スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

夢はMartinのギター

私が一生のうちで何より欲しい、憧れのC.F.Martinのギター。
ここまでで勉強したり試奏したりした結果を、私自身も忘れないようまとめてみておきます。
これからMartinギターを選ぼう、という方の参考になればと思います。

なお、取り上げるのは、私が興味を持っているドレッド・ノートタイプ。

その中の現在のレギュラーモデルで、Martinを手にしたいと夢に見る人が一般に思うのは、D-45を筆頭にD-42D-41D-35D-28、D-18ではないでしょうか。
そして、レギュラーの中でも、戦前あたりのMartinを再現したと言われる、いわゆるヴィンテージタイプとして、HD-28VやD-28
Marquisというモデルもあります。
あとは、これらのバリエーションとして、Martin社にトップ板やピックガード等のスペックを指定してオーダーするカスタム・メイドが存在します。
だいたいこのあたりで選択することが多そうですね。ネットで検索してみても、大概この範囲が当たります。

はじめに申しあげますと、私の興味は基本的にD-28にあり、D-45は高嶺の花、D-18ならD-28という感じであったため、D-45とD-18は手に取ったことがありません。

さて、お店の人の説明を総合すると、まず近年のギターと近年作成のものも含め、サウンドの響きを決めている要素の一番手は、ブレイシングと呼ばれるものです。
表側の板、つまりトップ板の裏側に張られている力木のことで、トップ材(バック材にも貼られてます)の補強と音色のコントロールの両面を担っている大切なもの。それらが、Martinの場合、単にStandard ''X''なのか、 Standard ''X'' Scallopedなのか、Standard ''X'' Scallopedの位置を少し前にずらしたStandard ''X'' Scalloped, Forward Shiftedなのかに分かれています。古のモデルではStandard ''X''型に組んだ力木の上の部分をえぐるように削っていた(つまりScallopeしていた)わけですが、響きは美しかったものの、強度にやや難があり張力の強い太い弦が流行りだした頃から削るのをやめ、単にStandard ''X'と呼ばれる組み方に変わっていったそうです。

ですが、時代は変わり、改めてかつての響きを求める声により、Standard ''X'' Scallopedが復活。D-41D-45はこれにあたります。

さらに、当時を忠実に再現すると位置がちょっと違う、ということですこし前にずらしたのがStandard ''X'' Scalloped, Forward Shifted。D-42HD-28VとD-28 Marquisがこれにあたります。

これらを単純に響きの順で並べると、太くて力強いStandard ''X'' →Standard ''X'' Scalloped→Standard ''X'' Scalloped, Forward Shiftedきらびやかで明るいという印象になります。

もちろんサウンドはこれだけで決まるわけではありません。
トップやバック&サイドの材質によっても異なります。

現在のレギュラーモデルのトップ材のほとんどは、シトカ・スプルースという材質です。これらにはスタンダードからプレミアムまで、実際にカスタムオーダーしようとすると8段階もグレードがあるそうです。他にはより明るい響きを感じさせるイタリアン・アルパインや、シトカ・スプルースよりも良質で豊かな音をもたらすものとして、D-28 Marquisに使われるアディロンダック・スプルースなどなど。

またバック&サイド材はインディアン・ローズウッドが一般的で、先に挙げたレギュラーモデルはすべてこれです。かつてはブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)が使われていたところ、乱伐のせいで輸出禁止となり、それに代わる材料としてマダガスカル・ローズウッド等が使われていますが、なかなかそれを使ったモデルすら見つかりにくいです。今現在レギュラーモデルで作られているものも(少なくともDタイプでは)ありません。ですが、実際にマダガスカル・ローズウッド・ボディのギターを弾いてみると、クリアながらぐんと迫る低音など、鳴りの違いを感じました。

あとはネックの太さによっても音の感じは変わるようで、特にD-28 Marquisは一回り太いネックです。こちらは普通の感覚で弾くと、初めて弾いた時6弦を押さえたつもりが5弦を押さえていた、なんていうことも・・・これは私の技術の問題ですけどね。材質はマホガニーが多かったのですが、最近のレギュラー品はSelectedHardwoodに代わっているようです。

