スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Sence of Wonderのライブへ行ってきました!

12月11日(土)、高田馬場ESP学園地下にあるホール(実際は教室としてPAや照明を学ぶために使われるスペースだそうです)で行われた、難波弘之さん率いるSence of Wonderのライブへ言ってきました。

会場は150人ぐらい入れるでしょうか。満席で、しかもこの日は来年30周年を迎えるに当たり発売されるBlu-ray Discの収録あり、ということで、歴史的な場にいられて良かった!と前から5列目のベース松本慎二さんの真っ正面に座って思いました。

ステージ上は、難波さんが左にキーボードの城を、右にそうる透さんがドラムの城をそれぞれ築く中、松本さんだけがシンプルにマイク一本、背後にベーススタンドがあるだけ、という構成です。

残念ながら私自身はSence of WonderのアルバムをまだEarth Sideしか持っておらず、その中から2曲演奏されたこと、それから達郎さんも歌っている「夏への扉」、ELPばりのロック版くるみ割り人形ぐらいしか聞き分けられなかったのですが、演奏自体はものすごくすごかったです!U.K.を思わせるような変拍子多量。非常にパワフルなサウンドに圧倒されました。久々にプログレ!という空気を体中で感じられて素晴らしい快感。

個人的には松本さんがRickenbackerの4001の系列(フレット・ポジションがドットでした)と思われるベースを数曲で弾かれていたのが印象的でした(他はFender のJazz Bass)。ファイアグロー、つまり赤のサンバーストなんですが、かっこいぃものです、やはりRickenbackerのBassは。後でお話を伺ったところ、Sence of Wonder以外ではお使いにならないこと、前回のツアーは全曲Rickenだったと教えてくださいました。Rickenbackerファンの方なら満足間違いなしのパワープレイでした。

ライブ終了後は、CD販売の場にお3方ともいらしてくださり、快くサインに応じてくださいました。ほんとうにファンサービスあふれるみなさんです。

写真はライブ終了後の余韻の中で。

難波さんのキーボードのお城

そうる透さんのパーカッションのお城

松本慎二さんのRickenbacker


そして、早くも来年の30周年を記念してのライブの告知が!

2011年05月06日(金) 名古屋ell.FITSALL
2011年05月07日(土) 京都Live Spot RAG
 以上二日間のゲストは田辺モットさん。

2011年05月21日(土) 下北沢GARDEN
 ゲストは小室和幸さん、根岸孝旨さん。

特に京都、名古屋の皆さまにはは今からGWの予定に入れておいていただきたいという難波さんからの強いお願いがありましたよ。

スポンサーサイト

いきものがかり初体験

昨日は、自宅から比較的近距離にあるさいたまスーパーアリーナへ、いきものがかりのコンサートを観に行ってきました。会場に到達するまで、年齢的に浮いているんじゃないかと心配しましたが、子供連れの親から祖母と来ている孫みたいな組み合わせまで、行き交う中ですっかり安心に。

会場はほんと広いです。初めて中へ入りましたが、さすが、18,000人だそうです。びっくりするような空間が人でいっぱいでした。私はEブロックという、アリーナでは一番後ろのブロックでしたが、それでもその2列目だったせいか、意外とステージは近くに思えました。

そしていよいよライブ開始。まだツアーは名古屋三日残していますので、ねたばれは避けますが、大いに楽しめました。初めて見る振りはできませんでしたが、飛ぶときはJump!と丁寧に正面の巨大なスクリーンに映し出されますし、腕の振りも、そして定番のタオルの振り回しもちゃんとできました。確かに楽しい!ライブでした。

やはり全編聖恵ちゃんのヴォーカルが光ってました。ここまで声を出して後が続くのか、と思えるくらい頑張っていて、さすが、若いっていいな、と感心。もちろんリーダーの水野くんとホッチこと山下くんも、それぞれギターやブルースハープでいい演奏をしてました。

ただ、さすが、まだ若い、というか、路上ライブからアリーナツアーへの駆けあがり方が早かったのか、観客との間、というか呼吸があと一息っていう感じでしょうか。曲を演奏しているとき、曲に入る前のMCが始まってからは一気に勢いでいけるのですが、曲が終了した瞬間の間がつながってないな、という感じでした。もともと日本人はコンサート中とか控えめですし、初めてのお客さんも多かったでしょうから、要領がわかっていない、ということもあるのでしょうけど。

あと、もうひとつ気になったのが、アンコール前に一度ステージを降りたとき。拍手がまばらで、大きなうねりにならないのです。みんな2時間半以上元気に応援したので疲れているというのもあるのでしょうけど、お客さんも若いわけですし、まだまだいけるはずなのに、拍手をするより、みな座って同行者らとおしゃべりをしている人が大多数。なんだかアンコールが、ただの形式みたいな形で、「必ずあるもの」という空気すら感じてしまってちょっとどうかな、と。最近の若者が行くコンサートってこうなんでしょうか。

