スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Ommadawn Deluxe Edition Disc 1 Part 1 (ネタばれあり)

ここのところ金曜日の大きな会議へ向けてちょっと忙しかったり、iPhone4をどうやって手に入れようかと気をもんだりしていたせいで、すっかりブログの更新を怠ってしまいました。いつもいらしてくださる方には申し訳ございません。

今週、音楽的に大きな出来事としては、Mike OldfieldOmmadawnとHergest RidgeのそれぞれDeluxe Editionが到着したこと。これはほんとに楽しみでした。

そこで、先ずは慣れ親み度の高いOmmadawnから、これまでの盤との違いを中心に解き明かしてみたいと思います。ねたばれありですので、この耳で最初に確かめたい!と思っておられる方はお気を付けください。

スタートから驚くのはそのクリアな音場感です。特に出だしはくぐもった感じで、それはそれとしてイギリスの田園の上に広がるどんよりとした空を思い出させて良かったのですが、こちらは空気が凛と澄んだ感じです。もちろん曲調から、すっきり晴れた風になるところまではいっていません。

そして0'55"頃からこれまで埋もれていたエレキギターのフレーズが聴こえ、アコースティックギターの煌めきも増していきます。確かめたわけではありませんが、やはりもともと落ちていた出だしのピッチが若干上げられたかもしれません。

これまでややくすんでいた3'15"頃のギターも前面に登場。そして4'25"からが今回の2010Remixの一番衝撃の大きい箇所のひとつではないでしょうか。これまでほとんど聴こえていなかったスネアとハイハットが左チャンネルにくっきりと入っていてこれはびっくりします。曲の雰囲気もガラッと変わってしまう感じで、やや唐突感すら覚えます。改めて旧盤を聴いてみると、確かに後ろの方で鳴って入るのですが気付きませんでした。

そして私の一番好きな個所の一つ、6'20''あたりの明るい堂々とした盛り上がりの部分はやはり聴いたことがないギターのフレーズに見事に分離した楽器の音が圧巻です。そしてリコーダーソロを囲むアコースティック・ギターがこれまたクリアになっていて、すぐに続くタンバリンが左右に煌びやかに分かれて鳴る様は爽やかそのもの!しかも音的にかなり豪華な印象になりました。

あの呪文のようなフレーズが最初に唱えられる直前、素晴らしいギターソロ終わりの部分はやはりオーバーダブされたギターが重なり、さらに12'00''の場面展開ではコーラスとシンセサイザーが増幅され区切りが強調されています。

エンディングにつながるリズムセクションに入ると、14'00''付近ではマンドリンのカッティングが30秒ほど聴かれます。そして15'50''からのトランペット。これもかなり強調されました。さらにバッキングの楽器全体が前面に出て、むしろ魂むき出しのギターソロが音場の後ろに下がったと言うべきでしょうか。ここはこれまでと逆にう~ん、と思わせるところです。

そしてギターが弾ききった後のリズムだけになってからのフェイドアウトはやや早めです。タイムが18秒ほど短いのはイントロのピッチを上げた(ように感じるのですがどうでしょう)ことと、エンディングを短めにしてすっきりさせたことによるのでは、と思います。

と、これほど様変わりした音に生まれ変わったOmmadawn。Remixには賛否いろいろご意見はあるとは思いますが、ファンとしてはまた一つの楽しみとして私は前向きにとらえています。

さて、次はまたいつか、Part 2を取り上げます。こちらは既に聴いたところ、Mikeの朗読のような歌唱が聴けるOn Horsebackに重大な変化が!

お楽しみに。
スポンサーサイト

それはないでしょ~、Mikeさん

Mike Oldfield氏のTubular Bellsが様々なパックで蘇るニュースは先日お伝えしたとおりです。

しかもMikeさん、こんな特設サイトまで創っての力の入れよう。

ところが!

なんと「Tubular Bells Ultimate Edition signed by Mike Oldfield - Sold Out」ですって!

