スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

04/29のツイートまとめ

miraist

午前中のんびりすごした。起きてそのまま1Q84を読み、今やっと起き上がる。これからちょっとギターの練習。午後はやっと衣替えだな。
04-29 11:21

ちょっと前の作家で聴く音楽 JASRAC会員作家インタビュー、大島ミチルさん。http://ow.ly/1EBYh 大島さんは小柄ながらバイタリティの塊みたいな方で超多忙な毎日を送られている。それでもって可愛らしい。あのお忙しさではTwitterはされないだろうなぁ。
04-29 20:45

Windows Media PlayerにCDから取り込んだ音楽を音程を変えずに再生速度変更する機能あったんだ!知らなかった。試しにMike Oldfieldの早弾きを50%スローで再生したら弾けた!ちょっと音質は悪くなるが楽器練習に使える。
04-29 21:18

ギターを久しぶりに弾いた後、ベースでRenaissanceのAshes Are Burningを弾いたら指がよく動く!Jon Campのベースはやっぱりいい。
04-29 23:01

RenaissanceのMyspaceを見ると、来日前アメリカ、カナダでSteve Hackettのライブのゲストとして登場するようだ。ということは8月の来日も日を前後してきっと登場すると思われ。こんなことが起きるようになったとは... http://ow.ly/1EFG0
04-29 23:05

スポンサーサイト

2010年04月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

サルサの店へ

昨日は、自分としてはかなり場違いと思っていた場所に、日頃お世話になっているさる方に連れて行かれました。その場所とは、六本木サテンドール。私としては、エレベータに乗るより、地下の階段を下りて、Abbey Roadへ行きたかったって感じですが、それは今回は置いておいてビル4Fのお店へ。

この日は「Jazzyな大人のサルサ!」なるライブで、寿永アリサさん(Vo)、中路英明さん(Tb)、ルイス・バジェさん(Tp)、伊賀拓郎さん(P)、小泉哲夫さん(B)、大儀見元さん(Tim)、井波淑さん(Con)に踊る男女4人のReikoPremiumDanceCompanyのみなさんの演奏を聴き、ダンスを踊る会なのでした。

店内は今時あまり私も来たことがないようなボックス席中心の配置。特に段差のないステージとちょっとしたスペース。このスペースで踊るわけです。

お店は常連さんとおぼしき方々が多く、2人連れはちょっと年配の男性と若い女性というペアが多かったですね。あとは男性が一人で来ているよう。私を連れてきてくれた方も数え切れないくらい来ているのだそうです。一緒に連れてこられた若手男女にも初めての人多しでした。

で、実際演奏が始まってみると、3曲目ぐらいでダンサーの方が会場に声をかけ、サルサの踊りを教えてくれることに。すると私を連れてきてくれた彼は、率先して周りの我々を誘ってステージへ。何人かもそれにつられて出て行きました。リズム重視の演奏で、体は自然に動きますし、お酒も入っているので、踊るのも悪くないか、と席で思案。なにせ私、踊るという言葉が辞書にない人間で、これまでも踊りとは全く無縁でした。子供の頃フォークダンスをした記憶すらありません。

そんな私でさえ、会場も盛り上がり、室内をみんなが「むかで」のようにぐるぐる回り始めたときには、一緒に加わり回っていました。

と、今回はこんな具合の展開で、音楽を聴く、というよりは参加して体を動かす、というライブ、私より他のみなさんがかなり弾けていて、それを見ているのもまた楽し、というひとときでした(普段仕事上でお付き合いをしている方々からはちょっと想像できない姿でもありましたもので...もちろんいい意味でですよ)。

ネットにはサルサの踊り方なる動画もあるので、こっそり練習して(もし次があったら)あれって感じで登場してみようかなどと思いつつ、終電間際の電車で心地よい気分で家路につきました。

サルサの音楽は聴いたも持ってもいないので、ちょっと勉強もしてみようかな、と今日になって思っている私です。
2010年04月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

04/28のツイートまとめ

miraist

おはようございます。久々に良く降る雨...スラックスの色が変わってしまった。しかも電車も超混み。読んでおきたい書類が読めない。出かける夜は止むようでありがたいが。
04-28 08:33

ニコニコ動画における海外楽曲の利用許諾についてJASRACと締結合意へ http://ow.ly/1DXGK
04-28 10:57

iPadいいらしい。すごく欲しくなってきた。何がいいかって、持っているiPadを人に見せられるのがいい。
04-28 12:50

あぁ!生まれて初めてちょっとだけ踊ってしまった!
04-28 20:31


2010年04月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

Steve Hackett / Renaissance

やはり行くしかないですよね...