きっとビッグなアーティストは、曲間のお客さんの気持ちも引っ張ってこそなのではないかと思います。それができてこそライブが最高のエンターテインメントになるような気がします。これからの彼らの成長ぶりに期待です。

トイレの神様

今日初めてテレビでこの歌を聴きました。話としては耳に入っていましたが、これまで曲を聴いたことがありませんでした。 植村花菜さんは、Gibsonのアコギ一本でステージに立ち、簡単な三拍子の3フィンガーで歌ってます。それでも、この、ストレートに日常会話を歌にしたような歌詞とおばあちゃんへの想いは、最近の歌になかった、古く懐かしい温もりがありますね。とても良かったです。

You Tubeでプロモーションビデオも見ました。合わせて弾いていれば、すぐにギターも弾けるようになりました。弾いて、一緒に歌っているうちに、涙が出てきました。自分も、子供のころ、本当にたくさん遊んでくれた田舎の母方の祖母が、自分が大学生から社会人になって疎遠になってしまい、それでも97歳のとき、20年ぶりぐらいで会って、祖母はぼくのことを覚えていてくれて、ぼくはぼくで、ベッドに寝たきりででうんと小さくなってしまった祖母が痛々しくて、悲しい思いにかられて帰ったのでした。それから数カ月して、祖母は静かに眠りについたのです。

20年も会わなかったのに、そのとき会いに行くことになって、ちゃんとお互いの目にお互いを焼き付けることができたことは、今でも本当に良かったと思ってます。そんな経験をしている人は意外に多いのかもしれません。祖父母というのは、多くの人にとってかけがえのない人なんですよね。

しみじみとした音楽が、今の若い人によって歌われ、さらにもっと若い人たちに聴かれるのは嬉しいことです。ところで、この歌を歌っている植村花菜さん、池袋にあるクロサワ楽器系の楽器店G-Club池袋店にご自身のギターの調整のため来店されたそうです。自分もこのお店にお世話になってまして、なんだか急に身近に感じられたりしました。 植村花菜さんには、もっともっと活躍してもらいたいと思います。

まもなくいきものがかりのコンサートです

今度の土曜日、いきものがかりのコンサートです!

無料の会員登録をして応募できるサイトから申し込んだところ、さいたまスーパーアリーナのチケットが当たりました。席はアリーナ席のかなり末席に近い方ですが、年齢的にはちょっと浮きそうな気もするのでちょうどいいかと。

それにしてもアリーナツアーというのは久しぶりです。かつてはGeorge Harrison、Paul Simon、Dream Comes Trueなど行きましたが、ここのところはほんとご無沙汰。しかもさいたまスーパーアリーナは初体験です。

ネットの情報等読んでいると、いきものがかりのコンサートは盛り上がるようですね。そしてタオルが必需品であると。久々のミリオンセラーCDとなったらしい、ベストアルバム「いきものばかり」で勉強も万全、せっかく行くので楽しんできたいと思います!

また様子はこちらでご報告します!

山下達郎さんのコンサートに行ってきました

なんと11月に入ってから一度もブログを更新していないことに気づき愕然...確かに11月は忙しかったのですが、これじゃいかん、Twitterでは呟けるのに、と反省です。

さて、10月23日、11月5日と、山下達郎さんのコンサートに2度行ってきました。もうどちらも凄い!としか言いようがないです。大人のコンサートなのに、すごく若いエネルギーがはじけていて、観た後に心からハッピーになれる、そんなコンサートです。

今年はレコードデビュー35周年だそうで、新旧の楽曲を取り混ぜてのツアーでした。セットリストはこんな感じです。もしかしたら抜けとか間違いがあるかもしれません。なんといってもクリスマス・イブ、Loveland, Island、Ride On Timeという三本柱が入っていたので、私はとてもとてもうれしかったのでした。

1.HAPPY HAPPY GREETING
2.SPAKLE
3.DAYDREAM
4.ドーナツ・ソング
5.僕らの夏の夢
6.WINDY LADY
7.砂の女
8.SOLID SLIDER
9.潮騒 (THE WHISPERING SEA)
10.MOST OF ALL
11.I ONLY HAVE EYES FOR YOU
12.クリスマス・イブ
13.希望という名の光
14.さよなら夏の日
15.今日はなんだか
16.LET’S DANCE BABY
17.アトムの子
18.LOVELAND, ISLAND

encore
19.街物語
20.RIDE ON TIME
21.いつか
22.ダウンタウン
23.YOUR EYES

また、今年はLet's Dance Babyを作詞した吉岡治さんが亡くなられたということで、この曲の中で展開されるメドレーは吉岡治特集。津軽海峡冬景色やおもちゃのチャチャチャなど演歌から童謡まで、巧みに達郎節に乗せて歌ってくれました。このあたりのセンスは抜群、唯一無二ですね。

