スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

沢田聖子さんライブ!(ネタばれなし)

先週の土曜日は沢田聖子さんの今年3度目のライブ。場所は、続はじめの一歩ツアーの初日であった、さいたま市のさいたまヘブンズ・ロック。今回の幸せを探そうツアーも初日です。

会場には、開場の30分ほど前に到着し、既に入場が始まっているところでしたが、男性客95%っていう感じでした。圧倒的に男性に人気があるのですね。

今日は、本日お披露目、というニューアルバム「宝物」をひっさげての凱旋公演。まだこれからライブも続くので、内容のことは書きませんが、とてもとても充実した感じの聖子さんでした。MCも冴え、「さいたまは静か」と聖子さんに言わしめた会場ですが、この日はMCにも乗せられ、いつもよりは盛り上がっていた気がします。

終了後はサイン会、ご挨拶させていただいて会場を後にしました。この日、いらっしゃるとは思っていなかった、仕事で大変お世話になっている方とお目にかかれ、さいたま新都心駅傍で、満席だった公演中ずっと立ちっぱなしで固まった腰をほぐしながら、ベルギービールを一杯飲んで帰った夜でした。しかし、寄る年波、昨日もライブだったせいか、月曜の今日も疲れをちょっとひきずっているような...

元気出さなくては!
スポンサーサイト

2010年09月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

沢田聖子さんバースデー☆ライブ

この間の土曜日はほんとに昼間暖かかったですね~。びっくりするぐらいの気温でしたがそれでも3月13日ですものね。考えてみれば私の誕生日が10月13日。沢田聖子さんとは13日つながりであることに改めて気づきました。

その沢田聖子さんが吉祥寺のスターパインズカフェでバースデー☆ライブをされたのに行ってきました。仕事でお世話になっている方と一緒に行ったのですが、なんと開演時間を1時間間違えていて、開場10分前に着こうと思っていたのが開演10分前に...既に開場は満席立ち見状態で、私たちも1Fの隅に居場所を構えました。開演前にはなぜかThe Eagles。因みに終演後もThe Eaglesの軽快な音楽が会場を満たしていて、The Eagles大ファンな私はそれはそれでワクワクしておりました。

そして始まったライブ。白いゆるいワンピースにジーンズ、ピンクのスカーフの出で立ち。ふわっとしたイメージでにこやかに登場した聖子さん。そしてそれから3時間半ですよ。今日は長丁場でした。素晴らしいライブでしたが、お客さんもそうですが、誰より聖子さんがお疲れだったのでは。私も昨年の山下達郎さんのコンサート以来の3時間超の立ち見で腰が...

今日は当初からオールリクエストであることはアナウンスされていましたが、本当に彼女は会場に来た200人近い(いや、超えていた?)人たちからすべてリクエスト曲を聞いてくれました。流石に全曲演奏するわけにはいかないので、ある程度の固まり単位にリクエスト曲を聞いて、その中から2~3曲選曲するという手法でステージ全編を通したのでした。こうしてファンとの対話を大事にされる聖子さんだからこそ、熱心なファンが多いのでしょうね。

それにしても、200人がリクエストしても、意外にかぶる曲が少ないものです。もちろんはじめの方でリクエストされて演奏されていれば後の人はその曲を避けますから当然な部分はあるのでしょうけれども、本当にいろいろな曲名がみなさんの口から発せられました。中には聖子さんの曲にはない曲名も登場して会場の笑いを誘ってみたり...

