スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Barcray James Harvest Berlin Live CD & DVD

HMVによれば、CD、DVD共今日発売。なんといってもDVDの特典映像、神話の中の亡霊5曲のプロモが観たい!
あとCDは初回限定のディジパックで届くかどうかも注目。楽しみ。

iPhoneから更新
スポンサーサイト

2010年08月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

08/30のツイートまとめ

miraist

おはようございます。朝からELPのHoe Downで週始めの元気出しました。
08-30 08:24

オリビア・ニュートン・ジョンのベスト盤、人気曲投票受付中。自分にとっては、3位「Don't Stop Believin'」、2位「Have You Never Seen Mellow?」、そして1位「It's So Hard To Say Goodbye」!
08-30 12:37


2010年08月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

オランダ・ベルギー・ルクセンブルグの旅 #5

しばらく旅行記をお休みしていましたが、再開です。本日はルクセンブルグ市の旧市街観光から。

この町は、見どころが一か所に固まっていて、効率よく歩けば本当に3時間ぐらいあるとくまなく歩けそうです。深い谷とのセットなので、谷まで下るとちょっと時間がかかる感じでしょうか。

一行は再び昨晩の憲法広場でバスを降り、今度は記念写真を思う存分撮影しながら、ノートルダム大聖堂へ。日曜日はミサのため中へは入れず、とガイドブックに書いてあったので、諦めていたところ、時間が早く、9時からのミサより前の時間なので、まだ入れる、ということで中を見学できました。

中へ入る前のことですが、この教会は鐘の音がすごくきれいです。そして何度も何度も鳴らしています。正確に毎?時に鳴っているのかは情報がありませんが、ほんとうに鐘の鳴る街、と言っていいくらい素敵な音色が鳴り響いていて、こんな音を聴きながら暮らせるのも幸せだなぁ、とつくづく思いました。

教会の中は、既に厳かな雰囲気で、パイプオルガンが鳴り響いています。石造りの教会らしい残響の長い空間で聴くパイプオルガンは格別ですね。

教会を抜けた後は、大公宮、市庁舎の前を通り、両側に谷を見下ろせるアドルフ橋へ。ボックの砲台と呼ばれる砲台跡もよく見えます。このあたりで感じたことは、本当に人通りが少ないこと。現地の方もめったに通りません。車も稀。なので、撮る写真に人が入りません。もう朝の9時を過ぎているというのに不思議です。もちろん日曜日ですから、考えてみれば日曜日の大手町を歩いているようなものなのかもしれませんね。

さて、橋から移動する途中、谷に目をやると、谷の向こうの今歩いているのと同じぐらいの高さのところに、鉄道の線路があります。鉄道好きの私のこと、歩き去る前にぜひ列車が通るのを見たい、見たい、見たいと念じていたら、ラッキーにも2編成もゆっくり通過するところを目にすることができました。

その後も石畳の道の散策は続き、再び教会のそばの広場に戻り、そこでちょっとしたお土産タイムがあって散策終了でした。

この間、現地の男性のガイドさんがついていたのですが、お土産タイムにちょっと話したところ、出身はハンガリー、18年前にここへきて、仕事はエンジニア、副業として観光ガイドをしているのだそうです。彼の話によると、ルクセンブルグにもオーケストラがあって、そこで日本人もがんばっているそう。また、四季はあるのか、と訊ねると、最近は夏と冬しかないようだ、とまるで日本のことを言っているようでした。しかも、もともとルクセンブルグは雪の降らない国だったそうですが、今では冬はよく降るそうです。ここにも地球温暖化の影響が及んでいるのでしょうか。

ということで、ルクセンブルクはこの半日のみ、ここからはまたバスの車中の人となり、一路ブリュッセルに向かいます!
2010年08月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

08/29のツイートまとめ

miraist

おはようございます。昨日は帰ったら即寝。暑さにも負けず途中で一度も起きずにさっき覚醒。もう一度寝たいものの、窓からカーテン越しに差し込む熱気に勝てる自信なし。
08-29 07:01