演奏では、難波弘之さんのキーボードが、ご自身のスキャットを伴ってソロをとるなど、フューチャー度が高まりさすが、素晴らしかったです。メンバー紹介のときのピアノ演奏は変拍子のプログレ然としたカッコよさ。

そして、もう一点、印象的だったのが小笠原拓海さんのドラム。前回のツアーのときは、力いっぱい叩けるだけ叩く!というつもりで叩いてる感があって、それはそれで良かったのですが、今回はかなり肩の力が抜けていて、それなのに何一つ犠牲になっていない、ひとつ上の高みに達したかのようなドラム演奏でした。その成長ぶりにびっくり。

還暦まではライブをしてくれるそうですし、次回はライブハウスでも、とおっしゃっておられました。ものすごいチケット争奪戦になりそうですが、そんなことも楽しみに、また幸せになりに行けたら良いなと思います。

最後になりましたが、今年もいろいろなことで難波さんにお世話になりました。本当にありがとうございました。12月のSence of Wonder、楽しみにしております。

山下達郎さんのコンサート行ってきました!(ネタばれなし)

さすが!達郎さんはすごいです!バックのメンバーも皆凄いです!最高の演奏、最高の歌声でノックアウトされました。

MCでネタばれにはご配慮を、ということでしたので、コンサートの中身には言及できませんが、ほんと、エンタテインメントの王道です。おまけ込みの3時間20分、思い切り楽しませていただきました。

そして、難波弘之さん、ほんとに優しくて親切で...大好きです。12月11日のSence Of Wonderも楽しみ。情報はこちらに掲載されてます。よろしければぜひ参集しましょう!

向谷実さん、初リーダーライヴ!

昨日は目黒のBlues Alley Japanであった向谷実さんの初リーダーライブ「鉄道と音楽がいっぱい~出発進行」に行ってきました。
このお店は佐々木史郎くんのライブ以来2回目、先日はちょっとステージ脇っていう感じの席でしたが、今日は正面真ん中。まっすぐゆったり向谷さんや他のバンドメンバーのみなさんの演奏する姿を見ることができました。

演奏は一言で言って熱かったです!カシオペア時代の曲にソロの曲を織り交ぜながら、キーボードが勢いで動いてしまうくらいのノリノリ度。各人がソロを含め、とてもテクニシャンで聞かせ所、決め所を心得ておられるなぁ、とひたすら感嘆の2ステージでした。

バンド名はメロディーズ。向谷実さん(Key)、矢堀孝一さん(G)、鹿島“カッシー”達彦さん(B)、平川象士さん(Ds)、そして宮崎隆睦さん(Sax)の5人に加え、ゲストミュージシャンとして壷井彰久さん(e-Vl)。そうです、壷井さんといえば、わが藤野由佳さんのユニットオオフジツボのツボです。その壷井さんが向谷さんと同じステージに!

向谷さんとはかれこれ10年以上にわたりお付き合いをさせていただいているのですが、私の音楽歴に途中から加わった藤野由佳さんを通じて登場された壷井さんがこうしてつながってきていることに、何か運命的なものを感じます。

そしてこの日、中心である向谷さんはもちろんのことですが、カラーを前面に出して活躍されていたのが壷井さんだったという印象です。素晴らしい演奏でした。見た目はとてもクールですらっとして格好いい!全体は見えませんでしたが、ヴァイオリンを弾く壷井さんの足下には相当数のエフェクターが並んでいたのだそうです。特にワウワウペダルのようなものを踏みながら演奏される姿は印象的でした。

ライブのMCはさすが司会谷実の異名をとる向谷さん、会場は爆笑の渦、そして今はまっているTwitterに関する話題を織り交ぜ、時折PCの画面に表示されたTLを見ながら広瀬香美さんとはひと味違うTwitter Liveを展開されたのでした。

そして矢堀さんの超絶早弾き、カッシーさんの自在な6弦ベース、平川さんのタイトなドラム、宮崎さんのほとばしるサックス、見所満載でこの日のライブは終了。私はサイン色紙を持って歩いて1枚に全員のサインをいただき、この日の特別な思い出を閉じ込めて帰途に着いたのでした。