演奏はもう、さすがプロ、です。どの曲もアコースティック・ギター1本かグランド・ピアノによる弾き語りでしたが、とても完成度が高く、きっとリクエストを受けてもらえた方々、そして同じ曲をリクエストしたいと思っていた方々、みな満ち足りた思いで聴けたと思います。

バースディライブとしては、むしろプレゼントをもらう側の聖子さん。でも聖子さんはファンの支えに対する感謝の気持ちを歌うことで返したい、ということで今日のようなリクエストライブにされたそうで、そんな思いがすごく伝わる熱いライブでした。みんな、何より元気と笑顔をもらいました。

演奏された曲はなんと36曲。これではむしろファンの方がバースデー・プレゼントをいただいたようなものですね。多分、これから大阪、名古屋とあってもそれぞれリクエスト内容は違うと思いますので、ここでは演奏曲目を掲載しておきます。因みにアンコールは無しです。

走ってください G
ひとり P
青春エピローグ P
星空のメッセージ P
ナンクルナイサ G
せつなさを抱きしめて G
春 G
流れる季節の中で P
そよかぜの中で P
大好きな街、富良野 P
恋心 G
ボヘミアン G
真くんの手紙 P
あなたからF.O. P
シオン P
ポニーテール G
君と歩いた青春 G
にぎやかな悲しみ P
いつか君に P
落葉の部屋 P
乗り越えていけるね P
親愛なる人へ G
息子への伝言 P
ラスト・バケイション G
Don't Forget Forever P
約束 P
卒業 G
時を感じて P
ラスト・オーダー G
白い街 P
あなたへのバースディカード P
人と鳥 P
まっすぐに...愛 P
星より遠い G
誕生 P
In My Heart P

え?私のリクエストですか?私は自分が聖子さんと出会うきっかけとなったシングル雨の日のサンシャインc/w遠い街に憧れての後者をリクエストしました。今日は私を含め3人ぐらいがリクエストしてましたけど、残念ながら聴けませんでした。でもまた別な日に聴くことができればと、楽しみが先延ばしになったと思ってます。

本当に聖子さん、お疲れ様でした。またライブにお邪魔できるのを楽しみにしています。
そして名古屋、大阪と頑張ってください!
下の写真はステージに飾られていた佐田玲子さんとファンの方ほかからのお花です。

            



2010年03月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

沢田聖子さん、ツアー最終日

今日です。いわきです。ちょっと遠くて行けません。
きっと今頃は着いている頃。そして夜はきっと美味しいカツオを召し上がることでしょう。
いわきにお住まいの方、ぜひ!

2月21日(日)
福島県・いわき Bar QUEEN
開場 16:00 開演 16:30
料金 前売り 4500円 当日 5000円
(問)Bar QUEEN 0246-21-4128

2010年02月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

沢田聖子さんLive Tour "続☆はじめの一歩"初日

今日は昼間は少し風は吹いていたものの比較的穏やかでしたが夕方から冷えましたね~。いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は夕方から地元埼玉県、北与野にあるHEAVEV'S ROCK さいたま新都心 VJ-3なるライブハウスに行っておりました。沢田聖子さんのLive Tour "続☆はじめの一歩"初日に参加です。

私は開場の15分くらい前に着いたのですが、ライブハウスの入り口近辺には開場を待つ人たちがたくさん集まっておりました。平均年齢はちょうど私ぐらいでしょうか。ちょっと高め。そして男女比が99:1ぐらいかと思わせるほど男性率が高かったですね。

そうした風景を見守りつつ寒さに震えながら開場の時を迎えました。私はチケットぴあ購入での整理番号19番。6列目のステージ向かって一番右に座りました。この日はチケット完売が早くから伝えられていましたが、会場は超満員。立ち見まで出ていました。聖子さんが度々気を遣って立ち見の方に声をかけていらっしゃったことから、優しいお人柄が忍ばれます。

ツアーでは、これから聖子さんのステージに触れる方も大勢いらっしゃいますので、ここでは内容については触れませんが、とにかく、強く!明るく!前向きに!、世の中の不況も吹き飛ばす完全燃焼系とても元気がもらえるステージでした。そうやって明るく振る舞いながら、きっと彼女も私たちファンから元気をもらって明日へと生きていくのだろうな、と集まった皆さんも感じられたのではないでしょうか。これからツアーで回られる先にお住まいのみなさん、ぜひご覧になってはいかがですか?元気になれますよ!

