スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ソラニン@新宿ピカデリー

やっと昨日の仕事帰り、「ソラニン」を観てきました。場所は紀伊国屋の裏手、新宿ピカデリー。すごく綺麗に整備された映画館ですね。全部で11のスクリーン、3Fから11Fまで全部劇場という立派なものです。

「ソラニン」のスクリーンNo.は5。150名ほどが入れるスペースは1列目から最後列まで適度な段差があるので、前の人の頭も気にならず、椅子は体を沈めればゆったりと座れ、頭を当てる部分が柔らかく心地よく、ともすれば眠りについてしまっても良さそうな心地。

さて、そんな快適な劇場で観た「ソラニン」、良かったです。

まずは宮崎あおいさんのファンなら観るべしでしょう。画面一杯に広がる表情はとても豊かで、観ていて飽きることがありません。眠りを誘う椅子ではありますが、全然眠くなんてなりませんから。そして、ゆるい生活を送る主人公は、彼女が演じるにはぴったりなのかな、と。昨年観た「その夜明け、嘘。」の衣装を思わせるような服のラフな着こなしが似合ってました。

ゆったりと流れる画面は、登場人物たちの生活そのもの、といった感じ、淡々と大きな山も谷もなくラストのあおいさんが歌い演じるライブのクライマックスへ。音楽への、相手への、仲間への思いが爆発する演奏シーンは、あおいさん自ら歌い、ギターを弾いている(ということだそう)だけあって、ストレートにそれらが伝わってこちらも熱くなりました。

Charやニルバーナのカート・コバーン愛用の、あおいさんが弾いたFenderのムスタング、音楽好きの私としては、この映画でいいな、と思ってあの水色に鼈甲柄のピックガード・モデルを手に入れてギターを始める若い人とかが出てくれるといいなぁ、などと思いながら観てもいました。主人公の年齢とは恐らくダブルスコアぐらいになっている私ですが、音楽が好きなんだよな、という気持ちは世代を超えて共有できる素晴らしいものです。いやぁ~、音楽って本当にいいものですね、と淀川さんの言葉を借りて言いたくなります。

この映画、筋立てはかなり忠実に原作を再現していて、浅尾いにお氏のマンガのイメージを壊すことなく、楽しめると思います。まだしばらく上映はしていると思いますので、まだの方はぜひ!

スポンサーサイト

宮崎あおいちゃんのCMがかわいい!

もちろんearth music & ecologyのCMです。映画「ソラニン」で歌に自信を持ったに違いありません。歌っているのはThe Blue Hearts15枚目のシングル「1000のバイオリン」のカップリング曲「1001のバイオリン」。どちらも同じ詞のようですが、前者は元気なThe Blue Heartsらしい曲、後者がCMと同じストリングスをバックにしたバージョン。突飛な歌詞が素敵ですね。CMでのあおいちゃんの歌はバージョンによってキーが違います。元気なCMの方がキーが高いです。

そして「1001のバイオリン」は着うたランキングで1位になったそうですし、iTUNESでは今7位ですね。CM、すごい力です。

ソラニンです

久しぶりに宮崎あおいちゃん話題。

ソラニン公式サイトに予告編が遂に公開されています。予告編を見ただけでは、なかなかマンガ忠実な感じ。でもあおいちゃんの芽衣子ですからね。う~ん、観たい。

さらに発売となった特別鑑賞券には、特典として二人の想いをつなぐウサギ型マスコットチャームだそうです。う~ん、欲しい。数量限定だそうですよ。

公開は来年4月から。まだまだ先です~。

その夜明け、嘘。はTBSチャンネルで放映です・・・

2月に観てとても面白かった宮崎あおいさん主演の舞台「その夜明け、嘘。」。カメラが入っていたので、テレビ放映かDVDかと思っていましたら、まず?はテレビ放映が決定しました。

6月6日(土)TBSチャンネル 23:00~01:00

ですって。

残念、CSなので私は観られません。ううむ。

次を待ちます・・・



ソラニン2

あっという間でした。

ソラニンの1巻、2巻共一気に読み終わってしまいました。

最初の感想は、やっぱり音楽っていいな、ということ。

音楽は人生も変えるし、人を強くもしてくれる。だから自分は今の仕事にやりがいを感じるのだ、と改めて思いました。

少ない登場人物ながら、一人ひとり個性的で、みないい人に思えます。それぞれが持つ「なんとなく」とか「見つからない」感(これまでの私とは無縁な感覚)は、先に読んだ長島有さんの本にも通じるかな、などと考えながら、の一気読みでした。

この作品の主人公芽井子ちゃんを宮崎あおいちゃんが演じるのは楽しみです。ロックバンドでヴォーカル&ギターをやらなくてはならないことは間違いないので、今からサントラにも期待・・・

ソラニン

ソラニン (solanine) とは主にジャガイモの表皮や芽、ホオズキなどに含まれるステロイドアルカロイドの一種。神経に作用する毒性を持ち、中毒すると溶血作用を示し、頻脈、頭痛、嘔吐、胃炎、下痢、食欲減退などを起こす。成人の中毒量はおよそ 200–400 ミリグラム、小児の場合はその約10分の1程度と推定されている。低血圧、神経症状の兆しが有れば 24時間の入院観察を要する。 大量に摂取した場合は、昏睡状態に陥り、死亡する場合もある。
特にジャガイモにおいて、必要な対策(含有量の多い小いも・皮部の非食用、日陰の保存)を取らずに調理し、中毒する例が多い。(wikipediaより)

・・・なんですが、「ソラニン」、宮崎あおいちゃんの次回主演映画のタイトルです。
ヤングサンデーに連載されていたのはもう2~3年ほど前のことだそうです。2010年公開予定で、あおいちゃんは歌の練習をしているとか(音楽バンドの話のため)。去年の暮れ、ジョン・レノン・スーパーライブに登場したときは、歌が歌えないのでと、「ラブ」の詞の朗読を披露したあおいちゃんですが、2月の演劇「そして夜明け、嘘。」では、パンク・ロッカーのシドを演じているときにSex Pistolsの「Anarchy in the UK」歌ってましたからね。今度は本格的に歌ってくれれば、サントラでCD化も夢じゃない!?