結局、世界中でアコースティック・ギター用の良質の木材がとれなくなってきている、ということなのだそうです。だから、トップ材にしても、きれいな木目の個体ですら少なくなってきている、とか、希少材を使っているギターはどんどん値段が上がっていく等、これから購入することを考えている人にとっては、早ければ早いほど良いものを安く手に入れられる環境にあるということがいえるのだそうです。ギターも地球環境とは無縁ではないですね。

さて、材質の次は装飾です。

ヘッドのロゴ、指板のポジションマーク、ブリッジの装飾、ボディのバインディング(縁取り)が選ぶときのメインでしょう。豪華なアヴァロン・パールがお好きならD-45、指板の大きなマークが特徴です。この指板に憧れるならD-41、そしてD-42の順に派手さが変化していきます。D-42はブリッジにも装飾を持つ唯一の機種です。このスノーフレークが実はたまらなく美しいです。個人的にはD-42が最も好きです。かつてDan
Fogelbergも愛用したという情報もあります(ただ、Martin社からでた彼のシグニチュア・モデルはD-41DFでしたけど)。

もともとD-41は、D-28にD-45の装飾を実現したものと言われており、逆にD-42はD-45の質で作られている、ということだそうで、音も確実にそれぞれのルーツを背負っているようです。D-28の音とD-42の音は大分違いますね。これは先ほどのブレイシングの差と、恐らく材質のグレードの差だと思いますが、D-28が地味ながら力強いとすれば、D-42は華やかで、キーンという感じの高音が特徴。鈴が鳴るようだと表現している方も多いです。これはお店で弾くとすぐわかりますので、実際にどちらが好みかを確かめてみることは大事ですね。Youtube等にも機種名を挙げて動画を載せている人がいますので、それらでさえわかる感じです。(なお、ギターは時間をかけて大事に弾きこんで熟成させていけば成長していく楽器なので、いわゆる本当のヴィンテージものは、D-28でもとても素晴らしい「鳴り」を聴かせてくれるものがたくさんあります。)

さて、ちょっと話がそれましたが、装飾に戻ると、D-35やD-28のフレット・ポジション・マークは懐かしい普通のドット、HD-28VやD-28
Marquisはダイヤモンズ・アンド・スクウェアーズ・インレイと呼ばれるマーク。こうなるとやはりドットがいいのが私です。

このほか、バインディングは、有名なヘリンボーンという魚の骨を図案化した模様が縁取るのがHD-28VやD-28 Marquis、アヴァロン・パールがD-45、D-42、D-41です。その他は普通の白い縁取りです。

そうそう、ヘッドのロゴを忘れてはいけませんね。夢は縦Martin。D-45、D-42、D-41の他、カスタムで頼めばD-28だって縦Martinになります。それと通常のロゴもオールド・デカール・ロゴという古いタイプと、現在のゴールドのもの等があります。これも拘りか好みでしょう。

まだまだ細かいスペックの違いはあるようですが、概ねこのような違いがそれぞれの機種にあって、あとはとにかく弾いてみるしかありません。
できれば同じお店でたくさん置いてあるところがいいですね。その点、Martin Guitarの日本総代理店であるクロサワ楽器の新大久保店1Fなどは駅からも近く品ぞろえ豊富でお勧めです。

ではでは。すごく長くなりましたが、今日のところはこの辺で。記述に間違いなどありましたらどうぞコメントにてご指摘ください。修正してまいります。

しかし欲しい~。今分割金利0%とかやってるんですよね~。
スポンサーサイト

Dan Fogelbergに捧げるピアノ・アルバム

Leader of the BandLeader of the Band
Jim Wilson

Green Hill 2010-03-23
売り上げランキング : 73031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Jim Wilsonという方は知りませんでした。Dan FogelbergOfficial Siteに掲載されていたこのアルバム、Danの曲をPianoを中心としたインストゥルメンタル・アンサンブルでトリビュート・アルバムをリリースした方です。