買ったはずのiPad用VGAアダプタが部屋のどこを探してもない...おかしい。使うのがずっと先だからとどこかへ置いて忘れてしまった。仕事場へ持っいったのだったかなぁ。明日捜索だ。
08-29 16:00

Kindleカバー届く。思ったより小振り。色はまだ発送すらされぬ白の本体との組み合わせを考慮した私の好み。 http://moby.to/9x4s1y
08-29 16:03

Rainbows End: Camel Anthology 1973 - 1985 9/28 on sale。Decca時代音源中心の4枚組。
08-29 21:22


2010年08月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/28のツイートまとめ

miraist

こんにちは。今日は月に一度の高校同期会幹事会。今日を入れてあと2回で本番。いよいよ本腰を入れないと。
08-28 15:06

この背中を焼くような太陽の分厚い熱は何?
08-28 15:08


2010年08月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/27のツイートまとめ

miraist

おはようございます。今朝から「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」を読み始めました。資料は脱箇条書き・脱文字ベースを果たしつつあるので、後は自分自身の表現改革です。11月にもまた別な機会を得たので楽しみ!
08-27 08:18

10月末まで暑いとなると、いよいよ日本も夏と冬だけに?これは「季節のデジタル化」か。
08-27 08:22

一般発売はまだのようですがご案内いただきました。10月9日、東京FMホールにて「鶏郎音楽天上天下あのうたこのうたいまなおひびく」と題した三木鶏郎氏の追悼コンサートが催されます。出演者の中には鈴木慶一さんや遊佐未森さんのお名前も。音楽監修は桜井順さん、伊藤アキラさん、大森昭男さん!
08-27 23:32


2010年08月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/26のツイートまとめ

miraist

おはようございます。今日Kindleのカバーが発送された通知が届きました!本体はまだ...
08-26 08:15

2010年度秋学期JASRAC公開講座「著作権法特殊講義」著作権侵害を巡る喫緊の研究課題、10月2日スタートです!どなたでも聴講いただけます。 http://ow.ly/2v6LJ
08-26 22:15


2010年08月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/25のツイートまとめ

miraist

Pekka Pohjolaを聴きながら通勤中。今日は遅れずに新宿に着きそう。
08-25 08:33


2010年08月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/24のツイートまとめ

miraist

おはようございます。昨日は外出先で机のない椅子、iPad+AppleのBluetoothキーボードを股の上に載せて記録が取れることを実証。これがiPhoneだと落ちそうで無理。ギタリストが使うハーモニカホルダのようにiPhoneを眼の先に固定出来るようなグッズがあったらいいかも。
08-24 08:21

しかし、老眼になると前に座っている人の背中にiPhoneを固定したくなるかも。
08-24 08:35

冷たいビール目指して一直線!
08-24 18:50


2010年08月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

Renaissance ライブへ行ってきました

金曜日のSteve Hackettに続いて、2日連続の川崎クラブCitta。Renaissanceのライブを観てきました。

前日とほぼ同様の年齢層ではありましたが、気になったのはRenaissanceの方が女性が多い!全体の2割くらいが女性だった気がします。やはり女性ヴォーカルのプログレ系は女性を惹きつける魅力を持っているのでしょうね。

スタートは18:15、荘厳な宗教曲風コーラスが流れる中、メンバーが登場。まずはもちろんMichael Dunford。そして、keyboardがRave TesarとTom Brislin 、bassist/vocalistとしてDavid J. Keyes、drummer/percussionist Frank Pagano (Bruce Springsteen, Smashing Pumpkins, Bette Midler, Barry Manilow)という面々が演奏を固めています。メンバーの演奏にちょっと遅れてAnnie登場。少しふくよかになりましたが、あのAnnieであることに間違いありません。

出だしは、予想通りPrologue。あのピアノコードでは始まりませんでしたが、すぐにわかります。ファンは大喜び。今年63歳のAnnieの声が一番心配でしたが、そんな心配を他所にすばらしいじゃありませんか!さすが、きちんとケアをしているのでしょう。声の艶はさすがにやや落ちたと感じさせる部分はありますが、歌唱の音域は往時の声そのものでした。このことは全編に通じて感じたことです。