Steve Hackett氏は、ぜひともEverydayやFirth of Fifthの鳴きのギターを聴きたいと思いますし、Renaissanceはライブ時63歳となっているAnnie Haslamさんの声に一抹の不安を感じるものの、やはりAshes Are BurningやOpening Outのような名曲を1度は聴いてみたいわけです。ギターは当時と同じMichael Dunford氏。それだって涙もののはず。

Disk Unionプログレッシブロック館でチケット入手しました。発売日より遅れたため、もう後ろの方しかなかったですが、行けないよりはまし。クラブチッタですから、一番後ろだってドームでいえば相当前の方の席ですからね。

というわけで、8月20日、21日と連チャンで外タレライブ、という珍しくも豪華な予定となりました。3月にはKlaus Schulze氏のライブにも行っていたところ、今年はプログレッシブ・ロック年だなぁ、とつくづく思いました。

因みにせっかくですから、Steve Hackett氏にはRenaissanceのライブでAndy Powell役を、Annie HaslamさんにはSteveのライブでSally Oldfield役を務めていただく、というのが、さらに今回の連続来日公演ならではのメモリアル・イベントになるのですが...

ね?(って誰に向かって言っているのか)

04/27のツイートまとめ

miraist

NovalisのBrandung、韓国盤紙ジャケなるものを発見して欲しかったが今日は我慢した。既存の西洋絵画を使用しただけなのだが、とても好きなジャケットの一つ。
04-27 20:13


2010年04月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/26のツイートまとめ

miraist

今日Steve HackettとRenaissanceのチケットを手に入れた。川崎のクラブチッタなら最後列に近くてもドームと比べればずっと近い、という境地。焦らず慌てず。8月の連チャンが楽しみだ。お互いにゲスト出演し合ってくれるとなお楽し。
04-26 23:45


2010年04月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/25のツイートまとめ

miraist

10月に行われる母校の大OB会&同期会の打合せ、楽しかった。集まったのは10数名だが、この時期の人数としては画期的らしい。自分もこれまでイベントの黒子を数々経験してきたので活かせそうだし。そして、あるタイミングで行う行方不明者捜索にTwitter活用の妙案を思いついた。
04-25 21:14

Peter GabrielのHitsを久しぶりに。いい曲が並んでる。
04-25 21:44


2010年04月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

OmmadawnとHergest RidgeのDelux Edition続報

Mike OldfieldのOmmadawnとHergest Ridge、当初の発売予定日が遅れ、英国盤は6月7日、そして国内盤は、SHM-CD+紙ジャケット仕様で6月23日にそれぞれ発売予定となりました。
 
現在わかっている曲目リストは以下のとおりです。
 
●『ハージェスト・リッジ(Hergest Ridge)』(1974年)
[デラックス・エディション]
*英国盤:6月7日発売
*日本盤(UICY-91572 税込5,800円 / 高音質SHM-CD+紙ジャケット仕様):6月23日発売
 
[CD1]
1. Hergest Ridge - Part One
2. Hergest Ridge - Part Two
3. In Dulce Jubilo (For Maureen)
4. Spanish Tune
 
[CD2]
1. Hergest Ridge - Part One (original vinyl mix)
2. Hergest Ridge - Part Two (original vinyl mix)
3. Hergest Ridge - Demo Part One
4. Hergest Ridge - Demo Part Two
 
[DVD]
1. Hergest Ridge - Part One (5.1 Surround mix)
2. Hergest Ridge - Part Two (5.1 Surround mix)
 

●『オマドーン(Ommadawn)』(1975年)
[デラックス・エディション]
*英国盤:6月7日発売
*日本盤(UICY-91573 税込5,800円 / 高音質SHM-CD+紙ジャケット仕様):6月23日発売
 
[CD1
1. Ommadawn Part One
2. Ommadawn Part Two / On Horseback
3. In Dulci Jubilo
4. First Excursion
5. Argiers
6. Portsmouth
 