彼のOfficial Siteでは、1曲目の「Dancing Shoes」のMP3ファイルを聞くことができます。オリジナルの空気を生かしたなかなかリリカルな味わいのある演奏を聞かせてくれています。

以下のクレジットをご覧ください。なんとAmericaのGerry Beckley氏がアコースティック・ギター・ソロで参加してます!懐かしいですね~。彼も私の大好きなソングライター&ヴォーカリストです。しみじみと楽しめそうなアルバムです。

Credits:

DANCING SHOES

Synths/ String arrangement, accordion:Matt Rollings
Vocals:George Merrill
Drums:Charlie Morgan
Bass:Neil Stubenhaus
Guitars:Bruce Watson
Piano:Jim Wilson


HEART HOTELS
featuring Jonathan Dane

Synths/ String arrangement: Greg Hilfman
Trumpet:Jonathan Dane
Drums:Charlie Morgan
Bass:Neil Stubenhaus
Guitars:Bruce Watson
Strings:Bella Musica
Violin:Angela Scalise
Viola:Briana Bandy
Cello:Sharon Rizzo
Piano:Jim Wilson


LEADER OF THE BAND

Synths/ String arrangement: Greg Hilfman
Trumpet: Jonathan Dane
Irish Flute / Uilleann Pipes:Eric Rigler
Guitars:Bruce Watson
Strings:Bella Musica
Violin:Angela Scalise
Viola:Briana Bandy
Cello:Sharon Rizzo
Piano:Jim Wilson


SAME OLD LANG SYNE

Synths/ String arrangement:Brad Cole
Irish Flute / Uilleann Pipes:Eric Rigler
Drums:Charlie Morgan
Bass:Scott Nelson
Guitars:Bruce Watson
Strings:Bella Musica
Violin:Angela Scalise
Viola:Briana Bandy
Cello:Sharon Rizzo
Piano:Jim Wilson


SCARECROW’S DREAM

Synths/ String arrangement:C.J. Vanston
Guitars:Bruce Watson
Vocals:George Merrill
Piano:Jim Wilson


THERE’S A PLACE IN THE WORLD FOR A GAMBLER
-featuring George Merrill-

Synths/ String arrangement:Greg Hilfman
Irish Flute / Uilleann Pipes:Eric Rigler
Drums:Charlie Morgan
Bass:Nathan East
Acoustic Guitar solo:Gerry Beckley

Guitars:Bruce Watson
Strings:Bella Musica
Violin:Angela Scalise
Viola:Briana Bandy
Cello:Sharon Rizzo
Vocals:George Merrill
Piano:Jim Wilson


LONGER

Synths/ String arrangement:Brad Cole
Irish Flute:Eric Rigler
Trumpet:Jonathan Dane
Drums:Charlie Morgan
Bass:Scott Nelson
Guitars:Bruce Watson
Strings:Bella Musica
Violin:Angela Scalise
Viola:Briana Bandy
Cello:Sharon Rizzo
Piano:Jim Wilson


PART OF THE PLAN
"…all of the answers you seek can be found In the dreams that you dream on the way…"

Synths/ String arrangement:Brad Cole
Drums:Charlie Morgan
Bass:Neil Stubenhaus
Guitars:Bruce Watson
Piano:Jim Wilson


RUN FOR THE ROSES

Drums:Charlie Morgan
Bass: Scott Nelson
Guitars:Bruce Watson
Piano:Jim Wilson


ICARUS ASCENDING
-featuring Gerry Beckley-
"Let your faith be your strength and your love be your guiding star."

Synths/ String arrangement:Matt Rollings
Irish Flute / Uilleann Pipes:Eric Rigler
Drums:Charlie Morgan
Bass:Nathan East
Guitars:Bruce Watson
Piano:Jim Wilson



Carole KingとJames Taylorのジョイント・ライブが来年4月日本で!

