スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

昨日は伊豆田洋之さんのライブへ!

晴れたら空に豆まいて、今回が3回目です。「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うVol.7 ~THE 忘年会~」へ行ってきました。

出演:伊豆田洋之さん
ゲスト:杉真理さん 松尾清憲さん 鈴木雄大さん
プロデュース&司会:サエキけんぞうさん

という豪華布陣。

リハが長引いたということで、やや遅れての入場でしたが、始まったのはほぼ定刻。お客さんも満席の盛況です。

ステージの幕が上がると、そこには松尾さんとサエキさんがベッドイン状態...観客が唖然とする中、Give Piece A Chanceの合唱からスタート。

お二人はすぐに退場され、入れ替わりに伊豆田さんが入ってこられました。初めてみる伊豆田さん、外見はPaul McCartneyというよりもLaurence Juber(Wingsのギタリストだった方)の雰囲気なのですが、一曲目、ピアノ弾き語りでYou Never Give Me Your Moneyを歌いだされると、もう世界はPaul。単語の発音や節回しなど、とても良く似ていて、コピーでも何の違和感もなく楽しく聴けました。

前半の伊豆田さんソロステージのセットリストは、こんな感じです。もう名曲のオンパレード!

You Never Give Me Your Money
Once Upon A Long Ago
Pipes of Piece
Let It Be
Get Back
Tag of War
I'm carrying
Another Day
Whisper Today
Nineteen Hundred and Eighty Five

そして、サエキさん、松尾さん、杉さんが登場してのトークショー。話題はJohnのDouble Fantasy 'Stripped Down'と'Band On The Run'の24bit高音質オーディオファイルの配信について。それぞれ聴き比べをさせていただきましたが、私はBand On THe Runのリミッターなしバージョンの生々しさが新鮮で好きでした。

そして後半戦に突入。再び伊豆田さんが現れ、

Maybe I'm Amazed
Listen To What The Man Said
Treat Her Gently/To lonely old people

までをソロで。そしてBOXの杉さんと松尾さんが登場、

夢見るメアリー
Train To The Heaven

の2曲を元気よく披露してくださいました。

さらにここでやっと鈴木雄大さんが加わり、怒涛の名曲集。ファンがPaulのライブでやってほしい曲の連続という感じです。あ、もちろんHappy Xmasはジョンの曲ですが。(途中で杉さんがNack 5収録あり、ということで抜けられました。)

Bluebird
Hello Goodbye
Strawberry Fields Forever
Wonderful Chiristmas Time
Band On The Run

そしてサエキさんを交えたメンバー全員で、

Happy Xmas
ダンスが終わる前に
Silly Love Songs

なかなか生では聴けない音楽の数々、楽しく堪能させていただきました!

終了後、サエキさんがお店に出てこられた際、途中のトークショーでも取り出しておられたジョン・レノンモデルのサングラス、貸していただきました。

それをかけている私がこれ。意外にいけますでしょ!?

そしてサエキさんとツーショット!相当暗かったので画質が落ちてますが、ジョンの「心の壁、愛の橋」のジャケットさながらのサエキさんです。

その後、出演されたみなさんにご挨拶させていただき、とてもとても満ち足りた思いで会場を後にしたのでした。やっぱりBeatles最高です!

メンバーのみなさま、お疲れ様でした!そしてサエキさん、いろいろとありがとうございました!またよろしくお願いいたします!


コメント
No title
>外見はPaul McCartneyというよりもLaurence Juber

わはははは!上手い!!
Traveller URL 2010年11月28日 00:08:01 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。