[CD2]
1. Ommadawn - Part One
2. Ommadawn - Part Two / On Horseback
3. Ommadawn - Lost Version
 
[DVD]
1. Ommadawn Part One - 5.1 Surround mix)
2. Ommadawn Part Two / On Horseback (5.1 Surround mix)
 
ここで注目なのは、やはり幻のHergest Ridgeの発売当初のミックスが、果たしてoriginal vinyl mixの名の下に発売されるかどうかでしょう。マスターが失われたのでは、などという噂まで飛び交っていた音源。今回日の目をみるのか、見ないのか、ファンとしては大いに関心のあるところです。

もうこれらの発売が決まったことで、今まで入手を躊躇していたTubular BellsのDelux Editionも注文してしまいました。今年上半期はこのMike Oldfield初期3部作のDelux Edition三昧、ということになりそうです!
2010年04月25日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

04/24のツイートまとめ

miraist

OmmadawnとHergest RidgeのDelux Edition、国内盤はSHM-CDでオリジナル盤を再現した紙ジャケット仕様か...1set5,800円は高い...輸入盤にするか悩むところだ。
04-24 10:43

今日は天気がいい!これから年に一度行われている、母校都立北園高校の卒業生の集い幹事会のお手伝いに板橋へ。今年は私の代が幹事役の年だそう。しかし、卒業時、自分が何組だったか記憶がない...
04-24 14:36

今日も結構飲んでしまった。高校時代の友人たち、当時を覚えているもいないも、いいやつばかりだった。
04-24 23:19


2010年04月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

ソラニン@新宿ピカデリー

やっと昨日の仕事帰り、「ソラニン」を観てきました。場所は紀伊国屋の裏手、新宿ピカデリー。すごく綺麗に整備された映画館ですね。全部で11のスクリーン、3Fから11Fまで全部劇場という立派なものです。

「ソラニン」のスクリーンNo.は5。150名ほどが入れるスペースは1列目から最後列まで適度な段差があるので、前の人の頭も気にならず、椅子は体を沈めればゆったりと座れ、頭を当てる部分が柔らかく心地よく、ともすれば眠りについてしまっても良さそうな心地。

さて、そんな快適な劇場で観た「ソラニン」、良かったです。

まずは宮崎あおいさんのファンなら観るべしでしょう。画面一杯に広がる表情はとても豊かで、観ていて飽きることがありません。眠りを誘う椅子ではありますが、全然眠くなんてなりませんから。そして、ゆるい生活を送る主人公は、彼女が演じるにはぴったりなのかな、と。昨年観た「その夜明け、嘘。」の衣装を思わせるような服のラフな着こなしが似合ってました。

ゆったりと流れる画面は、登場人物たちの生活そのもの、といった感じ、淡々と大きな山も谷もなくラストのあおいさんが歌い演じるライブのクライマックスへ。音楽への、相手への、仲間への思いが爆発する演奏シーンは、あおいさん自ら歌い、ギターを弾いている(ということだそう)だけあって、ストレートにそれらが伝わってこちらも熱くなりました。

Charやニルバーナのカート・コバーン愛用の、あおいさんが弾いたFenderのムスタング、音楽好きの私としては、この映画でいいな、と思ってあの水色に鼈甲柄のピックガード・モデルを手に入れてギターを始める若い人とかが出てくれるといいなぁ、などと思いながら観てもいました。主人公の年齢とは恐らくダブルスコアぐらいになっている私ですが、音楽が好きなんだよな、という気持ちは世代を超えて共有できる素晴らしいものです。いやぁ~、音楽って本当にいいものですね、と淀川さんの言葉を借りて言いたくなります。

この映画、筋立てはかなり忠実に原作を再現していて、浅尾いにお氏のマンガのイメージを壊すことなく、楽しめると思います。まだしばらく上映はしていると思いますので、まだの方はぜひ!