向谷さん、バンドのみなさん、本当にお疲れ様でした。素晴らしい演奏をありがとうございました。

また4月2日(金)にもゲストを壷井さんから鈴木睦美さんというヴァイオリニストにバトンタッチしてライブあります。要チェックです!私もまた行っているかも。

伊藤アキラ CMソング傑作選

以前、「AKIRA ITO CM WORKS ON ASSOCIATES YEARS」のCDをご紹介しましたが、このたびご本人選曲になる「伊藤アキラCMソング傑作選」が発売になります!この9月16日発売のCDをいち早く聴く機会に恵まれました。

こちらは、以前の「AKIRA ITO CM WORKS ON ASSOCIATES YEARS」に匹敵する、いやそれ以上に、さらに私の世代にとって懐かしいCMのオンパレードでした。もう誰も知らない人はいないと思われる「この木なんの木気になる木」から始まる50曲、崎陽軒の「シュウマイ旅情」、サントリービール「VIVA!誕生」、丸大ウィンナー「ラッパ一発」(これは傑作です)、カシオの「答え一発!」(伊藤先生は一発がお好き?)、ピコレットの「おトイレソング」などなど、聴いていると懐かしさとうれしさで、テレビの良き時代を思い出させる歌ばかりです。

CM音楽の詞というと、中に商品名や企業名が入ろうと入らなかろうと、ほんとうに短いフレーズの中に言葉を配すわけですが、それは的確に商品を説明するというより、その商品がいかに素晴らしいものであるか、あるといいと思うか、を消費者に印象づけるか、という視点で作られているように感じられます。だから、伊藤先生もおっしゃっておられましたが、夢があります。聴いていると幸せな気分になります。元気が出ます。

今、日本も景気回復が期待される中、暗い話題が多い気がしますが、こうしたCM音楽ひとつでも日本を元気づけることができるような気がします。今後の企業の広報部がこのことに気がつくことに期待しつつ、それまでの間はこの「伊藤アキラCMソング傑作選」を聴いて、明るい気持ちで明日を迎えてはいかがでしょうか。

伊藤アキラ CMソング傑作選伊藤アキラ CMソング傑作選
CMソング

SOLID 2009-09-16
売り上げランキング : 2877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

伊藤アキラ CM WORKS ON・アソシエイツ・イヤーズ伊藤アキラ CM WORKS ON・アソシエイツ・イヤーズ

SOLID RECORDS 2008-10-18
売り上げランキング : 44420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


松田聖子さんのユートピアがBlu-spec CDに

松田聖子さんの数あるアルバムの中で、私が最高傑作と疑わない「ユートピア」を含む、デビュー以来のSONY16作品が8月5日一挙Blu-spec Discで発売です。今回はおまけにDVDがついていますが、収録はどのアルバムも1曲のみ・・・ま、それがあるだけで再販商品からはずれて割引になるわけですから、消費者にとってはありがたい付録です。

オフィシャルのSONY MUSICのサイトでは、16枚まとめ買いでBOXプレゼントなんていうのもやっていますが、価格が47,680円!9月9日発売のThe Beatlesリマスターと比べざるを得ません・・・

私としてはいいのです。「ユートピア」さえあれば・・・

完全初回限定版だそうなので(そういいながら再発されるものも多いですが)、ファンの方はお急ぎください。

ユートピア(DVD付)ユートピア(DVD付)
松田聖子

SMR 2009-08-05
売り上げランキング : 156
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャケットが好きです。

Perfume 「⊿」

以前津田大介さんにPerfumeいいよ、と言われ、ちょっと年甲斐もなく、かもしれませんが、先日衛星放送で見たPerfumeの武道館ライブでなかなかいいじゃない!と感じたもので、最新作「⊿」を購入してみました。

トライアングル(通常盤)トライアングル(通常盤)
Perfume

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2009-07-08
売り上げランキング : 9
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

聴いてみると、不思議なことにしっくりきました。やはり長年シンセミュージックを聴いていることでこういうテクノサウンドに耳慣れしていることと、70年代後半にはやったディスコサウンドのリズムが懐かしいこと、無機的な女性ボーカルもいい感じで、イメージとしてですが、まさにPCやiPhoneで聴くにはうってつけの音楽の一つに仕上がっているように思いました。

そして、音自体が新鮮なので、同傾向のCDの70年代のリマスター盤を聴いているよりシンセのきらきら感やしゅわしゅわ感がリアルなのが、BOSEのスピーカーに妙にはまって、聴いているとなんだかPerfumeワールドに引き込まれる、といった感覚にとらわれます。

メンバーの一人一人の名前もわかりませんが、二番煎じを寄せ付けない、今の時代にはPerfumeあり、という主張と自信に満ちたこの1枚はしばらく耳から離れなさそうです。
HOMENEXT≫

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。