続いて人気曲、Carpet of the Sun。テンポも落とさず、まるで全盛期のカーネギー・ホールのライブを聴いているようで、とても心地よく、続くMidas Man、Running Hard、Black Frame、Things I Don't Understandと、アルバム「運命のカード」からの連続攻撃も、長大な曲なのにあっという間に終わってしまう感じです。

次に、この日唯一初めて聴く曲が、ニューEPのタイトルソングでもある新曲The Mystic and the Muse。かなり前衛的な手法で、当時のクラシカルな曲をアレンジした、という印象を受ける、最近こういう曲を書くバンドはないよなぁ、と思わせる曲でした。

そして名曲Ocean Gypsy、Mother Russiaで一旦ステージは終了。アンコールを求める拍手が鳴り響く中、再登場した彼らは、これまたアンコールの定番中の定番、Ashes Are Burningです。メンバーのアドリブ演奏を含め、15分の熱演でした。このときのAnnieのスキャットは素晴らしかった!ものすごい高音の透き通った声でした。観客はみなここで昇天...

いやぁ、やはり生で聴けるというのは幸せなことです。とりわけ高校時代に熱心に聴いた音楽を、今、まだ自分も、そして演奏したミュージシャンも生きているうちに聴けるのは嬉しいです。二日連続で、そんな気分を味わって、今年の夏のプログレ旋風は去って行きました。

秋にはEmerson & Lakeもくるんですね。Uraiah Heepも来ます。後者は大好きな「悪魔と魔法使い」全曲演奏だそう。う~~~ん、魅力的です!

08/23のツイートまとめ

miraist

高校の同窓会用にオリジナルTシャツを作る計画進行中。Google検索上位三社に見積もり依頼を出してみたら、最高額と最低額にほぼ倍の開き。もう一社がその中間。あまりライバル会社を意識していない?
08-23 20:59

すべて手作りっていうコンセプト(つまり予算がないともいう)のため、デザインも今自分でデザイン会社を立ち上げ社長をしている同窓生に依頼。いいデザイン案を複数いただいた。多謝。来週土曜日の幹事会で検討予定。
08-23 21:02


2010年08月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/21のツイートまとめ

miraist

今日もまた川崎へ。Renaissanceのライブ。
08-21 16:04

やはりPrologueで始まるのだろうか。始まるのだろうな。
08-21 16:50

正味1時間半のライブ終了。新曲1曲以外はお馴染みの代表曲で埋め尽くされていてさすが圧巻だった。運命のカードから4曲だったな。年齢を感じさせないアニーの声にも驚き。生のRenaissanceとは自分の一生にもきっと今日一度だけの出会いだ。大事にしまっておこう。
08-21 20:10

プログレ・ナイトは終わり。帰り道はJimmy Webbのライブを聴いてるなう。まだ変わってなければ今もASCAPの役員のはず。
08-21 20:39


2010年08月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

Steve Hackett ライブへ行ってきました

今日は旅行記をちょっとお休みして久しぶりの洋楽ライブについて。GenesisのギタリストだったSteve Hackettライブに土曜日行ってきました。場所は川崎のクラブチッタです。いつもはZABADAKのライブにお邪魔し、楽屋を訪ねたりの知った場所。今日は本当の1オーディエンスとして参加してきました。

立ち見もいるほどの盛況ぶりで、チケットはSold Outの表示が出ていました。さすが、彼ならこの会場を一杯にするくらいは訳なし、ということでしょうか。客層は私と同年代の人を中心に男性が9割以上を占める、という典型的な70年代プログレ・ライブの様相です。今夜のライブも落ち着いて聴ける感じがするのは、こうした周りの雰囲気があるからかもしれません。

さて、平日・川崎ということで、スタートは20:00。ほぼ時間通りに会場は暗くなりました。

イントロは、まだ誰もステージに登場する前に再生される、いかにも「眩惑」的な曲。スモークの中に光るオレンジ色が印象的でした。そして不安を掻き立てるような変化を遂げながら音量があがる頃、メンバーがステージへ。観客誰もが大歓迎しているのがわかります。あのプログレ・ライブの熱気があります。