04/23のツイートまとめ

miraist

今日は新宿ピカデリーでソラニン鑑賞。若いっていいなぁ!でも今の自分だって音楽に対する情熱じゃぁ負けてないよ、と思った。同行の輩と今別れたところだが、帰ったらギター弾こう。
04-23 23:54


2010年04月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/22のツイートまとめ

miraist

Roger WatersのThe Wall Tourがまた始まるらしい。プログレ勢はあちこちでまだまだ元気で嬉しい。http://ow.ly/1BKt1
04-22 23:57


2010年04月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/21のツイートまとめ

miraist

今年の著作権法学会は5月22日10:00から一橋記念講堂。非会員の方も多分有料ですが聴講可能。テーマは午前中が「インターネットを通じた著作権侵害についての国際裁判管轄及び準拠法―想定ケースに基づいて―」、午後の中心はシンポジウム「パロディについて」。学会のHPには情報未掲載。
04-21 12:43

映画は好きなのだが、録った映画は時間のあるときに断片的に観るしかない。で、昨日観終わったのは「母べえ」。時代を生きた一人の女性を軸に据え、いくつもの出会いと別れを時間軸をずらしながら絡めていく手法に飽きることなく楽しめた。金麦の女性が出演していた。
04-21 12:59


2010年04月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/18のツイートまとめ

miraist

こんばんは。今頃来てみましたが随分長くやってらっしゃいます?今日は850人も見ててすごいですね! (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 00:46

それは今あるスキャナソフトで画面取り込むだけでもすぐできますね。きっと。 (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 00:49

中国で口パクは罰金だそうです。 (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 00:52

まだ著作権ありますね (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 01:08

聴きました。 (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 01:09

ホテルや結婚式場が契約を結ぶものです。 (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 01:11

生演奏はOKです。 (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 01:13

蓄音機の傍にお父さんが座ります。 (#mmclub live at http://ustre.am/c6G9 )
04-18 01:14

Renaissanceの最新ツアーメンバー。Annie Haslam、Michael DunfordのほかRave Tesar、Tom Brislin (Keyboard)、David J. Keyes (Bass)、Frank Pagano (Drums)。
04-18 16:57

そして多分今年くらいにはScheherazade and Other Storiesが1979年のプロモーション映像を収録したDVDと共に再リリース予定。Annie In Wonderlandもリマスター&ボートラ再リリースだそうで、Renaissance関係が熱い!
04-18 17:01



続きを読む "04/18のツイートまとめ"
2010年04月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

昨日はZABADAKベース担当吉田誠さんライブへ

これまで一度も降り立ったことの亡かった祖師ヶ谷大蔵へ行ってきました。北口、歩いて6、7分のところにあるCafe Muriwui。かのKINASHI CYCLE(公子さんに教えてもらいました。でもお父様は見えませんでした)の斜め前方、本屋さんのビル3Fです。

階段を上って2Fの先の、今度は外階段のようなところを上ったところにCafe Muriwuiはありました。

客席は20人分ぐらい、着いたのは18時30分ぐらいでしたが、みなさんまだリハ中。お客さんは5人はいらっしゃっていたでしょうか。

一番前の席に陣取って、しばし1Q84などを読んで過ごしているうちに、あれよあれよとお店はほぼ満席に。なかなかの盛況でした。

編成はベースとチェロを担当する吉田誠さんの他、チェロと能管の星衛さん(以前藤野由佳さんや木村林太郎さんとの演奏を聴かせていただいたことがあります)、パーカッションの立岩潤三さん、そして北インド古典舞踊カタック舞踊家前田あつこさん。

フライヤーを吉田さんが郵便で送ってくださったのを拝見して、いったいどんな音楽なんだろう...という感じでお邪魔しましたが、演奏はどれもメロディアスで聴きやすく、ワールド・ミュージック、特にアラブやインド風の音楽ということではありましたが、全く違和感なく聴くことができて、とても楽しく充実した演奏でした。

何曲かで踊りを披露された前田さんは、普段踊っている音楽とは大分違う冒険的なものだったとおっしゃってましたし、実際2nd Stageでは「スカボロー・フェア」(吉田さんアレンジ)が吉田さんと星さんのダブルチェロで演奏されたりと、幅広いお客さんにアピールする内容だったのではないでしょうか。

吉田さんご自身のオリジナル曲というのもそれぞれのStageで1曲ずつ演奏され、どちらもいい雰囲気で、とても人柄の温かい吉田さんらしい曲だったと思いました。ZABADAKのライブでZABADAKのロックサウンドに載せて聴きたくなりました。