JAMES TAYLOR AND CAROLE KING ANNOUNCE "TROUBADOUR REUNION" WORLD TOUR

これはなかなかすごい組み合わせですねぇ。このお二人でツアーをはじめ、その皮切りにオーストラリア、ニュージーランド、そしてわが日本へも来てくれるそうです。きっとアメリカの音楽の歴史を感じさせてくれるライブになるでしょう。

4月14日、16日、いずれも日本武道館だそうです。

ニュース・チェックです!

つ、つ、遂に発見したMary Macgregorさんの音源!「過ぎし日の想い出」

CDでは待っても待っても再発されず、あんなに探しても見あたらなかったMary Macgregorさんの音源が、なんと今日見たらiTunesにアップされておりました。しかもアルバム3枚分が1枚分価格で!もちろんあの超名曲「Torn Between Two Lovers」(過ぎし日の想い出)も。他にもDavid Gates氏のBread時代のカバー「Hold Tight」、Billy Joel氏の「Just The Way You Are」も。そして、ヒットしたCHARLINEよりずっとオリジナルな感じで好きだった「愛はかげろうのように」(「I'VE NEVER BEEN TO ME、「愛はかげろう」ではありません)だって収録されています。

全30曲1,500円

それにしても懐かしい「過ぎし日の想い出」、ちょっと物憂げなヴォーカル、リリカル&アコースティックな演奏、流れるようなメロディ。声も素敵。名曲中の名曲です。

これどうしましょう (マイルスを聴け!)

The Complete Columbia Album CollectionThe Complete Columbia Album Collection
Miles Davis

Sony Music 2009-11-23
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いやはや、Miles Davis氏のコロンビア時代のアルバム全て、CD70枚組+未発表映像収録DVD1枚の計71枚組・・・いくら私がボックス好きだからといって・・・でもこれで30,000円切ってしまうのは何故?

01.『In Paris Festival Int'l De Jazz May, 1949』(1949年録音)
02.『'Round About Midnight』(1955年~1956年録音)
03.『Circle In The Round』(1955年~1970年録音)(2枚組)
04.『Miles Ahead』(1957年録音)
05.『Milestones』(1958年録音)
06.『1958 Miles』(1958年録音)
07.『At Newport 1958』(1958年録音)
08.『Porgy And Bess』(1958年録音)
09.『Jazz At The Plaza』(1958年録音)
10.『Kind Of Blue』(1959年録音)
11.『Sketches Of Spain』(1959年~1960年録音)
12.『Directions』(1960年~1970年録音)(2枚組)
13.『Someday My Prince Will Come』(1961年録音)
14.『In Person Friday Night At The Blackhawk』(1961年録音)(2枚組)
15.『In Person Saturday Night At The Blackhawk』(1961年録音)(2枚組)
16.『At Carnegie Hall』(1961年録音)(2枚組)
17.『Quiet Nights + 「Blue Xmas (To Whom It May Concern)」「Devil May Care」』(1962年録音)
18.『Seven Steps To Heaven』(1963年録音)
19.『In Europe』(1963年録音)
20.『My Funny Valentine』(1964年録音)
21.『Four & More』(1964年録音)
22.『Miles In Tokyo』(1964年録音)
23.『Miles In Berlin』(1964年録音)
24.『E.S.P.』(1965年録音)
25.『At Plugged Nickel Vol.1 and Vol.2』(1965年録音)(2枚組)
26.『Miles Smiles』(1966年録音)
27.『Sorcerer』(1967年録音)
28.『Nefertiti』(1967年録音)
29.『Water Babies』(1967年~1968年録音)
30.『Miles In The Sky』(1968年録音)
31.『Filles De Kilimanjaro』(1968年録音)
32.『In A Silent Way』(1969年録音)
33.『Bitches Brew』(1969年録音)(2枚組)
34.『Big Fun』(1969年~1972年録音)(2枚組)
35.『A Tribute To Jack Johnson』(1970年録音)
36.『Live At The Fillmore East (March 7, 1970)』(1970年録音)(2枚組)
37.『Black Beauty: Miles Davis At Fillmore West』(1970年録音)(2枚組)
38.『At Fillmore』(1970年録音)(2枚組)
39.『Isle Of Wight』(1970年録音)[コンプリート盤初音源化]
40.『Live/Evil』(1970年録音)(2枚組)
41.『On The Corner』(1972年録音)
42.『In Concert』(1972年録音)(2枚組)
43.『Dark Magus』(1974年録音)(2枚組)
44.『Get Up With It』(1972年~1974年録音)(2枚組)
45.『Agharta』(1975年録音)(2枚組)
46.『Pangaea』(1975年録音)(2枚組)
47.『The Man With The Horn』(1980年~1981年録音)
48.『We Want Miles + 3 bonus tracks』(1981年録音)(2枚組)
49.『Star People』(1982年~1983年録音)
50.『Decoy』(1983年録音)
51.『You're Under Arrest』(1984年~1985年録音)
52.『Aura』(1985年録音)
DVD.Miles Davis Quintet(Wayne Shorter, Herbie Hancock, Ron Carter, Tony Williams)『Live In Europe'67』未発表映像

