事は面白かったです。

実は私、鉄道も大好き。国内でも国外でも、普段見たことがない車両を見るとo(^-^)oワクワクしてしまうタイプなんです。

子供の頃、母が栃木市出身で、小学生の頃から夏休みや冬休みとなれば一人で母の実家へ入り浸っていたのですが、その道中、池袋から黄色い赤羽線(当時はまだ埼京線がなかったですから)に乗って赤羽駅に行くと、もう嬉しくて嬉しくてならなかったのを憶えています。乗る電車は決められているので、その電車が車での間なのですが、いろいろな「こだま色」の特急や、時間帯によっては希にブルートレインなどにもお目にかかれて、私にとっては宝の山のような駅だったのです。

そんな私ですから、この特集、とても興味深く読めました。当時の私からは想像もつかないことですが、何回かフランスのTGVやタリスには乗りましたし、スペインでは乗りこそしませんでしたが、AVEという特急の車両は目にしています。いきなり特集の扉を開くと、一番馴染みのあるパリ北駅が出てきたりして、肌身であの実感を思い出しながら、一気に読んでしまいました。

地球温暖化などの影響で、今また鉄道が見直されています。私はあまり車にはなじめず、乗りはしますが興味はありません。旅をするなら鉄路に限る、と思っているタイプです。ですから、この世の中の流れは歓迎です。さらに願わくば、新幹線などの高速鉄道の導入よりも、もっとのんびり車窓の風景を楽しみながら人々がまた鉄道の旅を楽しめるようになったらなおいいです。高速列車の影で次々と姿を消していく特急や急行、先頃も「銀河」や「あかつき」が姿を消しましたが、ふたたび名列車と呼ばれたそういう編成が復活するときが来るといいなと思います。

「やくも」、「かもめ」、「つばめ」、「はと」、「ゆうづる」、「はくつる」、「ひばり」、「白鳥」、「雷鳥」、「はくたか」、「はつかり」、「さくら」、「あさかぜ」…どうです?懐かしくありませんか?
2008年05月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。