私事ですが、1983年、当時入り浸っていた池袋の八勝堂という古書屋兼レコード屋で、発売されたばかりのシングル盤「雨の日のサンシャイン」のジャケットと、おまけでついていたジャケット大の写真を見ただけで思わず「ジャケ買い」したら、B面の「遠い街に憧れて」と併せたこの2曲でノックアウトされ、そのまま26年余り。私の中では変わらぬ聖子さんの姿がとてもまぶしく感じられたステージでした。

下の写真は、今日お願いして一緒に撮っていただいた大事な記念のツーショット。うっかりカメラの設定をISO自動にしていたため、画像が荒くなってしまいました(しまった...すみません聖子さん)。楽屋の壁の落書きはトリミングしています(聖子さんには掲載ご了解いただきました)。

沢田聖子さんと

聖子さん、本当にお疲れ様でした。そして素敵なライブありがとうございました!

(ツアー・スケジュールを聖子さんのオフィシャルブログ「In My Heartな旅日記」より転載しました。変更の可能性もありますので、必ず聖子さんのブログでご確認ください。)

日時 : 1月22日(金)
会場 : 神戸チキンジョージ
時間 : OPEN 18:30
   START 19:30
チケット発売中♪
ぴあ Pコード 340-841
ローソンLコード 52449
(問) チキンジョージ
078-332-0146


日時 : 1月23日(土)
会場 :奈良ビバリーヒルズ
時間 : OPEN 17:20
   START 18:00
チケット発売中♪
ローソンLコード 53101
(問) ビバリーヒルズ
0742-26-7444


日時 : 1月30日(土)
会場 : 広島・楽座
時間 : OPEN 17:30
   START 18:00
チケット発売中♪
(問) 楽座
082-246-1019


日時 : 1月31日(日)
会場 : 岡山 MO:GLA
時間 : OPEN 17:30
   START 18:00
チケット発売中♪
ぎんざや
e+
(問) 086-235-3277


日時 : 2月5日(金)
会場 : 横浜サムズアップ
時間 : OPEN 18:30
   START 19:30
チケット発売中♪
ローソンLコード 76034
(問) サムズアップ
045-314-8705

※チケット料金は
前売り ¥5000 当日 ¥5500
(共に税込/飲食代別/全自由)

日時 : 2月21日(日)
会場 : いわき Bar QUEEN
時間 : OPEN 16:00
   START 16:30
チケット発売中♪
(問) Bar QUEEN
0246-21-4128
料金 : 前売り¥4500
   当日 ¥5000
(共に税込/飲食代別/全自由)



2010年01月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

1月10日は沢田聖子さんライブ

久しぶりに沢田聖子さんのライブにお邪魔することに。いろいろあるようですが、頑張っている姿を応援せねば。

しかし、普段東京のライブにばかり行っているところ、なんと今回は地元埼玉県。しかも我が戸田公園から北与野まで埼京線で一本で移動した先に当日のライブ会場はあるようです。ここなら遅くなっても平気!っていうところですが、こんな機会も滅多にないので、当日は思い切り聖子さんの音楽に浸ってきたいと思います。

2009年11月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

海からの贈り物

長いこと廃盤になっている沢田聖子さんの「海からの贈り物」を、とあるお店で発見。もちろん中古ではありますが、即入手。聴いています。

今から16年前の録音、彼女もまだ30代前半。伸びやかな高音が印象的です。曲調も全体的にのびのびとしていて、以前から未だ持っていないCDの中では一番ジャケットが好きだったこの作品、予想どおりの素敵な作品でした。

その彼女が今日のブログでも触れていますが、加藤和彦さんが自殺という形でお亡くなりになってしまいましたね。加藤さんにはたくさんの名曲がありますが、私は奥さんだった安井かずみさんとの作詞作曲作品に好きな曲が何曲かありました。そして沢田聖子さんの一番のヒット曲である「卒業」、そして次のシングル「あなたへのバースディカード」も加藤さんの曲だったのでした。