このほか、パーカッションの立岩潤三さんは、落ち着いたパーカス裁きで、難しい拍子のリズムをきっちりキープされていましたし(十拍子という曲もありました)、踊りの前田さんは、小柄ですがとても美しく、足首につけた鈴の音を効果的に演奏に取り混ぜながら、1st Stageの赤の衣装、2nd Stageの青の衣装と、とても印象的な装束で不思議に魅惑的な踊りを見せてくださいました。

ホントに外は寒かったですが、みなさんの熱い踊りと演奏に、しばし寒い日本からアジア、中東の世界へワープしたかのような楽しい2時間でした。

ライブ終了後は吉田さんや星さんと久しぶりにご挨拶し、さらにまたライブのご案内もいただきつつ、お店を後に。
演奏者のみなさま、お疲れ様でした。

ということで一つライブのお知らせです。ZABADAKやWorld Musicにご興味のあるかたはぜひ。

BUS-SELLO FOLKRORE
(吉田さんと星さんのユニット)
2010年6月13日
19時開場 19:30Start 対バンエレクトリックチェア
2,000円+1drink
阿佐ヶ谷 Yellow Vision 03-6794-8814

04/17のツイートまとめ

miraist

東京は春の雪、アイスランドは噴火、中国は地震...地球の悲鳴じゃなければいいが。
04-17 00:27

HootSuiteってどうしてもDM発信時に失敗することが多い気がする。ミスったときのためにいちいち一旦テキストをコピーするのだが、忘れたときに限って送信されてない。うぅむ。そういうことはみなさんにはないのでしょうか。
04-17 10:48

最も遅く降った雪の名残。そろそろ春らしくなって欲しい。それでも今日はいい天気になってきた。 http://twitpic.com/1g5wnz
04-17 12:58

祖師ヶ谷大蔵なう。まだみなさんリハの最中。
04-17 18:39

1stステージ終了。外の寒さを吹き飛ばす熱い演奏。吉田さんのオリジナル良かった!
04-17 20:01

祖師ヶ谷大蔵はウルトラマンの街。駅の案内メロディもウルトラマンだ。
04-17 21:45


2010年04月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

今日という日

1Q84 Book3がamazonから届きました。

小峰公子さんが書かれたブログを読みました。

昨日飲み過ぎたので休肝日にしました。


雨が一日降ってとてもとても寒い日でした。

Steve HackettとRenaissanceが8月、川崎のクラブチッタで連日のライブを演ることがわかりました。

財布と相談することにしました。

仕事は9時から19時ぐらいまで。

生まれて初めて明日行く祖師ヶ谷大蔵をネットでちょっとだけ下調べしてみました。

何回か呟きました。


通勤の往き帰りはMike Oldfieldを聴きました。そして今はFaustを流してます。

まだほぼ日手帳と超整理手帳の2本立て、続いてます。メインは後者。


と、まぁこんな日でした。

さぁ、1Q84 Book3読もうっと!
2010年04月17日 | Comments(4) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

04/16のツイートまとめ

miraist

昨日は帰りが遅かったため気が付かなかったが、amazonから1Q84 Book3が発送されていた!今日到着するはず。
04-16 12:55

今度はいかねばか。RENAISSACE 40th Anniversary Concert Tour 8 月21日(土) 川崎クラブチッタ
04-16 19:38

うっ!Renaissanceの前日にSteve Hackettのソロ・ライブが!二日連続で川崎行き?どーしよう。財布と相談しなければ.. Renaissance http://ow.ly/1zjKv Steve Hackett http://ow.ly/1zjLI
04-16 23:24


2010年04月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/15のツイートまとめ

miraist

おはようございます。自分なりに昨日からMike Oldfieldフィーバー。今朝はTubular Bells 2003をじっくりと。
04-15 08:25


2010年04月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/14のツイートまとめ

miraist

いつのまにか背中の痛みが消えてくれて良かった...
04-14 08:25

Amazonは1Q84 Book3を予約者にいつ発送するのだろう。
04-14 08:56

遂にきたか!私にとってのロック・ミュージックの最高峰の一つが。Mike Oldfield 'Ommadawn: Deluxe Edition' http://bit.ly/9ixX7G
04-14 21:57

それにこちらだって!Mike Oldfield 'Hergest Ridge: Deluxe Edition' http://bit.ly/beg67d
04-14 22:00

そんな私ですが、まだこちらは持ってません... Mike Oldfield 'Tubular Bells [Deluxe Edition]' http://bit.ly/cEHvj1
04-14 22:03


2010年04月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

Ommadawn & Hergest RidgeのDelux Edition!