そんなの知りませんでしたよ。チェックしたのが5日ほど遅れたばかりに、Mikeさんのサインを貰いそびれました・・・

もう何枚も持っているアルバムだけに、このサインがあるのとないのとでは購買意欲に大きな差が出ます。間に合っていたら購入していたのに~。残念すぎでしばらく立ち直れません。

Mike Oldfield Tubular Bells 再び・・・

今年はビッグな商品の発売が多いです。全てを手に入れることはできないので、最初にニュースを聞いたときには欲しいと思っても、次のニュースを聞くと諦める、みたいなことが続いている気がします。

Mike Oldfield氏の'73年の名盤「Tubular Bells」がマーキュリーより様々な形でリリースされます。6月8日予定です。

目玉は、

既にMike自身がリマスター
4種類の異なるパッケージ形式と2種類のデジタルデータ販売
全てのバージョンは2009年の新ステレオミックス
The DELUXE EDITIONは500セット限定、番号入り、マイクのサイン入り!

そして、発売を記念して、6月6日の6時6分(午後)には、世界中でベルがなるそうで、その中に日本の成田山が入っています。

全貌はこちら。全てを揃えるには結局どうすればいいのかはよく分析しなければなりません。うぅむ。

TUBULAR BELLS / THE MIKE OLDFIELD COLLECTION
DISC ONE:
TUBULAR BELLS PART ONE (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
TUBULAR BELLS PART TWO (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
MIKE OLDFIELD’S SINGLE
SAILOR’S HORNPIPE (Vivian Stanshall version)

DISC TWO: THE MIKE OLDFIELD COLLECTION 1974-1983
In Dulci Jubilo
Ommadawn (excerpt)
Portsmouth
William Tell Overture
Incantations Part Four (excerpt)
Guilty (long version)
Blue Peter
Five Miles Out
Taurus II (excerpt)
Wonderful Land
Family Man
Shadow on the Wall
Moonlight Shadow
Foreign Affair


TUBULAR BELLS DELUXE EDITION 2CD and 1DVD

DISC ONE CD

TUBULAR BELLS PART ONE (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
TUBULAR BELLS PART TWO (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
MIKE OLDFIELD’S SINGLE
SAILOR’S HORNPIPE (Vivian Stanshall version)

DISC TWO CD

TUBULAR BELLS PART ONE (original stereo mix May 1973)
TUBULAR BELLS PART TWO (original stereo mix May 1973)

DVD
AUDIO:
TUBULAR BELLS PART ONE (5.1 Surround mix by Mike Oldfield Bahamas 2009)
TUBULAR BELLS PART TWO (5.1 Surround Mix by Mike Oldfield Bahamas 2009)
MIKE OLDFIELD’S SINGLE (5.1 Surround Mix by Mike Oldfield Bahamas 2009)

VISUAL:
BBC TV 2ND HOUSE - 3RD DECEMBER 1973

TUBULAR BELLS THE ULTIMATE EDITION

Complete with 60-page hardback book, plectrums, poster, facsimile of Manor Studios recording brochure, gig ticket, postcard, recording information

DISC ONE CD

TUBULAR BELLS PART ONE (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
TUBULAR BELLS PART TWO (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
MIKE OLDFIELD’S SINGLE
SAILOR’S HORNPIPE (Vivian Stanshall version)

DISC TWO CD

TUBULAR BELLS PART ONE (original stereo mix May 1973)
TUBULAR BELLS PART TWO (original stereo mix May 1973)

DVD
AUDIO

TUBULAR BELLS PART ONE (5.1 Surround mix by Mike Oldfield Bahamas 2009)
TUBULAR BELLS PART TWO (5.1 Surround Mix by Mike Oldfield Bahamas 2009)
MIKE OLDFIELD’S SINGLE (5.1 Surround Mix by Mike Oldfield Bahamas 2009)

