スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

さよなら、Woolly Wolstenholme...

つい先ごろまでJohn Lees' Barclay James Harvestの一員として、もちろんオリジナルBarclay James Harvestのメンバーとしてつい先ごろ、11月10日のファンクラブ・メールで今後のツアーに彼が参加できなくなった、というニュースが知らされたばかり。その中には、こんなに急にこんな知らせがくるなどとは全く思わせるものはなかったのです。

なのに...

自分が1977年、ビートルズ以外のロックに目覚めて間もないころ見つけたGone To Earthのアルバム。ジャケット表面の美しさは有名ですが、実は裏面の緑深い森の中に浮かび上がる4人の姿が、一番自分を捉えて離さなかったのです。まさにジャケ買い。一度も音を聴いたことがなかったのに。家でレコードに針を落とし、あの名曲Hymnのイントロが流れてきたときから今日まで33年、変わることなく愛し続けてきたBarclay James Harvest。そのサウンドの要と言ってもいい大事なキーボードを担ってきた彼。

彼の弾くキーボードはときに壮麗で、ときに美しく繊細、まるで宝物のように音の中で光を発していました。彼がメロトロンを多用していたことは、プログレファンの間では良く知られていたこと。自分もメロトロンの音が聴きたくなると、Moody BluesでもKing Crimsonでもなく、彼らの音楽を一番に聴いたものです。

その彼がとうとう亡くなってしまいました。何かで精神的に追い詰められていたのか、自らの命を断ってしまったのです。本当に悲しいことです。心からご冥福をお祈りします。

残されたメンバーは遂にJohn LeesとLes Horloydの2人だけになってしまいました。彼らの音楽を生で聴く機会がいつか来ないかと、いつも楽しみにしていて、今年のGW頃には来日の可能性もほんのちょっぴり伝わってきて狂喜したのもつい昨日のことのようです。

今晩は、彼の奏でる優しいメロディに身を任せ、彼らとの出会いから今までを思い起こしながら過ごそうと思います。そうそう、John Lees' Barclay James Harvestのビデオだってあります。彼の元気な姿はそこに永遠に映しとめられているのです。きっと今頃は天国でMelとの再会を喜び合っていることでしょう。本当に今まで素晴らしい音楽をありがとうございました。

合掌


ファンクラブメールより

It is with great sadness that John Lees’ Barclay James Harvest announces the passing of Woolly Wolstenholme. In recent weeks Woolly’s mental health had taken a turn for the worse and sadly he took his own life on Monday 13th December 2010. As you can imagine, John, Craig, Jez and Kevin and everyone associated with the band are stunned that a shining light of Barclay James Harvest is no longer with us. In this difficult time our thoughts are with Woolly’s partner, Sue. We would ask all of Woolly’s fans to remember his incredible contribution to popular music and his unique presence on stage.

Yours in profound sorrow,

Keith and Monika
コメント
投稿報告
Worzel様

貴職の想いあふれる本記事を、BJH websiteに紹介させて頂きました。

quote

Although written in Japanese, I will show you one(and the best) obituary in his blog.

Presumably the author, Mr. Hideki Nogata, is one of the best BJH fans in Japan with long history and well known to by K&M. So the contents are very moved for me to share our sympathy even locally:

http://worzel.blog22.fc2.com/blog-category-35.html

masa

unquote
BJH 大好きおじさん URL 2010年12月18日 11:12:21 編集
悲しい夜
私が彼らのwebsiteに記帳したメッセージです。

quote

Woolly, I cannot believe that we missed you even now. Your songs truly occupied big part of my life then and now. In BJH & JLBJH, you always represented as gentle, humorous, sincere, religious and sentimental parts with inspired Mellotron, Guitar and other instrumental sounds. It has been a miracle for me that I have looked at, listened to you at Cambridge Rock Festival with lots of songs, where you honored for my attendance from Tokyo by shouting with joking. That was my eternal treasure. My thoughts are always with you, your Partner Sue, all of your family, your musical partner John, Craig, Kev, Jez, Keith & Monika, Maestoso members, Mark and all the fans and friends of BJH.

R.I.P.
Sayonara.

Masakazu & my family

15 December 2010 - Tokyo, Japan

unquote

日本のファンの皆様、よろしくお願いします。

http://www.bjhforum.co.uk/woolly/guestbook.cgi
BJH 大好きおじさん URL 2010年12月15日 22:10:28 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。