Ommadawn: Deluxe EditionOmmadawn: Deluxe Edition
Mike Oldfield

2010-05-25
売り上げランキング : 10052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Hergest Ridge: Deluxe EditionHergest Ridge: Deluxe Edition
Mike Oldfield

2010-05-25
売り上げランキング : 8830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャケット画像が出てきませんが、そして内容もわかりませんが、とうとう出ます!Mike Oldfieldの一世一代の大傑作Ommadawnと、イギリスの牧歌的風景に身をやつしたHergest RidgeのそれぞれDelux Edition! 内容についてはわかり次第またこちらでご紹介します。

Ommadawnのどんな未発表音源が登場するのか、Hergest Ridgeは幻の発売当時のマスターのCD化なるか、もう楽しみでたまりません!

5月25日、注目です!
2010年04月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

04/13のツイートまとめ

miraist

写真を数枚引き伸ばしてプリントする必要があるのだが、折に触れ撮影した写真の量が多すぎ、かつ未整理のため、「選ぶ」という行為が超大変。これもデジタル化が人に課した試練の一つ(と自分のことは棚にあげる)。
04-13 00:17

何かの拍子に背中の筋肉を痛めたらしい...
04-13 08:50

なう。GIE「電子書籍ビジネスの未来」→世耕議員×岸本議員×津田氏×中村氏×干場氏×福井氏×河内氏×國領氏×金=> http://bit.ly/aJcOaH #GIE_ebook
04-13 18:02

シンポの後板橋のさいたま屋で濃厚ラーメン中盛で一人ご飯。固めの太麺、麺に絡む汁は薄味なのにレンゲで掬うといい味噌味。量の進む味付けで美味い。 http://twitpic.com/1fayuw
04-13 21:57

今回のシンポ、聞いている私を終始支配していたのが「諦観」だったことに自分で驚いた。既存コンテンツのネット配信。音楽でみてきた10年間。そして今電子書籍。一体何が変わるのか....
04-13 22:45

配信のプラットフォーム、ビジネスモデルが必要と言われるが、無料で強力なインターネットという巨大プラットフォームを前にしてはなかなか、という現実。そして人口も減るし単価も下がるので、単なる従来型ビジネスモデルの置き換え(本屋で本を買う→ネットでデータを買う)だけでは通用しない。
04-13 22:49



続きを読む "04/13のツイートまとめ"
2010年04月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/11のツイートまとめ

miraist

史上最強のツイッター営業術」セミナーいいなぁ。しかし、まずは営業的にTwitterを使うという決断を経営陣がしなければ始まらない。私は一般サラリーマンにTwitterの世界が開かれたら一体どうなるのかとても興味がある。モラル・ハザード状態は回避できるのか?
04-11 00:35

今晩3度目のTom Waits、Closing Time。知らなかった(自分の琴線に触れる)音楽との出会いって本当にいい。そして私も今晩はClosing Time。
04-11 00:46

今日は池袋に近い辺りの都電荒川線沿線を散策予定。
04-11 10:29

鬼子母神から南池袋へ戻る途中にあったらラーメンや梅もとでお昼。あっさりした醤油味のニンニクらーめんはなかなか。そしてこの伝説のクレーター盛を完食すればつけ麺永久無料だそう。 http://twitpic.com/1es07u
04-11 14:37


2010年04月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/10のツイートまとめ

miraist

あぁ、shimomayuさんはTsudaっていたのだな。今頃気がついた...
04-10 14:50

Tom WaitsのClosing TIme、はじめて通しで聴いている。Ol' 55のなんと名曲なことか。The Eaglesの健康的な演奏に慣れ親しんだ耳に、小僧っ子、これがオリジナルっていうもんだぜ!とガツんと一発かまされた気分。そしてピアノが美しい...
04-10 22:08


2010年04月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

Alan Parsonsのライブ「EYE2EYE LIVE IN MADRID」

Eye to Eye-Live in MadridEye to Eye-Live in Madrid
Alan Parsons

アート・ユニオン 2010-03-19
売り上げランキング : 26062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Alan Parsonsの新作といえば新作、実際には2004年のスペイン、マドリッドでのライブを収録したアルバムが登場しました。この時期発売した目的は、やはり以下の一文によるものでしょうか。