そして一曲目、いきなりきました、「Everyday」。パンチの効いたリズム隊をバックに前半のヴォーカルパートに続くのは、あのギター・ソロです。「Firth of Fifth」と並んで、彼の2大泣きギターと私が思っている素晴らしいソロ。ほぼオリジナル通りの演奏で感激!とても伸びやかなSteveらしい音色です。

続いて演奏されたのはニューアルバムOut of the Tunnel's Mouthから2曲。ここで急に会場は「知らない」空気感が...私も会場でライブ開始前に購入しました、ごめんなさい。Steveと、意外にも女性サイドギタリストのヴォーカルをフューチャーしたミディアムテンポの曲。今日のライブでは、後にブルースっぽい「Still Waters」という曲も演奏しました。

ちなみに今回のツアーメンバーは、Roger King(keyboards)、Gary O'Toole(drums)、Lee Pomeroy(bass guitar)、Rob Townsend(brass and woodwind)、そしてAmanda Lehmann(guitar and vocals)。最後の人が女性です。

やはり彼も聴衆がGenesisの曲や初期のソロ作の曲を期待していることはわかっているのでしょう。今日演奏したGenesis時代の曲は以下のとおりです。

Blood on the Rooftops
Firth of Fifth
Fly on a Windshield
Broadway Melody of 1974
Los Endos

今回良かったのは、彼のライブCDでは大抵抜粋されたりさわりだけ演奏されている曲も、イントロからエンディングまでばっちり演奏されたこと。特にFirth of Fifthのピアノで始まりピアノで終わる演奏は素晴らしかったです。ただ、おそらくこれまた観客の誰もが思ったのでは、と思いながら聞いていたことがひとつ。Firth of Fifthのピーター・ガブリエルがフルートで吹いていたフレーズを、なぜかフルートもあるのに(吹けるのに)ソプラノ・サックスで吹いたこと。えーーーーーーっ!と思わず思ってしまいました。

とはいえ、やはり今日のライブの白眉はアンコールの1曲目に演奏されたFirth of Fifthであったことは間違いありません。観客の目はSteveの姿に食い入るようにくぎ付け。やはりあのフレーズに到達したとき、私も涙腺が緩みました。あの一瞬を聴くために今日のライブはあったのでは、と思うくらい感動的な音でした。

ソロ作も冒頭に演奏した「Everyday」のほか、「Spectral Mornings」のアルバムからイントロを省いた表題曲と「Clocks」を演奏しましたし、ファースト・アルバムからは「Ace of Wands」を演ってくれて大満足の一夜でした。

ほぼ90%の時間はSteveの姿を追っていましたが、ベースは一貫して黒のRickenbacker 4003モデル、Rob Townsendは曲の随所でTin Whistleを吹いて、そちらも聴覚的・視覚的に楽しめた点として付記しておきます。

今、BGMで聴いていたニューアルバムのSpetial EditionおまけCDのライブ演奏では、なんとFirth of Fifthはフルートで吹いてます・・・なんで・・・もしかしたらマイク等セッティングにトラブルがあったのかもしれませんね。

というわけで、素晴らしい泣きの夜を終え、翌日日曜日はRenaissanceのライブです。こちらも生きているうちに見られて良かった系のライブなのでとても楽しみです!

08/20のツイートまとめ

miraist

おはようございます。今日は川崎でSteve Hackettのライブ。EverydayやFirth of Fifthを期待!
08-20 12:16

外出中。今日は照りつける日差しがない分楽。
08-20 12:26

検査終了し近くにあったつけ麺専門めん屋桔梗で320gの普通つけ麺をいただく。鰹出汁がよく効いていろいろ溶け込んでそうなこってりスープで美味だった。しかしこういうのが好きだから下がらないのだろうな、コレステロール。今年の結果はよろしくない。病院で大分脅されてしまった...
08-20 13:58

さぁ、いざ川崎へ!
08-20 18:15

いやぁぁぁぁ~、堪能しました、Steve Hackettライブ。オーディエンスがどれだけFirth of Fifthの"あの"ソロに想いを寄せているかが、よぉぉ~ぉぉ~ぉくわかりました。と、ツィートすら泣きたくなります。
08-20 22:17