心よりご冥福をお祈りいたします。
2009年10月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

沢田聖子さん、事務所を離れたんですね・・・独立って・・・

なんだかすごくびっくりしました。一昨日のライブで発表されたそうで、昨日付のブログでも書かれています。

「私、沢田聖子は一身上の都合により所属事務所SMCを離れこの度、独立いたしました。」

「死ぬまで成長していたい。」

これらの言葉が意味することをあれこれ考えながら、私の大好きな「青春の光と影」を聴いています。



2009年09月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

沢田聖子さん、伊勢正三さん、イルカさん

イルカ with Friends Vol.5 山梨公演 プレオーダーのお知らせ
──────────────────────────────────────
e+のダイレクトメールで、こんなライブの連絡が。沢田聖子さん、当時イルカの妹分でデビューしましたが、今ではイルカのお子さんと共演ですね。伊勢正三さんも登場されるという、なかなか豪華なライブで、行ける方が羨ましいです。

公演名   :イルカ with Friends
公演日・会場:7/19(日) 河口湖ステラシアター 大ホール
出演    :イルカさん(IUCN国際自然保護連合親善大使)
案内役:江原啓之
ゲスト:なごみーず(伊勢正三さん・太田裕美さん・大野真澄さん)/沢田聖子さん/神部冬馬さん
2009年04月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

今日は聖子さん's Birthday

どうにも忙しい一週間が終わりました・・・

去年バースデイ・ライブに伺ってから、早1年。また一つ年齢を重ねられました。おめでとうございます。私と同じ人生の長さを歩みながら、ずっと音楽を続けていられるのはとても素敵です。
私も何か残そう(私のため以外の何ものでもないとは思いますが)と、今自作の音楽にチャレンジしております。やっぱり音楽は最高です!

沢田聖子さんへ
2009年03月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん

沢田聖子さん、Birthday Live at 晴れたら空に豆まいて

沢田聖子 Birthday Live

さてさて、一昨日行ってきました沢田聖子さんのBirthday Liveのレポートです。
場所は代官山。普段行ったことのない町、やはり全く土地勘もなく、ブティックらしきものばかりが立ち並ぶ異国の町のようなところで、プリントアウトした地図があってすら満足に到達できず、後でわかったのですが相当遠回りをしてお店に到着しました。

晴れたら空に豆まいて。店名は随分前から知っていましたが、お邪魔するのは初めて。あか抜けたモダンなお店を想像していましたが、実はわりと庶民的、というよりいかにもライブハウスという感じで、座ると揺らぐ小さな椅子とか部屋の壁の和風な佇まいが妙にほっとさせる空間となっておりました。

席はおそらく100席強でしょう。この日は満席状態で(チケットは早々にSOLD OUTでしたから当然ですが)、しかも観客の95%は男性だったでしょう。後のライブのM.C.でも聖子さん自身がおっしゃってましたが、沢田聖子ファンには女性が極端に少ない!らしく、それを見事に反映した客層でした。しかも平均年齢とすれば、ま、私は上でしょうけど、恐らく僅差かな、と。それだけ長年のファンがおられるのだなぁ、と途中抜けていた私などはやや肩身の狭い思いです。

お誕生日らしく、ピンクのふわふわしたドレスに身を包んで登場された聖子さん、最初はご挨拶とギター、坪井寛さんの紹介。彼はあみんのライブでギターを弾かれていましたし、昨年は長渕剛さんのライブにも前半参加していた凄腕です。私もファンです。
聖子さんも最初はギターを持ち、次の2曲を続けて演奏(念のため曲名の後に収録アルバム、発表年、そしてその曲を弾いているときの楽器を示しておきます)。

1.親愛なる人へ(「祈り」~2001)g
2.星より遠い(「心は元気ですか」~2003)g

ここはいきなり私の大好きな歌からスタートで、大きく盛り上がりました。南こうせつさんも絶賛しているというこの曲は、村下孝蔵さんの追悼歌として聖子さんが創った曲ですが、このBirthdayをもって聖子さんも村下さんと同い年になったのだそうです。ひとしきりその感慨についてなどのM.C.の後、今度はピアノに向かって次の2曲。