VISUAL
BBC TV 2ND HOUSE - 3RD DECEMBER 1973

VINYL
TUBULAR BELLS PART ONE (original stereo mix May 1973)
TUBULAR BELLS PART TWO (original stereo mix May 1973)

BONUS CD
TUBULAR BELLS (1971 demos)
TUBULAR BELLS (Scrapped first mix Spring 1973)

TUBULAR BELLS VINYL EDITION
This will be part of the Back to Black series. Download will be available from Back To Black site

TUBULAR BELLS PART ONE (original stereo mix May 1973)
TUBULAR BELLS PART TWO (original stereo mix May 1973)


TUBULAR BELLS DIGITAL EDITION

TUBULAR BELLS PART ONE (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
TUBULAR BELLS PART TWO (new stereo mix by Mike Oldfield, Bahamas, March 2009)
MIKE OLDFIELD’S SINGLE
SAILOR’S HORNPIPE (Vivian Stanshall version)

TUBULAR BELLS PART ONE (original stereo mix May 1973)
TUBULAR BELLS PART TWO (original stereo mix May 1973)
TUBULAR BELLS (1971 demos)
TUBULAR BELLS (Scrapped first mix Spring 1973)

「Instruction for Angels」 David Bedford

Mike Oldfieldの師、David Bedfordの5作目になる1977年作「Instruction for Angels」。タイトル曲でMikeのギターが炸裂していて素晴らしいです。Davidの奏でる広がりのあるChurch Organをバックに、朗々とMikeの恐らく愛用SGと思われるあの音が溢れる様は、この頃の彼らの音楽的充実振りをうかがい知るにはいい題材になると思います。

このアルバム、路線は前作「The Odyssey」とほぼ同じで、Davidの分厚いキーボードのつづれ織りが綿々と続く(ミニマム的ではなく、むしろメロディアスです)好盤で、巷ではSaturday Night Feverが一斉を風靡していた時代とはとても思えない音作りです。

Saturday Night FeverのThe Bee Geesも好きですが、やはりこちらは奥が深いです。

Instructions for AngelsInstructions for Angels
David Bedford

Virgin 1997-06-01
売り上げランキング : 50532

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


On Horseback

間奏部分をコピーして、やっと(荒削りながらも)弾けるようになりました~!7capoで、GとEmとDとCとAmぐらいの押さえ方しかでてこないシンプルさ。

って、わかる方いらっしゃいますぅ?

ビールよりも雷よりも、とにかく馬の背に乗っているのが好きな人(Mike Oldfield自身?)の歌で、名作「Ommadawn」のPart2ラストに収録されている、本当に素朴で牧歌的な曲です。こんな曲を弾き語ろうなんていう人はそうそういないのでしょうけれども、ギターの比較的初心者でも聞き取れさえすればなんとかマスターできて、ただ自分で弾いているのを聴いているだけでも気持ちよくなれる曲です。

やっぱり私にとってMikeは、この30年変わることなく、この頃が一番良かったと思えます。

Mike Oldfieldの「Music of the Speres」はiTunesで

HMVで注文していたMike Oldfieldの新譜「Music of the Spheres(天空の音楽)」、発売延期を重ね、国内盤ももう発売されているというのに届かなかったのでキャンセルしてしまいました。

そしてたまたまiTUNES Storeで検索してみたところ、これはびっくり!