水平線たちが聞けなかった以外はほぼ想定内。まだ明後日のフェスへの出演があるので、これくらいにしておきます。
08-20 22:32

今「大魔神の精神史」っていう本を読みはじめました。
08-20 22:36


2010年08月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/19のツイートまとめ

miraist

おはようございます。もうこうなると最高気温30度でも涼しいと思うしかない日々ですね。元気だして頑張りましょう!
08-19 08:23

今日もRenaissanceのパワープレイ。何がいいって、実は一番がJon Campの弾くRickenbackerのベースなのだ。彼の声質も大好き。今はもうニュースが何も聞こえてこないのが寂しい。音楽界から引退してしまったのだろうか...
08-19 08:30

始まった!
08-19 19:31

神宮前駅階段渋滞なう。
08-19 22:31

素晴らしい神宮花火大会でした。スターマイン系中心でしたがバリエーションに富んでいてほんと楽しく堪能できました。
08-19 22:34


2010年08月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/18のツイートまとめ

miraist

おはようございます。今日はiPad版Keynoteのヘルプをオフライン作業用にPDF化して取り込まねば。何故かINSTAPAPERでは上手く取り込めず。
08-18 08:31

今週は復習を兼ねてRenaissanceを連続で聴いている。久しぶりに聴くアルバム一枚一枚が素晴らしい。どんなライブになるのか楽しみでならない。
08-18 08:36

今日はここへきて壊れた東芝製冷蔵庫の修理に来てもらうため、18時までに帰宅しなければならない。この暑さの中、氷も作られず冷凍もできない状態はきつかった。
08-18 17:27

先日旅行でご一緒した年配のご夫婦。ツアー5日目くらいに私が初めてかぶったJuliard Schoolのキャップを見て話しかけてきた。娘さんが卒業してプロのピアニストとしてトリオを組み外国を拠点に活躍されているそう。お名前を伺う機会がないままに別れてしまったのが残念。
08-18 20:55

New YorkのJuliard Music Schoolには小さなショップがあって、音楽好きの人へのちょっとしたお土産にグーなものが結構あって楽しい。キャップもそこで購入。お店は63丁目、リンカーン・センターにあるのだが、その同じ丁目にあるのがアスキャップ。失礼。ASCAP。
08-18 21:01


2010年08月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/17のツイートまとめ

miraist

プレゼン資料作りが楽しい!今回はこれまでとは見違えるような出来栄え。あと11のセンテンスを可視化できればひとまずプロトタイプ完成。
08-17 12:35

今週末はプログレ・ライブ三昧だが、二次検査もある。今回は大人しく行くのだ。
08-17 22:39

今日は自転者に関するMook本を買ってみた。これ以上お酒を飲みながら悪玉コレステロールが増えるのを阻止するためには、運動するしかないようだ。私の周りにも自転車に乗っている人が多いので、アドバイスをいただきつつやれそうな予感だけはある。カメラを持ってこげば趣味的にも一石二鳥だし。
08-17 22:43

今日録画した「シシリアン」、ちょっと観て良くなかったら消そうかと思ったが消せなかった。懐かしいし、エンニオ・モリコーネの音楽が素敵すぎる。若き日のアラン・ドロンもかっこ良い。
08-17 22:53

今初めて告白します。実はKindle latest versionを予約してます。6インチ、3Gモデルです。やっぱ白だと思ったからです。
08-17 23:04


2010年08月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/16のツイートまとめ

miraist

おはようございます。まだ電車は空いている!今週は週末にプログレ・ライブ2本が控えている、という珍しい週。朝から気分は70年代に。
08-16 08:13


2010年08月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

オランダ・ベルギー・ルクセンブルグの旅 #4

さて、今日はオランダからルクセンブルグへの移動日です。移動距離はおよそ500Km。東京から京都くらいまでと同じ距離でしょうか。途中、アムステルダムから90kmほどのところにあるデ・ホーヘフェルウェ国立公園の町オッテルローにあるクレラー=ミュラー美術館に立ち寄るのだけが今日の予定です。

