スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

何の脈絡もなく松田聖子さんのCDを聴く

Wikipediaを見て一つ発見をしました。彼女は、私が高校を卒業して浪人生活に入ったその日にデビューし、私が彼女の新しい歌を聴かなくなったのは社会人になったときからだったことが判明。

松田聖子さんが話題になっているとかでなく、今日ふと自分のCDライブラリーに目をやったときに飛び込んできたのが「ユートピア」のCDだったのです。このアルバムに収録されていた「天国のキッス」がとびきり好きでした。こうしてずらっとシングルを並べてみても、「青い珊瑚礁」、「紅いスイートピー」と並んでベスト3に入る名曲だと思います。
そして改めてこの「ユートピア」、制作布陣がすごかったのですね。
作詞は松本隆さん、作曲はずらっと並んでいただいても大村雅朗さん、来生たかおさん、財津和夫さん、細野晴臣さん、甲斐祥弘さん、呉田軽穂さん(もちろん松任谷由実さん)、上田知華さんですよ。さらには伊勢正三さんの風で有名な瀬尾一三さん、松任谷正隆さんも編曲されてますし、先日裕木奈江さんの写真でご紹介のあった吉村忠英さんもギターで参加。そしてそして菊姫大好きの松武秀樹さんはComputer Programerです。
今と当時とでは、こういう方々のお名前に接したときの感覚は変わりましたが、さすが力の入ったアルバム、飽きることなく今日まで愛聴してます。

聖子さんも、ジャケット写真に写っているこの頃が一番好きだったかも。

ユートピアユートピア
松田聖子

ソニーレコード 1990-10-15
売り上げランキング : 1318
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて、私が聴いていた間の全シングルです。こんな順番で聴いてたなぁ、などと同じ感慨に浸ってくださる方のために。

裸足の季節(1980年4月1日)
作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:信田かずお
青い珊瑚礁(1980年7月1日)
作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:大村雅朗
風は秋色(1980年10月1日)
作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:信田かずお
チェリーブラッサム(1981年1月21日)
作詞:三浦徳子、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
夏の扉(1981年4月21日)
作詞:三浦徳子、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
白いパラソル(1981年7月21日)
作詞:松本隆、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
風立ちぬ(1981年10月7日)
作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一、編曲:多羅尾伴内
赤いスイートピー(1982年1月21日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
渚のバルコニー(1982年4月21日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
小麦色のマーメイド(1982年7月21日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
野ばらのエチュード(1982年10月21日)
作詞:松本隆、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
秘密の花園(1983年2月3日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
天国のキッス(1983年4月27日)
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣
ガラスの林檎/SWEET MEMORIES(1983月8月1日)
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣・大村雅朗(ガラスの林檎)
作詞:松本隆、作曲:大村雅朗、編曲:大村雅朗(SWEET MEMORIES)
瞳はダイアモンド(1983年10月28日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲::松任谷正隆
Rock'n Rouge(1984年2月1日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲::松任谷正隆
時間の国のアリス(1984年5月10日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:大村雅朗
ピンクのモーツァルト(1984年8月1日)
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣・松任谷正隆
ハートのイアリング(1984年11月1日)
作詞:松本隆、作曲:Holland Rose、編曲:大村雅朗
天使のウィンク(1985年1月30日)
作詞:尾崎亜美、作曲:尾崎亜美、編曲:大村雅朗

2008年05月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 裕木奈江さん
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。