頑張れあおいちゃん!

(読んでから観るか、観てから読むか・・・)

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお

小学館 2005-12-05
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ソラニン 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお

小学館 2006-05-02
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



闇の子供たち

見ました。タイでの臓器売買と幼児売春をテーマにしたハードなドラマ。おそらくあおいちゃんが出ていなければ観ていなかったかもしれません。
臓器売買と幼児売春の話題が錯綜し、結局は氷山の一角のみが暴かれて終わる終わり方に、この問題の底知れぬ深さを想像するしかありません。そして江口洋介氏演じる不可解な南部役。こちらもまた考えさせられますね。直江兼続こと妻夫木くんも、ちょっと弱々しいカメラマンで登場してます。ま、ねたばれになるといけないので、ご覧になってみてください。

あおいちゃんの役は、NPO活動に燃える優しいけれども一途な女性。体を張って少女を助け出すときには、顔に怪我まで負って頑張っていました。

で、あおいちゃんに関して二つ感じたこと。

一つは、思い返せば、「初雪の恋」では韓国人との恋愛物語。会話が少ない上にハングルが混じっていて字幕が多かった印象ですが、こちらも映画全体の会話の半分ぐらいがタイ語。当然あおいちゃんもタイ語をしゃべります。国際的な映画が多かったのですね。この間も篤姫の撮影をしていたはずですが・・・。純和風との対比でしょうか。

もう一つ。先日TBSで放送されたルワンダのレポート番組もそうでしたが、そうとう暑く日差しの強そうなところでのロケをいとわず、意外に肌もむき出しで日差しを浴びている姿が印象的です。

若いっていいですねぇ。





闇の子供たち

昨日発売になりました。宮崎あおいちゃん出演作、「闇の子供たち」。なにやら暗くて危なさそうな映画ですが、観ます。「少年メリケンサック」の一作前の作品、同じ佐藤浩市さんが出ています。あおいちゃんとしてはBlu-rayに記録された初作品、ということになりますね。

闇の子供たち [Blu-ray]闇の子供たち [Blu-ray]
江口洋介, 宮崎あおい, 妻夫木聡, プラパドン・スワンバン, 阪本順治

ジェネオン エンタテインメント 2009-02-25
売り上げランキング : 874
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そしてこちらは原作本。現在図書館から借りて少し読みました。なかなか厳しい現実世界が描かれています。

闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
梁 石日

幻冬舎 2004-04
売り上げランキング : 2108
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そして夜明け、嘘。(ネタばれなしで)最高でした、本当。

その夜明け、嘘。


予想を超えて最高でした!

2月21日、青山円形劇場、18:00の回。満員の観客の前で繰り広げられたのは、とてもパンクで楽しい夢。F1の席だった私が席に座ると、つま先の5センチ先は円形のステージ。その上を所狭しと演じまくる3人。何度か目の前にあおいちゃんが立つと、膝からあおいちゃんまで20センチ!こんなに近くで観てしまっていいんだろうか、と思ってしまうくらい近い…しかも、彼女だけかすかに香水をつけていて、目の前を通り過ぎるとほんのりわかるんです。

テレビでは決してわからないあおいちゃんの声量。テレビでは観たことのない役柄が見せる表情。どこを切り取っても新鮮で溌剌としていて楽しい!やっぱり輝いてます。
まだこれから残る東京公演、そして横浜、神戸と続きますので、内容についての感想は後日改めて書きますが、普段演劇を観る習慣のない私にとっては、観るもの全てが物珍しくもあり、最初から最後まで、引き込まれきってしまいました。あと3回くらいは続けて観られたら観たかった、というくらい面白かったです。

東京公演最終日にはカメラが入るということで、TBSさんのこと、目玉番組としていつか放送してくれるでしょうから、その日を超期待しながら待つことにします。

ちょっと待って、神様

先日発見したDVD、2004年1月5日からNHKで毎週4話、5週全20話放送された「ちょっと待って、神様」。宮崎あおいちゃんが主演しているのみならず、裕木奈江さんまで出演していることを発見!しかも音楽はいつもお世話になっている小六禮次郎さん。こうした布陣であると、勢い観る方にも力が入ります。

1話15分の番組なので、少しずつ集中して観てますが、とてもいいお話です。まだ2週目を見終わったところですが、毎回笑ったりじんときたり。なにより非現実的な出来事が引き起こすもどかしさが、観る人を番組の世界へ引き込む力はすごいです。

あおいちゃんは相変わらずかわいいですし、久しぶりに演技をする奈江さんもいいなぁと思います。そして音楽。小六先生のちょっと不思議な音楽は番組に独特のリズムと雰囲気を添えていて、番組の雰囲気をしっかり作り出していて素晴らしいです。

今月は「少年メリケンサック」にはじまり、この「ちょっと待って、神様」とあおいちゃんブーム、そして今日はその白眉、「その夜明け、嘘。」でいよいよあおいちゃんの生の演技を楽しんできます!
HOMENEXT≫

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。