道中渋滞もなく、美術館へは1時間と少しぐらいで着きました。ここにはやはりオランダらしく、ゴッホの名作がたくさん収蔵されています。「アルルのはね橋」「星空のカフェテラス」「糸杉」「自画像」「郵便配達夫」など、あぁ、ここで会えたんだ、と思える作品のオンパレード。

しかし、その中で私の目を惹いたのは、やはりオディロン・ルドンの絵でした。あわせて5点並んでいて、中でもあの一つめの化け物が顔をのぞかせている「キュクロプス」をこの目にできたのはこのうえない幸せでした。

およそ2時間近く時間がとられ、箱根の彫刻の森美術館のモデルとなったというこの美術館の彫刻群の並ぶ庭園も散策しつつ、再びバスの人に。昼食はほどないオッテルローのレストランで、メインの郷土料理はニシン料理。思ったよりずっと小さなニシンの酢漬けのようなものですが、これは美味しかったです。日本人の食卓に上っていても何の違和感のない一皿でした。

この後はひたすら高速をバス移動。条約の名前になっていることで有名なマーストリヒトやベルギーのリエージュという町を通過しつつ、ルクセンブルグに到着したのは6時過ぎぐらいでしたでしょうか。驚いたのは、オランダの平坦な国土から、ひとたびベルギーに入ると、途端に風景が一変し、起伏に富んだ、丘か、低い山々と言っていいような景色が広がったことです。因みにオランダの国土は、その約20%が干拓によってできているそうです。世界の国々は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った、ということわざがあるのにもうなづけます。

さて、そうこうするうちにルクセンブルグへ到着。一旦憲法広場という見晴らしの良い場所(写真は明日にお預け)でバスを降り、徒歩でレストランまで向かいます。中華料理のお店でしたが、こちらも味の良い料理がふんだんに出てきました。食事と共にこの日のメニューも終わり、美術館に満足した一日が終わりました。

明日の朝は、ルクセンブルグの旧市街観光からスタートです!
2010年08月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

08/15のツイートまとめ

miraist

諏訪から東京へ向けて移動中。こちらは朝撮りの一枚。ハスの花を写真に撮ると何だかお腹一杯になる感じ。やはり大きさがものを言っているか。でも好きな花だな。 http://moby.to/jdseb7
08-15 16:52

そして鉄道。追いかけている訳ではないが、接している時はすごくワクワクしてカメラを向けたくなる。例えば上諏訪駅に臨時電車として入線した旧国鉄色の車両と現役中央線のツーショットとか。 http://moby.to/rjfve0
08-15 17:01

しかし元気甲斐にはお目にかかれず。次の機会に。
08-15 17:05

昨日は突如愛用のTweetMeが起動不能に陥り、究極久しぶりに一番初めに使っていたTwittelatorに戻しのだが、なかなか新鮮で快適だ。しばらく戻そう。
08-15 17:12


2010年08月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/14のツイートまとめ

miraist

おはようございます。今日、明日と諏訪へ行ってきます。
08-14 06:45

新宿から旅立たないことで有名なあずさ2号ならぬ3号で移動中、国分寺通過なう。狩人で思い出されるのは未だジビエ料理というのが自分の今のモード。
08-14 07:48

長距離の交通機関移動中は何故かシンセサイザー・ミュージックを聴くのが好き。今日も朝からTangerine DreamのZeit、C面まできた。
08-14 09:16

やはり今日はこれか! http://moby.to/p96cdc
08-14 17:35

明日は今日の午後になって発見した蓮の花が美しく咲いていたであろう場所に早いうちに行きたい。いい写真が撮れる予感がした。蓮の花は午前中が勝負。
08-14 23:45


2010年08月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/13のツイートまとめ

miraist

沢田聖子さんが先日JASRACへいらしてくださったのだ! http://ow.ly/2paAA
08-13 22:20

昨日飲んだベルギービールはほんと美味しかった!いろいろな種類のものを味わい、どれも良かった中、特にDubbel系のものがグー。楽しいおしゃべりに美味しいお酒の取り合わせで時間も瞬く間に過ぎてしまった!
08-13 22:40