Music of the Spheres & Live at Bilbao
(Bonus Video Version)


なるものを発見。

これ、正規のアルバム収録曲14曲の他に、スペインのビルバオで開かれたプレミアム・ライブでの全曲演奏がついて、さらにMike Oldfieldと今回のアルバムでのオーケストラ指揮を担当したKerl Jenkinsのビデオインタビューがおまけについて、ブックレットもPDFで提供されるという驚くべきデジタル商品。で、価格は2400円。CD1枚ものの国内盤より廉価です。

今回はオーケストラを全面的に起用したクラシック(というより映画音楽?)アルバムと言ってもいいような作品なので、オーディオでいい音で聴きたい、という欲求ももちろんありますが、それよりもここまでおまけを充実させてくれるなら、まずはこちらがお買い得でしょう。

アルバムの出来は、近来のやや力を抜いたような作品に比べると、叙情的なメロディが多くを占め、「らしさ」の感じられるアルバムになっています。とはいえ、華麗にオーケストレーションされた楽曲は、Kerl Jenkins色溢れ、Mikeの奏でるクラシック・ギターと共にアルバムのカラーとなっています。
ところどころに「Tubular Bells」っぽいメロディが顔を出すのも、彼のルーツにいかにあの作品が根をおろしているか、の証拠でしょう。

Bilbaoでライブをやることは、今月号(プロコル・ハルムが特集されてます)のStrange Daysに掲載された彼のインタビューで知っておりましたが、実際既に終了し、こうして正規音源として販売されていることは今日まで知りませんでした。やはりこの社会、音楽の世界でも情報戦、相当のファンを自認していてすら知らずに通り過ごしてしまう音源など、かなりあるのだろうなぁ、と思いました。

こうした情報をどこかでしっかり集約して、提供するようなシステムってまだないですよね。世界中の音楽のディストリビュータがそうしたデータベースを提供してくれると、きっとファンの好きさの程度に応じて必要な盤なりデータが購入できていいですね。アーティスト側でもこのような販売方法がもっと周知されれば、いろいろな取組をしていけると思います。

01 HARBINGER (04.08)
Written by Mike Oldfield
02 ANIMUS (03.09)
Written By Mike Oldfield
03 SILHOUETTE (03.19)
Written By Mike Oldfield
04 SHABDA (03.56)
Written By Mike Oldfield
05 THE TEMPEST (05.48)
Written By Mike Oldfield
06 HARBINGER REPRISE (01.30)
Written By Mike Oldfield
07 ON MY HEART (02.26)
Written By Mike Oldfield
08 AURORA (03.42)
Written By Mike Oldfield
09 PROPHECY (02.54)
Written By Mike Oldfield
10 ON MY HEART REPRISE (01.16)
Written By Mike Oldfield
11 HARMONIA MUNDI (03.46)
Written By Mike Oldfield
12 THE OTHER SIDE (01.28)
Written By Mike Oldfield
13 EMPYREAN (01.37)
Written By Mike Oldfi eld
14 MUSICA UNIVERSALIS (06.22)
Written By Mike Oldfield

Mike Oldfield、Tubular Bellsのデモ!?

iPod Touchで歌詞が表示できるようになった、という記事を読んで、早速何か購入して、試してみようとTUNESを検索していたら、全くそれとは関係なく、Mike Oldfieldのズバリ「Mike Oldfield」という「アルバム」を発見し、即買いしてしまいました。(だってインスト・アルバムですから)

なんと、どう聴いてもあの「Tubular Bells」のアーリー・テイクっぽいんです。アレンジと構成はほぼ完成版と変わりませんが、ギターソロなど異なる箇所もあり、音の厚みや磨きがまだまだの原石のような演奏が展開しています。まだ聴いたことがなかった私のようなファンにとってはこたえられない代物です。しかも何故かフルアルバム、2曲47分48秒で600円!破格の値段に加え、音質がいいiTUNES Plusで配信されておりました。iTUNESのことですから、まさか海賊盤のようなものは配信していないでしょうけど、いやはや、これには驚きました。

正規でこういのがガンガン手に入るなら、私もCDを購入する一方で、もっと配信も利用すると思うのですが…

Mike Oldfieldの新譜はオーケストラ作品!?

