スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

「プロフェッショナルの原点」

経営学の大家、P.F.ドラッカー氏の遺作と銘打って発刊された「プロフェッショナルの原点」を読みました。ひとつひとつの教訓めいた言葉を本屋でぱらぱらとめくっているうちに、最近の自分に足りない視点が補われるような気がして、今読んでみてあらためて今後の仕事の際、座右においておきたいと思いました。

一番印象に残ったのは、ドラッカー氏が恐らく体験したエピソードなのでしょう。13歳の子供たちに、将来何をしたことによって(社会の中で)記憶に残っていたい思うか、という質問に、子供たちは当然答えられないわけですが、その問いを発した先生が、今答えられないのは当然、でも50歳になっても答えられないとしたらそれは問題だと言われたこと。自分も50歳まであと数年。一体何をもって私のことは憶えられるのでしょうか。憶えられるようなことができるのでしょうか。

ちょっと考えさせられる言葉でした…

プロフェッショナルの原点プロフェッショナルの原点
P.F.ドラッカー ジョゼフ・A・マチャレロ 上田 惇生

ダイヤモンド社 2008-02-16
売り上げランキング : 1006
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2008年03月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。