2010年08月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/12のツイートまとめ

miraist

作成中のプレゼン資料がいままでとは違うとは自分で感じる。全然こなれていないが、伝えたいことが伝わるような気がする。ひとまずはプレゼンテーションZENの教えを忠実に守ろうとしてみているものの、それはそれでとても難しい。でもあきらめない。
08-12 00:16

おはようございます。ちょっと目を離している隙に250GBのバックアップ用外付HDDが満杯になったことが判明。大事な写真などクラッシュしたら大変なので、他のディスクに退避させねば。しかし写真をいつもRAWで撮るためメモリ消費量がはんぱでない。
08-12 08:20

暗号の解読が完了しました。【miraist】→【も き ゅ】でした。 http://shindanmaker.com/39264 むしろ暗号化された...
08-12 09:04

都倉俊一正会員が新会長に就任 http://ow.ly/2ovSD
08-12 17:13

事務所の最寄駅からはところどころ雲が切れて晴れ間もちらほらと見えたけど都心はまだ重い雲に覆われてる。
08-12 18:47


2010年08月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/11のツイートまとめ

miraist

これは昨年のリマスターとまた違うのだろうか。ザ・ビートルズの1973年の名盤『赤盤』と『青盤』を デジタル・リマスターし10月に全世界で発売!http://ow.ly/2o66Q
08-11 23:12


2010年08月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/10のツイートまとめ

miraist

おはようございます。Kindleの新しい3Gモデルって、Amazonのサイトを見ると日本でも3G接続できそうに見えるのだが、どうなのだろう。ま、そうしょっちゅう本が欲しくなることは無いと思うのだが、もし新聞を購読するとなると接続できたら便利かも。
08-10 08:24

PCにトラブル発生!PS/2接続のキーボードとマウスの入力を突如一切受け付けない状態に!古いUSB接続のそれらを担ぎ出してとりあえず機能は回復しているが困る。これからまだまだつなぐものがあるのでUSBは空けておきたいのだ。エプソンのユーザーサポートに即メール。
08-10 22:22


2010年08月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/09のツイートまとめ

miraist

おはようございます。電車が空いてて快適。今日あたりから9月に久々に一本あるの講義の資料作りに取り掛かろう。プレゼンテーションZENを参考にシンプルで印象的なものを今回は目指すのだ。まずは紙と鉛筆で。
08-09 08:26


2010年08月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/08のツイートまとめ

miraist

録っておいた「OK牧場の決斗」の続きを見た。さすが西部劇の巨匠ジョン・スタージェス、素晴らしい出来栄え。ふと調べてみると、2歳若いワイアット・アープ役のバート・ランカスターは94年に亡くなっているのに対し、ドク・ホリディ、カーク・ダグラスは93歳でいまだ健在。長生きしてほしい。
08-08 21:31


2010年08月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

08/07のツイートまとめ

miraist

昨晩何時の間にか眠って起きたら10時半!これで時差ぼけから脱出か?そして今日は恒例戸田板橋の大花火大会。スタートまであと3時間だ。ビールの買出しに出るゾ。
08-07 15:57

あと2分ほどで始まります、花火大会!
08-07 18:58


2010年08月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

オランダ・ベルギー・ルクセンブルグの旅 #3

さてさて、オランダ二日目のお昼です。ヒュッツポットなるオランダ名物料理です。さすが質素なオランダの料理、ポテトを中心とした野菜の食材が混ぜ合わされた水分の少ないシチューのようなものに、大きめのソーセージが添えられているだけのメイン。きっとこのソーセージも切って混ぜて食べるのでしょうね。なんとか完食しましたが、これはう~ん、という感じの料理でした。

昼食後はダム広場へ。アムステルダムのへそと呼ばれるこの広場、バットマン、ダースベーダー等のコスチュームに身を包んだ人が何人か。フットサルのような競技に興ずる人たちもおり、大変賑やかな雰囲気に包まれていました。

ツアーとしてはここで解散。それぞれが思い思いの方向に散っていきます。昨日のうちにアムステルダムのトラムの乗り方をマスターしていた私の計画は、まずダム広場から徒歩でベギン会修道院を訪ね、そののち最寄りのトラムの駅からゴッホ美術館を目指す、というものでした。