IN MEMORIAM : ERIC WOOLFSON (1945-2009)

そしてこの一言が示すとおり、代表曲目白押しのところ、やはりEricの存在がいかに大きかったかを感じさせます。

それにしても、選曲を見たとき、1stの「怪奇と幻想の物語」からThe Raven、(The System of) Dr. Tarr and Professor Fetherと2曲、2nd「I Robot」からI Robot、Breakdown、I Wouldn't Want To Be Like You、Don't Let It ShowとA面のSome Other Timeを除く全曲が収録されるという初期大盤振る舞いには予兆を感じましたが、どれもすばらしい演奏で楽しめます。基本的には当時のオリジナルの再現に徹していて、I RobotなんてまるでCDをかけているかのよう(あのイントロの女性ヴォーカルもあのままです。これはきっとサンプリングでしょうけど)。

とはいえライブならではのグルーブ感もあり、Don't Answer Meなどは、エンディングが1聴するとわかるカブトムシたちの後期超有名曲のそれになっていたり、十分に楽しめます。

ちなみに今回もジャケット・デザインはかのStorm Thorgerson氏。そうです、Hipgnosisの一員だった人。もう一見して空気感があって、こういう個性というのもほんとうにすごいなぁ、と驚くばかりです。

ちなみに今日の夕方には昨晩amazonに注文したCDが2枚到着予定。またそちらも追々ご紹介していきますね。

04/09のツイートまとめ

miraist

miraist は、 28都道府県 のTwitterユーザーと交流しています。 http://machi.userlocal.jp/ #MachiTwi #iPad あと残り19エリアです。
04-09 12:53

Alan Parsonsの2004年のLive、Eye2Eyeなう。代表曲目白押しの選曲もいいし演奏はさすが。オリジナルアルバムを聴いているような完成度。そんな中ヴォーカルがもう一歩か。やはりEric Woolfsonの歌声がもはや二度と聴けないのが惜しい!
04-09 22:58

おぉ、Alan ParsonsのEye2Eyeのジャケット、もしやと思ったらやはりStorm Thorgersonだった。この空気感。まさにHipgnosis。いい。
04-09 23:00


2010年04月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

三度佐々木史郎くんライブ@obsounds

写真

三度聴きに行ってきました。佐々木史郎くんのライブ。場所はもうお馴染み、三軒茶屋のobsounds。今回は私が日頃お世話になっている多くの皆様に佐々木史郎くんをアピール。その結果、なんとお店の半分は関係者で埋まる、という状況に!お陰で演奏も熱く、ステージとステージの合間も楽しく過ごすことができました。お忙しい中お店に駆けつけてくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました!

演奏曲は相変わらず私の知らない曲ばかりなのですが、今回はフレディ・ハバードというトランペッターの曲が多め。どれも素敵な曲・演奏でした。

大抵演奏がスタートすると、史郎くんが最初のメロディからアドリブへ入り、続いてピアノ野口さん、ベース嶌田さん、そして時折ドラムスのデニス、とソロが流れていくのがこのバンドの王道です。お一人お一人がテクニシャンで、聴いていていいことはもちろんなのですが、このお店、なんといってもミュージシャンとの距離がものすごく近いです。ですから見ていてもとても楽しいです。テクニックは丸見えですから。それは楽しいですよ。

ステージ終了後のアナウンスで、次回は7月1日(木)になりました。またあの演奏が聴けると思うとわくわくします!

追伸
佐々木史郎くん、twitterを始めましたよ。twitterをされている方がいらっしゃいましたらぜひフォローしてください!shirosasakiです~。

04/08のツイートまとめ

miraist

ZABADAKのライブでベース担当吉田誠さんが出演されるライブがあります。4月17日(土)祖師谷大蔵cafe Muriwuiにて。 http://ow.ly/1vRQs
04-08 12:51


2010年04月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/07のツイートまとめ

miraist

今は雨で寒いが明日の今頃は晴れて寒そうだ。@新宿
04-07 18:30


2010年04月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter

04/06のツイートまとめ

miraist

今朝は801のListen Now。Phil Manzaneraはこの頃が一番好き。ジャケットもいい。
04-06 08:22


2010年04月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | Twitter
HOMENEXT≫

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。