元気だ!Stephen!~LIVE AT SHEPHERD'S BUSH

Live at Shepherd's BushLive at Shepherd's Bush
Stephen Stills

Rhino 2009-10-27
売り上げランキング : 835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元気です。Stephen Stills氏。今度のCDは1枚にアコースティック・セットとエレクトリック・セットをぎゅっと缶詰したライブの力作。流石に声は枯れた魅力、といったところですし、アコースティック・セットはやや控えめのギタープレイ。渋いいぶし銀のヴォーカルを聴かせる感じの仕上がりです。

それでもアコースティック・セットのラストを飾る名曲「Suite:Judy Blue Eyes」の一人バージョンは素晴らしい!途中のギターソロではスーパーな片鱗も一瞬ながら見せてくれます。これはSonarに取り込んでぜひ自分で歌うGrahamのパートをかぶせてみなければ・・・Stephenと自分のライブ・コラボレーションができそうです。しかもその組み合わせはまさしくS&N。偶然ですが。

逆にエレクトリック・セットはなかなかの力演。ストラトをばりばりに弾く姿がかっこいい。曲はBuffalo Springfieldの「Rock & Roll Woman」だったり「Bluebird」だったり。もちろん「For What It's Worth」も。

実はこのアルバム、収録曲の同じCDとDVDがセットになっていますので、やはりまずはDVDですよ。画面にStephenの大きな体が写っています。因みにDrumsは盟友Joe Vitale、BassにKenny Passarelli、そしてキーボードTodd Caldwellのカルテット編成。やっぱりこうして見ているとエレクトリック・セットがアコースティック・セットに勝ってます。元気だ!Stephen!

Dan Fogelbergの新作「Love In TIme」到着!

2007年12月16日、惜しくも無くなったDan Fogelberg氏が公の音楽活動を離れ、治療に専念していた晩年録音していた新曲11曲が収録された「Love In Time」が遂に発売され、手元に届きました。2006年4月に完成した後、奥さんのJeanに、彼の死後発表するよう託したという、まさに遺言のような作品。彼らしい清らかさに充ち満ちた好作品に仕上がっています。

1曲目のアルバムタイトル曲を聴くと、あの全盛期、「The Innocent Age」や「Windows And Walls」の頃の彼を彷彿とさせて、いきなり泣けます。アルバム全体を通してギター、ベース、キーボード、ドラムスすべて自分自身で録音するという、相変わらずのマルチタレントぶり。もちろんヴォーカル、コーラスも彼一人。つまり、彼一色に染まりきっているアルバムです。