3.まっすぐに・・・愛(「TOO TOO」~1986)p
4.夢を忘れない(「Folk Songs」~1995)p

とても素敵なバラードで、やはり長年のイメージは聖子さんはピアニストなので、スタイルとしてはこちらの方がしっくりします。坪井さんが7月1日お誕生日という話から、40代と30代の違いについてのお話。
そして再び、聖子さんギターを持ち、坪井さんは三線で、1曲、続く「ナチュラル」は元気なリズムに会場からも力強い手拍子が。

5.ナンクルナイサ(「心は元気ですか」~2003)g
6/ナチュラル(シングルA面~1986)g

ここで哲学論争?が聖子さんと坪井さんとの間に勃発、元気になれるライブは過ぎた、考えるライブをという提言とイルカの息子さん、冬馬くんがデビューするお話を聞かせていただきました。

7/See You Again(「See You Again」~1990)p
8.卒業(「卒業」~1982)pianica

「卒業」を演奏されたのは久しぶりだそうです。この曲を歌っていると、ちょうど時期の重なった短大(和洋女子短大でしたっけ?)卒業の頃を思い出すのだそうです。
そして、次の曲の前振りで佐田玲子さんとのTHE 4/9富良野ライブの思い出に続き、素敵なバラードを今日は沢田聖子さんソロバージョンで。

9.道(シングルA面~2008)

そしてライブも大詰めに近づくと共に代表曲がどんどん繰り出されてきます。さすがまもなくデビュー30周年ですね。

10.シオン(「坂道の少女」~1980)
11.おやすみララバイ(「心は元気ですか」~2003)g

今日は坪井さんもよく喋ってくださり、嬉しい限り。お二方のリハと本番の難しさについてのお話から、次の曲は久しぶりに演奏されるということで緊張する、でも私たちはプロだから、の一言が格好良かったです。

12.一緒に暮らそー!(「祈り」~2001)p
13.笑顔が好きだから(「Folk Songs」~1995)g
14.ボヘミアン(「流れる季節の中で」~1983)g

そしてラストは、私が恐らく25年くらい前、日本青年館で聞いて感動して以来、まさか今日演奏してくださるとは思っていなかった曲で、もう私は大感激です。当時は相当緊張したとおっしゃってましたが、今日はもう堂々とした演奏でした。大好きな曲です。

15.涙はつばさに(シングルB面~1982)p

(アンコール)

そしてアンコール、登場されるとバースディケーキのお祝いで、お客さんみなさんで合唱。因みにこの曲は聖子さん歌ってません。

16.Happy Birthday To You(観客)

彼女のブログ用にケータイでケーキの撮影をした後(没になったようですが)、立て続けに元気な2曲をギターで披露。会場はとても盛り上がっておりました。

17.ありがとうの唄(「すべてに、ありがとう」~2007)g
18.友達(「(「See You Again」~1990)g

最後の一曲は、しっとりとしたピアノ弾き語りで。この曲も20年以上前に書かれた曲ですが、彼女が書く曲は今も一貫して変わらないので、いつも「現在」形で聴こえてくるのがすごいなぁ、と思いました。

19.小さな船(「夢のかたち」~1985)p

終了後にはサイン会があって、たまたま自分が座っていた横にあったテーブルがサイン会場になったため、並び順が一番になった私は、あらかじめ会場で手に入れていた「すべてに、ありがとう」の中ジャケにサインをしていただきました。今回ははじめて2バージョンあるうちの、似顔絵つきサインをいただけて嬉しかったのでした。

帰り道はすんなり代官山駅に到達。ライブを通して一貫して笑顔で元気な聖子さんから、随分元気をもらったような気分で家路についたのでした。

沢田聖子チケット

2008年03月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 沢田聖子さん
HOMENEXT≫

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。