忙しい一週間が終わりました~~~。最後の締めに本日大きな山。疲労しました。

さてさて、今日は先日ご案内したMike Oldfieldのニューアルバム、『Music Of The Spheres』について追加情報です。

ユニバーサルのサイトの情報によると、どうもオーケストラを駆使した作品のよう。彼はエレクトリック・ギターを使用せず、クラシック・ギターに徹しているらしく、オーケストラ・アレンジはThe Soft MachineやAdiemusで活躍中のKerl Jenkinsで、シベリウスやホルスト、あるいはフィリップ・グラス等を髣髴とさせる作品に仕上がっているようです。イントロは『Tublar Bells』を思わせるピアノでスタート?

いつも彼のばりばりのエレクトリック・ギター・サウンドに期待している私としては残念な面もありますが、そこは彼のこと、期待を裏切らない作品を届けてくれると信じて発売日を待ちたいと思います。

Mike Oldfieldが新作発表!

もうニュースとしては大分遅いようですが、今年の11月12日、Mike Oldfieldの新作、『Music Of The Spheres』が発売となります。オフィシャルサイトに掲載されているトラックリストは次のとおり。

Part 1
1. Harbinger - 04.08
2. Animus - 03.09
3. Silhouette - 3.19
4. Shabda - 4.00
5. The Tempest - 5.48
6. Harbinger (reprise) - 1.30
7. On My Heart - 2.27 Featuring Hayley Westenra

Part 2
8. Aurora - 03.42
9. Prophecy - 02.54
10. On My Heart (reprise) - 01.16
11. Harmonia Mundi - 03.46
12. The Other Side - 01.28
13. Empyrean - 01.37
14. Musica Universalis - 06.24

Total running time: 45.30

45分というのもちょっと短い気がしますが、大事なのは中身ですからね。このアルバム、CDの他、USBメモリでも発売されるそう。世界初でしょうか。
気になる音の情報はまだなし。ユニバーサルのサイトに英語で記事が載っているようなのですが、今晩は疲れていて読めませぬ。余力のあるかたはぜひ。

想い出のサイン帳~David Bedford

今年もう69歳になるデビッド・ベッドフォード、この名前にピンとくる方はなかなかのブリティッシュ・プログレ通でしょう。マイク・オールドフィールドの師匠であり、ケヴィン・エアーズ率いるホールワールドでキーボードを務めたり、キャメルの「スノーグース」(白雁)でオー消すトレーションを手掛けたり、とプログレ界では幅広い人脈に裏打ちされた活躍ぶりを見せていました。

ただ、彼本来の姿は現代音楽の歴としたコンポーザーで、現代音楽とカテゴライズされるクラシックのジャンルで数多くのアルバムを発表しています。その中で、ロック寄りのものは非常に完成度の高い素晴らしい作品で、特に75年に発表された「Rhyme of the Ancient Mariner」とその翌年の「The Odyssey」は普及の名作であり、私の長年の愛聴盤でもあります。どちらも彼が自由自在に操るキーボード群で分厚く構築されたメロディアスなうねりに、マイクの時には叙情的な、時には鮮烈なギターが色づけする、といった構成でできているのですが、このマイクのギターが絶品ですね。特に「The Odyssey」に収録されている「Phaeacian Games」。私が孤島へたった一つだけギターフレーズを持って行けと言われたら、迷うことなくこの曲のフレーズを持って行く、と言えるくらい好きなマイクの上昇下降フレーズ炸裂の曲です。

その現代音楽の巨匠、デビッド・ベッドフォードにお目にかかるチャンスは今から4年前の2002年、ロンドンで訪れました。当時私の所属する組織と姉妹関係にある組織の会長をしていた彼とロンドンの会議で出会えることは予め予想できていたので、スーツのポケットに「Rhyme of the Ancient Mariner」のジャケットを忍ばせて仕事をしていたのでした。そして休憩時間にチャンスは訪れ、快くしていただいたのが以下のサインです。先日のスペインのバンドCanariosのメンバーのサインについで、彼のサインをもらったことがある日本人としてはかなりレアではないかと思ってる宝物です。

David Bedford

HOMENEXT≫

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。