ベギン会までは迷うことなく到達し、非常に美しい庭、家の連なり、教会を見学しました。今回の旅行の中では5本の指に入ると思われる美しさでした。そしてトラムも難なくつかまり、ゴッホ美術館へ。さすがにゴッホ美術館と名前がついているだけあって、ゴッホの作品だらけ、だったのですが、実は私の目を一番引いたのはオディロン・ルドンの5作品でした。ここへきて5作品も目にできるとは全く想像だにしていなかった、私がギュスターヴ・モローと並んで大好きなルドンの作品の前に一番長く佇んでいた気がします。

そんなゴッホ美術館から、再びトラムをつかまえ昨日と同じホテル近くの終点へ。そこからまったく同じ道を通ってホテルへ到着したのは、この日の19:30。時差ぼけは全くない状態でした。

明日はオッテルローという小さな町にあるクレラー=ミュラー美術館を訪れます。
2010年08月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

オランダ・ベルギー・ルクセンブルグの旅 #2

今日は2日目です。

まず一つ失敗談から。行く先々の情報整理をネットからダウンロードした地図や時刻表などのPDFをiPhoneへ取り込んだものとA4に印刷した紙をそのまま折って超整理手帳にセットしたのですが、これは機動力を欠きました。やはり手帳はせいぜいパスポートサイズのもので不必要にページの多くないものに集中的に情報を整理した方が取り出しやすさなどを考えるとベターでした。次はそうします。

さて、朝9時集合は楽な感じです。最近は仕事をリタイヤされたお年寄りの方が多いこともあるのかもしれません。しかし、定刻通り出発かと思われたとき、バスがホテルの駐車場を出るところでトラブルが・・・

出口は下り坂になっていて、その終わり口にバーがあるのですが、そのバーの直前でバスの前部が地面にすってしまい、一旦動けなくなってしまったのです。なんだか原因は良く分からないまま、バスから一旦下されましたが、その分車体が軽くなって浮いたのか、坂を脱出。とりあえずバスを変更する手配を添乗員さんがしてくださり、街中まで行きましょう、ということになりました。一同ほっと胸をなでおろし、そのまま街中へ。

バスはアムステルダムの国立博物館で停車。ここが最初の見学地です。

ここのハイライトは、なんといってもレンブラントの「夜警」とフェルメールの「牛乳を注ぐ女」、「恋文」そして「青衣の女」です。レンブラントはほかにも数ある自画像のうち2枚が展示されていました。「夜警」は実は左右が切り落とされていたらしい、ということを知り、非常に驚きました。

それらを1時間ほど時間をかけて見学したのち、再び迎えに来たバスへ。なのにここでも事件が・・・

バスがゴッホ美術館の脇を抜けて、アムステルダム・コンセルトヘボウの道へ出たところの角を右折しようとしたとき、思いっきりガリッと胴体中央部分を電信柱にすりつけました。それまでも道々脱輪を繰り返していた運転手、実はバスが悪いのではなく運転手が悪かったようです。そしてここでも添乗員の方が手腕を発揮、その後再度バスが変わり、さらには運転手も変わったのでした!

当初のバスはそれでもとりあえず運河クルーズの乗り場までは私たちを連れて行ってくれ、そこで危ない運転手とはお別れ。私たちは船上の人となりました。

アムステルダムの街を網の目のように縫う運河をクルーズ船は走ります。両岸に広がる景色は、まさに頭に描いていたオランダそのもの。背の高い教会をさらに低い位置から見上げ、旧東インド会社の栄華へと見る者の思いを馳せさせながら景色は流れていきます。途中アンネの家、アンネ博物館の脇も通りました。

主な見どころを見たのちには、ダイヤモンド工場へ。こちらはツアーお決まりのお買いものタイム。私としてはさほど興味のない説明をやり過ごし、ここで交代となったバスへ早々に乗り込んでおりました。

一瞬移動した後はお昼となるのですが、ここから先はまた次回(1日1回で書くのは結構大変です。できれば写真も載せたい!)ということで。
2010年08月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
HOMENEXT≫

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。