しかもブックレットが、ほぼ1ページに1枚のDanの写真。少し若い頃から晩年まで、一枚一枚の誠実そうな眼差しが、心の中まで見透かしそうな勢いで迫ってきます。

「So Many Changes」は、素敵なコーラスがThe Bee Geesを思わせます。苦悩が詰まったような重いサウンドに乗せて歌う「Come The The Harbor」に続いて「A Growing Time」は、さしずめDan版Blackbird。フォーク調のさわやかな曲で、私としてはこのアルバム1番の名曲かと。覚えやすいメロディ、ほんとに優しい日差しをこの部屋にまで差し込ませてくれるような、疲れや悲しみを癒してくれるような、素敵な曲です。きっと残していく奥さんを思っての歌なのでしょうね・・・(涙)。

「The Colors of Eve」は、現代版「Run For The Roses」+「Believe In Me」、Danのソロ・アコースティック・ギターが冴えるBlues調のイントロからフォーク風のヴォーカルパートへとつながる「The Nature of The Game」まで、やや暗めな曲調が続きますが、当初iTunesで先行配信されていた「Sometimes a Song」で再び太陽が顔を覗かせます。AOR調のかろやかなメロディをアコースティック・ギター弾き語りでDanが歌いかけます。

そして「Day To Come」で軽快なリズム、1曲目とはまた違う曲調で、若き頃の彼らしい、Poco風というか、「Part of the Plan」のような曲ですが、少しヴォーカルが弱々しく感じられるのが辛いですね。単に気のせいかもしれませんが。そして最後、Neil Young氏の「Birds」ピアノ弾き語りでアルバムの幕を閉じます。

単なる遺作の寄せ集めではなく、アルバムとして作られた統一感のある、彼の最近の作品では出色の出来であると感じました。まだまだたくさんの曲を生み出してくれたはずのDan・・・本当に残念なことです。しばらくはこのアルバムを聴きながら、最後の余韻に浸ることにします。

Love in TimeLove in Time
Dan Fogelberg

Full Moon Records 2009-09-22
売り上げランキング : 747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Dan Fogelberg 「Love In Time」予約できます

Love in TimeLove in Time
Dan Fogelberg

Full Moon Records 2009-09-22
売り上げランキング : 2437

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なぜかBest Album扱いになっていて1300円台と異常に安いです。今すぐ予約です!

Love In Time ~ Dan Fogleberg

もしご存命であれば、明日58回目の誕生日を迎えるはずだったDan Fogelberg氏。その日を祝って発売が予定されていたアルバム「Love In Time」。収録曲が明らかになりました。中には6分を超える曲もあって、これを見る限りなかなか充実した印象です。

ユニバーサルがプロモーションをかけ、流通経路を提供することにぎりぎりになって決まったことから、CDの発売は若干遅れるとのことですが、amazon.comやiTunesでは明日から少なくとも試聴はできるようになるのではないでしょうか。しばらくそれで我慢します。

1. Love In Time 4:56
2. Soft Voice 4:01
3. So Many Changes 2:52
4. Come To The Harbor 3:48
5. A Growing Time 3:38
6. The Colors Of Eve 3:57
7. Diamonds To Dust 3:48
8. Nature Of The Game 6:06
9. Sometimes A Song 3:38
10. Days To Come 4:08
11. Birds 3:18

知りませんでした・・・Paul Davis

曲を多くは知りませんが、彼の「Cool Night」と「I Go Crazy」は、私にとっての永遠のスタンダードでした。ちなみにアルバム「Cool Night」のジャケットは、日本オリジナルだったはずですが、The Eaglesの「Hotel California」も思い出させるすばらしいジャケットでした。その彼が2008年4月22日、地元の病院で心臓麻痺で亡くなっていたとは・・・哀しいことです。今日の今日まで知りませんでした・・・

あの優しい歌声にはもう二度と接することはできないのですね・・・

あまりにも遅い哀悼の意ですが、謹んでご冥福をお祈りいたします。

クール・ナイト(紙ジャケット仕様)クール・ナイト(紙ジャケット仕様)
ポール・デイヴィス

BMG JAPAN 2009-02-04
売り上げランキング : 110428
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


HOMENEXT≫

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。